タージマハルホテルで@ボンベイ(ムンバイ)/インド

【インド門からタージマハルホテルを見る】

【世界旅行者みどりのくつした(みどくつ/みど先生)@タージマハルホテル/ボンベイ(ムンバイ)】
僕がインドへ旅をした、30年以上前の1980年代前半。
ネパールから陸路でバーナラシーへ入って、そこからカジュラホ、アグラ、デリー、ジャイプール、ウダイプール、アーメダバードと移動して、ボンベイ(ムンバイ)へ入った。

その時、インド門(Gateway to India)近くの安ホテルに泊まって、話のネタにと、タージマハルホテルのコーヒーショップへ行ったことがある。
近くに座っていたインド婦人の英語が完全なイギリス風で、「これは英国で生まれ育ったか、英国へ長期留学していたのだろうなー」と、感動したものだった。

2007年の今回も、ムンバイの名所、つまりエレファンタ島へ往復したあと、軽くタージマハルホテルの旧館へと歩を進めた。
タージマハルホテルの入り口の立派なインド人に、一瞬ホテルへ入るのを阻止されるかと思う。

【海から見たタージマハルホテルとインド門】
でも、人を単純に身なりで判断しないのが、一流ホテルの一流たる所以(ゆえん)だ。
天井の高いロビーに入ると目の前にふわふわのソファが空いていたので、さっそく写真を撮ってもらった。

ちょっと手ぶれしていますが、それは愛嬌。

【写真】世界旅行者みどりのくつした(みどくつ/みど先生)@タージマハルホテル/ボンベイ(ムンバイ)
【旅行哲学】一流のホテルも一流の人間も、小さな偏見に囚われることはない。
『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx