みど先生は言った「旅人にはベッドと食事の他に、ビールが必要だ」と

【世界旅行者に渡されたクーポン券(朝食と夕食)/エアポートエクスプレスの切符/部屋のカードキー】
香港へのキャセイパシフィック航空機が遅れて、乗り継ぎ便に間に合わない。
そこで、キャセイパシフィックは乗客に、「ホテルの部屋」「翌日の航空便(のボーディングパス)」「ホテルでの食事のクーポン券(朝食と夕食)」「日本への電話代」を負担すると言った。

ほとんどの人はこれですんなり納得したようだね。
まあ旅慣れていて、金も余裕もある人たちは、航空会社からある程度の誠意を見せてもらえさえすればいい。

それに、飛行機の遅延というものはよくある話だ。
また、これ以上の補償を求めるとしても、損害の証明が面倒だからね。

しかし、世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は違う。
何しろ彼にとって、飛行機が遅れて翌日に回されるというのは、初めての体験なんだから(笑)。

世界旅行者はキャセイパシフィックの責任者の中国人が英語で、できるだけトラブルが起きないように、にこやかに話しているのを見た。
みど先生の頭は高速回転している。

「食事とベッドはあるようだ。しかし、食事の時のビールはどうなるのか?」これが彼の頭に浮かんだ最初の疑問だ。
「夕食と、朝食のクーポン券でホテルで食べられる」という返事がある。

しかしそれは、食べ放題なのか?飲み放題なのか?
いくら飲み食いしても、それを全部航空会社が払うのか??

実は僕には、昔ちょっとした思い出がある。
それは、あるテーマで日本の一流ホテルでテレビの取材を受けた時、「食事はご自由に済ませてください」と、ホテルの部屋のキーを渡されたんだ。

一緒に取材を受けていた人と、ホテルのレストランへ行った。
そこで思い切り、かなり高価なワインとステーキの食事をしてしまった。

これは、取材の謝礼よりもずーっと高かったのね(笑)♪
キーを渡してくれたメディアを、あとで大笑いをして馬鹿にしたものだよ。

だから、ホテルで食事代を使い放題ならば、「腹がパンクするほど食ってやろう」という覚悟だった。
しかし現代ではみんな、セコイ人間が何を考えているか、それくらいは予想がついている。

「食事のクーポンは、夕食が180香港ドル(2700円)、朝食が100香港ドル(1500円)です」との返事だ。
うーん。中途半端な額だ。

現代の日本ならば、この料金で済ませることは出来るだろうね。
ホテルが高いならば、近くのラーメン屋へ行って、餃子と焼き飯にビールをつければいい。

しかし、香港の物価は日本よりも高い。
また、空港に一体化したホテルでは、レストランの料金が馬鹿高いと予想できる。

世界旅行者は、「この値段では、ホテルで食事はぎりぎり取れるかもしれないが、アルコールまでは無理だな」と、ピンと来たよ。

そこで、僕は責任者に言った。
「旅人にはベッドも必要、食事も必要。でもそれ以上にビールが必要じゃないかっ!」ってね。

担当者は、僕の顔を見て、僕の英語を聞いた。
さらには、ビールが必要だとの論理構成で、「こりゃただの馬鹿な日本人じゃないな」とすぐに見て取ったようだ。

僕の著作はまだ英語では出版されていないので、僕があの有名な世界旅行者先生様だとまでは気が付かなかったようだが。
でも、多くの人間を見ている担当者だから、僕を見たら一応言うことを聞いたほうがいいとは考えた。

「わかりました、ビールのことは考えましょう」という返事がある。
そこでぼくはさらに、「香港へ夕方着いたのだから、香港の町へ出るのは当然だ。空港から町への往復の切符を提供しろ」と言ったんだよ。

僕は2006年の秋に香港へ来たことがある。
その時に、エアポートエクスプレスという地下鉄で往復したことがある。

それで、そのワンディリターン(1日往復券)をよこせ、と言った訳だ。
この料金は、終点までで100香港ドル(1500円)だ。

しかし実は、僕は、この切符が欲しかったわけではないよ。
僕はもう香港には飽き飽きしている。

この切符を要求することで、僕はさらに100香港ドル(1500円)の上積みを目指していた。
責任者がどこかへ去って、しばらくして、中国人の女の子がやってきた。

結局、提供されたのは、ビール代として「200香港ドル(3千円)」と、エアポートエクスプレスの切符だった。
この切符は、僕が「切符ではなくて、切符の代金がもらえないかな」とお願いしたのに、女の子はとっとと切符を買って、それを渡してくれた(涙)。

というわけで、僕が実質的に手にしたものは、ホテルの部屋と、翌日のボーディングパス。
それと、自分で交渉した200香港ドルの現金だけ、だったよ。

ホテルのレストランを見て歩くと、予想以上に高かった。
ホテルにあるい日本風居酒屋では、350香港ドル程度の食べ放題をやっていて、お酒は別料金。

これではとてもとても、食べられない。
そこで、空港の到着ロビーにある、セブンイレブンへ行って、つまみとビールを買って、夕食にしました。

これが全部で100香港ドル程度だった。
知っている人は知っているが、香港のコンビニのビールは本当に安いからね。

また、香港で作ったニセモノの日本風食べ物もあったし。

【1人でツィンの部屋に寝た翌朝のベッド(1人だった証明)】
気持ちよく寝た後で、朝食をとろうかと考える。
朝食として指定されたレストランが一つだけなので、行ってみる。

すると、朝食のバイキング料金が、なんと「180香港ドル!」だよ。
日本円で2700円だ。

つまり、キャセイパシフィックの100香港ドルのクーポンで朝食を食べようとすると、自前で80香港ドル払わなければならない
(その他に税金やサービス料が加わるのかは、恐ろしくて聞かなかった)。

これでもわかるように、キャセイの食事クーポン券は、実際に使うとなると、自腹を切らなければならないようにうまく設定されているってことね。
だから僕は、朝食はとらなかった。

というのは、日本への機内で、当然、朝食も出るからね。
また、ビールも、ウィスキーも、ワインも、ガンガン飲めるわけだし。

というわけで、世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は、無事に香港滞在の落とし穴を切り抜けました。
提供された食事券は夕食分も朝食分も結局使わなかった。

エアポートエクスプレスの往復券(100香港ドル)も使わなかった。
そして、余った100香港ドルは、日本で日本円に両替しました。

【旅行哲学】安いクーポン券だと、結局は自腹が多くなる。これが落とし穴ね。
追加情報:
エアポートエクスプレスの切符は、未使用でしたから、払い戻しできたかもしれません。
また、交渉の最初で、僕は最初「歯ブラシも買わなきゃいけない」と、歯ブラシ代を要求しました。
「歯ブラシはホテルに付いている」とあっさりかわされました。

でも、よく考えたら、髭剃りがなかったんですよ。
意地でも、髭剃りは買いませんでした(笑)。

KOREA / DPRK / CHINA /JAPAN /

駆け足旅行記 / アジア横断旅行 / 上海〜バンコク旅行記 / 

インド / 中央アジア / アジア

INDEX LIST WORLD