サダルマーケットの時計塔@ジョードプル/インド

【サダルマーケットの入り口から時計台を見る】
メヘラーンガル砦の内部を見て、砦から町を見おろして、いい加減飽きた。
とっととホテルに戻って身体を休めたいものだ。

「Lonely Planet」の地図を見ると、砦からホテルまで戻る途中に、なにやら怪しげなサダルマーケット(Sadar Market)というものがある。
砦から街を見たときに、広場とその中心に立つ時計台を確認した。

とすれば、時計台のある広場(サダルマーケット)へ寄って行きたいね。
砦を出て、オートリキシャーの駐車場へ歩く。

すると、僕が予想していた通り、朝ホテルから乗ってきたリキシャーマンが待ってたよ。
僕に声をかけてきて、「ウメイド・バワン・パレス(Umaid Bhawan Palace)へ行くか?」と聞いてくる。

実は、ジョードプルの観光というのは、「ウメイド・バワン・パレス(Umaid Bhawan Palace)、メヘラーンガル砦(Meherangarh Fort)、ジャスワント・タダ(Jaswant Thada)、マンドール(Mandore)」というのがワンセットになってるらしいんだ。

メヘラーンガル砦からはジャスワント・タダはすぐ近く。
また砦からは、遠くにウメイド・バワン・パレスがきれいに見える。

オートリキシャーは僕を市内観光のツアーに連れて行こうと考えているんだ。
ただ、僕はもうメヘラーンガル砦で十分。

【サダルマーケットの時計台】
サダルマーケットの時計台への料金を交渉していたら、オートリキシャーの元締めみたいなおじさんが声をかけくる。
そして、朝のリキシャーマンと言い争いを始めた。

きっと、この駐車場にはここなりのルールがあるのだろう。
僕はこのリキシャーマンにこだわっていない。

下手にリキシャーマンと親しくなっても面倒。
だから、元締めの紹介で、別のリキシャーマンと話をする。

時計台までの料金を交渉すると、35ルピーで決定。
乗り込むと、運転手は小さな子供を連れている。

僕の横に子供がおとなしく座っている。
山道を下り、でこぼこ道、くねくね道をサダルマーケットへ。

料金は35ルピーなのに小銭がないので、40ルピー出してお釣りの5ルピーをもらうことになる。
しかし絶対に、「お釣りがないというだろうなー」と前もって考えている。

5ルピーであれこれいっても疲れるだけだ。
そこで、40ルピー渡して、「5ルピーは、子供に!」と気持ちよく別れたよ。

【サダルマーケットからメヘラーンガル砦を望む】
サダルマーケットは予想したとおり、人がいっぱいだった。
マーケットを歩いているうちに方向感覚が狂ったので、警察官に道を聞く。

ナイ・サラク(Nai Sarak)という通りを歩こうと思っていたが、人が多くて暑いので諦める。
「人が多くて暑いので歩いて帰るのを諦める」という意味はだね、体調が悪いってこと。

インドで体調が悪いという場合、その90パーセントは下痢だね(笑)。
とっととオートリキシャーに乗って(20ルピー)ホテルへ戻りました。

そして、部屋のトイレに飛び込みました。
でもさ、今晩夜行寝台バスに乗るってのに、こんなおなかの調子で大丈夫なのかな?

とにかく、一眠りしましょう。
体調が悪い時は、寝れば何とかなるものだ。

【旅行哲学】インドで体調が悪くなる(下痢気味になる)と、どこへも行けない。
『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx