デリー空港の税関手前の椅子で明るくなるのを待つ

【世界旅行者に「みどりのくつしたさん♪」と声をかけたためにお金(命)が救われた日本人旅行者T君と(2007)】
インド旅行をする日本人旅行者のほとんどは、デリー空港に深夜到着するらしい。
そこで起きるのが「デリー空港深夜到着問題」だ。

デリー空港に夜に到着して、ニューデリー駅前のパハールガンジ(メインバザール)の安宿へ泊まるまでに、トラブルに遭っているらしい。
数多くの日本人旅行者が、空港で(本来ならば信用できるはずの)プリペイドタクシーに乗ると、ボッタクリ旅行社に連れて行かれて、馬鹿高いツアーに申し込まされるのだとか。

これは以前から、日本のガイドブック「地球の歩き方」でも紹介されていた。
そこで、「地球の歩き方」も最新版では、「デリーのホテルに出迎えと一泊を頼んでおいたほうがいい」とアドバイスしている。

しかし出迎えを頼んでも、到着ロビーに同じ旅行者の名前のプレートを持った出迎えが何人もいたりするそうだ。
僕が思うに、これは、出迎えを頼まれた人間が、その情報をボッタクリ旅行社に教えているんじゃないかな(笑)。

デリー空港でプリペイドタクシーに乗ったら、ボッタクリ旅行社に連れて行かれる可能性が高い。
その上、ホテルに出迎えを頼んでも、その業者から名前が漏れて、ニセ出迎えによってボッタクリ旅行社に連れて行かれる可能性もある。

ということはだね、デリー空港で夜に車に乗ってはダメだ!ってことだよ。
それならば、空港からエアポートバスという料金も安い、運行ルートが決まっている交通機関に乗ればいい。

しかし、デリーのボッタクリ軍団は、当然そんなことはわかっている。
エアポートバスに乗っても、旅行者がそのエアポートバスを降りたとたん、ボッタクリ旅行社に連れて行くボッタクリリキシャーが取り囲んで、無理矢理ボッタクリ旅行社に連れて行くという情報があるんだ。

実は僕は、今回の旅行に出る前に、「デリー空港深夜到着問題」については考えていた。
一番いいのは、デリーに深夜到着しなければいいわけだ。
僕が最初にインドへ行ったときは、ネパールから陸路で入ったので、無関係だった。
僕が2005年にインド旅行をしたとき、わざわざバンコク経由にしてチェンナイ(マドラス)へ早朝飛んだ理由、それはこの「デリー空港深夜到着問題」を避けるためだったんだ。

ただ、世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)としては、この問題から逃げるわけには行かない。
一度は正面からぶつかってみたい。

それでわざわざデリー空港に深夜到着する航空便を選んだわけだ。
僕の体験では、世界のあちこちで、朝を待って移動したことが何度もある。

だいたい犯罪者は夜更かしなもので、朝早くから犯罪をする人はいない(と思った僕が甘かったけど…)。
だから、とにかくインドの最初を失敗なく過ごすためには、空港で粘って、明るくなるのを待てばいいだけだ。

しかも僕が乗ったキャセイパシフィックのデリー到着時間は、午前2時5分。
しかしだよ、インドと日本の時差は3時間半ある。
デリーの午前2時は、日本ではすでに午前5時半で、早起きの人ならば起きだす時間だよ。
これならば、体力的にも朝を待つのは簡単だ。

問題があるとすれば、デリー空港で朝まで粘れる場所があるかどうかってこと。
でもそんなことは、考える(心配する)以前に、行けばわかることだよ。

CX753は、到着予定の午前2時5分より早い午前1時半に、デリー空港に到着。
入国審査はとても簡単。

入国審査の列で日本人旅行者をちらほら見かける。
日本人の女の子に話しかけると、「私はインド人の友達が迎えに来てるから」というそっけない返事。

僕が二十年以上前にインドへ来たころは、バングラデシュ航空に乗り合わせた日本人旅行者は互いに声を掛け合って、助け合ったものだ。
でも今は、自分だけがよければいいというインド人に染まった日本人もいるようだね(涙)。

入国審査を通ると、自分の荷物がベルトに載って回っている。
それを取り上げると、もちろん税関の審査がある。

税関の審査を通り抜けてしまうと、その先はインド国内だ。
つまり、日本人旅行者を狙うインド人のボッタクリや詐欺師が固まっている。

ということはだね、税関を通らなければいいだけなんだよ(笑)。
見ると税関手前には、ちゃんと椅子があって座れるようになっているじゃないか。

【インド入国後税関手前の安全快適なシート】
T君と他の日本人に声をかけて、ここで朝を待つことにした。
それを見て、僕たちと同じように、朝を待つことにした日本人旅行者も2人ほどいたよ。

このスペースには、一応インドの観光局の案内所もあって、他の飛行機で着いた欧米人がなにやら相談していた。
また、トイレもあり、コーヒースタンドもあり、デューティフリーショップもあり、両替所もある。

日本人旅行者と互いの旅の話を交換して、冗談を言っていれば、時間はあっという間に過ぎる。
適当なところで、トラベラーズチェックを両替した。
空港のトーマスクックで、200ドルを両替。
7910ルピーを手にする。
レートは、トラベラーズチェックも現金も同じレートで「1ドルが39.55ルピー」。
これは、トラベラーズチェックも現金も、ノーコミッション(両替手数料無し)だという。
2007年8月ごろは、1ドルが120円程度だった。
だから、1ルピーは3円と考えればいい。
トイレに行って、コーヒーを飲む。
そろそろ夜が明けるころだ。

というわけで、みどくつ軍団は朝の5時ごろに、エアポートバスに乗るために、税関の安全なスペースを離れることにしました。
しかし、そんなに単純に、簡単にいくほど、デリーは易しいところではなかったんだよ。

【旅行哲学】デリー深夜到着問題の解決は、早朝まで粘ること。