トイレのない豪華夜行寝台バスで9時間@アウランガバード〜ムンバイ/インド

【アウランガバードからの夜行寝台バスがムンバイの高速道路下に到着した】
アウランガバードの「MTDCホリディリゾート」の受付の横に、旅行代理店が入っていた。
僕としては、アウランガバードから鉄道でムンバイへ入りたい。

しかし、アウランガバードの鉄道駅へ行って、自分で切符を頼む時間も、気力もない。
旅行代理店に聞くと、列車はすべて満席だとの話(それが本当かウソかわからないが…)。

「Lonely Planet」でも「アウランガバードからムンバイの列車はほとんど席が取れない」とあった。
面倒なので、鉄道での移動は諦める。

もちろん何日かあとならば、列車の切符は取れるかもしれない。
ところが、僕はムンバイから帰国便があるので、何日もアウランガバードで待てない。

旅行代理店が夜行寝台バスを勧めるので、すぐにそれに決めてしまう。
寝台バスは結構高いよ(涙)。

これはもちろん公営バスではなくて、私営バスだ。
インドの私営バスの問題点、それは、出発場所が適当なバス会社の前。

到着になると、目的地近くで乗客の希望通りに降ろしていくので、目的の町に着いてからがだらだらと長いんだよ(涙)。
切符を買ったはいいが、まずアウランガバードでのバスの出発地への行き方がわからない(笑)。

旅行代理店にバスが出発する旅行代理店の場所を、紙に書いてもらう。
ところが、ホテルの前で待つオートリキシャーにその紙を見せても、理解していないのがわかる。

結局、旅行代理店の人にタクシーを見つけてもらって、運転手に説明してもらって、バスの出発地まで行きました。
僕はインド人を信じてないので、もちろん、バスの出る旅行会社に行って、切符を見せて、間違いないと確認するまでタクシー料金は払わなかったけどね。

普通の道路を使ってバスを運行させている。
次々とバスがやってきては出発していく。

このままでは、いずれ問題がおきる。
中南米のように、私営バスもまとめたもっとちゃんとしたバスターミナルを作るべきだね。

インドの鉄道にも問題が多いが、私営バス会社も改善の余地がある。
バスは午後9時予定だったが、9時20分に出発。

このバスは、同じ寝台バスでも、ジョードプルからアーメダバードへ移動した時に乗ったバスとは違っていた。
ジョードプルからアーメダバードへのバスは、2段になった座席の下段は、普通の座席だ(ちょっと背もたれが激しくリクライニングしているが)。

ジョードプルで乗ったバス上段だけがベッド(というか、平らになってて寝れる)だった。
アウランガバードからムンバイの寝台バスは、上段下段ともにベッドになってたんだ。

やはり問題だったのが、トイレは付いてなかったこと(涙)。
トルコのように、道路に間隔をあけて、設備の整ったサービスエリアがあるというわけでもない。

だからインドの長距離バスに乗るときは、トイレが最大の問題になる。
乗っていると、深夜、どこかわからない町の道端で、バスが停まる。

乗客のざわめき雰囲気で、なんとなく停車時間が長いとわかる。
僕は、すぐに外へ出たが、ただの道端だ。

トイレなんか見当たらない。
でも、インド人の皆様は、堂々と道端で立小便だ。

もちろん僕も、じょんじょろりん、じょんじょろりん、ぷるぷるっと、トイレを済ませる。
そして、また寝台バスに戻る。

ただトイレ休息は、これ1回だけだった(涙)。
明け方になると、ムンバイに近づいたようで、次々と乗客を降ろしていく。

夜がだんだん明けていくのが、空の明るさでわかる。
バスには乗客はほとんどいなくなった。

そして、バスが停車する。
僕はバスのスタッフに「ラストストップ?」と聞く。

どうやらラストストップみたいだ。
バスはムンバイの高速道路の下に停車した。
午前6時20分、ムンバイの終点に到着。
ただ、どこに着いたのかさっぱりわからない(笑)。

とにかくアウランガバードからムンバイまで、9時間かかったわけだ。
僕はバスを降りて、バックパックを背負う。
朝6時半だと、僕はトイレに行く時間だ。
しかし、バスターミナルに着いたわけでもないので、トイレは存在しない。
小ならば、まだ朝早いので道端でしてもいい。
昔の日本人は、どこでも立小便をするというのが特徴だったしね。
しかし、道端でウンコは普通はしないよね。
どうしようか…。
でもとにかく、乗ってきたバスの写真を撮る。
これは、ジョードプルからアーメダバードの寝台バスの写真を撮ってなかったのを、残念に思ってたからだ。

ムンバイのチャーチゲート駅へ移動しよう!
というのは、とにかくトイレに行きたかったからね。

チャーチゲート駅にはもちろんトイレがあるだろう。
また、チャーチゲート駅の周囲にもホテルはあるのを、ガイドブックで確認している。

チャーチゲートから、インド門のあるツーリストゾーン、コルバ地区(Colava)へ行ってもいいしね。
そこで、世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は、どこに着いたのかわからないが、とにかくタクシーを捕まえて、「チャーチゲート駅へ!」と言いました。

でもこのとき、便意はもう限界近くになってました(汗)。
そして、チャーチゲート駅でトイレに飛び込むと、そこにはインド人の長い列が…(涙)。

【旅行哲学】私営バスは勝手なところから出て、勝手なところへ着くのがウザッタイ。
『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx