クトゥブ・ミナール(QUTB-MINAR)/運転手付き専用車で市内ツアー@デリー/インド

【クトゥブ・ミナールの説明】
僕は二十数年前に、ネパールから入って、バナラシからデリーへ陸路で移動し、さらにインド西海岸をを縦断して、スリランカへ抜けた最初のバックパック旅行をした。
そのとき、もちろんデリーへは来ている。

メインバザールの安宿に泊まって、ジャイプールへバスで移動する前に、デリーは歩いたね(笑)。
そうそう、メインバザールからコンノートプレイス、インド門までも歩いた。

もちろん、ラール・キラー(レッドフォート)やチャンドニーチョークへも歩いていった。
英語ガイドつきの、大型バスの市内ツアーにも参加した。

そのバスの中で、インド人の若者と、彼と結婚したばかりの日本女性の2人と一緒になった。
彼らは東京の「外国人特派員クラブ」のスタッフとして働いていて、知り合って結婚したばかり。

インド人男性は、日本が大好きだったみたいで、インドと日本の比較(日本に比べるとインドはこんなところが遅れている)を話したものだ。
僕はアグラから来たばっかりだったので、アグラのリキシャーマン(このころは人力車だった)が勝手に土産物屋へ行こうとする話で盛り上がった。

僕は「リキシャーが信用できるなら、誰だって利用するから結果的に稼ぎが増えると思うんだけれど」と主張した。
ただ僕はいま思うに、これはまだ僕が世間知らずだったから言えた理屈だった。

たしかに、みんながみんなまじめにリキシャーをやっていれば、客が増える。
平均的には、ある程度稼ぎは増えるかもしれない。

そして、1か月後も、2か月後も、いくら収入があるか、見えてしまう。
でも、リキシャーの客を土産物屋へ連れて行けば、その客が高い買い物をしたリベートががっぽり入るかもしれない。
結果的に収入は低いかもしれないが、ある日突然、がっぽりと金儲けが出来る可能性がある。
だとすれば、その夢に賭けて、客を土産物屋へ連れて行くことは、ドキドキする楽しいことだろう。
また、毎日毎日が、「今日はがっぽり儲かるかも♪」という期待で、生き生きする。
人は平均賃金で生きているものじゃないんだから。
人は何か1日1日に夢がなければ、一生を生きるなんてできないからね。
そういう意味では、今でもインドのオートリキシャーが(メーターがついていても)メーターを使わない理由が良くわかる。
外国人観光客に料金を吹っかけて、たとえ小額ではあっても儲かるというのは、楽しみの一つだろう。
外国人旅行者というものは、絶対に地元の人と同じ値段ではやっていけない。
それをそれとして、受け入れてしまえば、本気になって値切るみたいなことはしないで済む。
またよくある「僕はインド人と同じ料金でやれます」なんて、馬鹿な自慢もなくなるだろう。

外国人観光客は、世界中どこへ行ってもボッタクられるものなんだよ。
だいたいが、インドの有名な遺跡の入場料の外国人料金自体が、ホントに、ものすごいボッタクリなんだからさ(笑)。

僕は二十数年前にデリー市内ツアーに参加したが、どこに行ったかはっきりとした記憶がない。
その時は旅の写真は撮っていたが、旅行のメモを取ってなかったんだ。
で、インドの写真は、結婚していた女の子と離婚したときに、捨ててしまった(涙)。
いまは僕が最初のインド旅行で、どこに行ったのか、泊まった宿がどこだったのか、いろんな料金がいくらだったのか、さっぱり残っていない。
読者の皆さんにアドバイスしておきますが、旅に出るときは、写真も大切だけれども、旅の記録を残すようにした方がいい。
僕はいま、この「西インド旅行記(2007)」を書いている。
その理由は、単に「旅で得たデータを記録してる」ってことなんだ。
僕はこの旅行記を「自分のために」まとめている。
「あのホテルの名前はなんだっけ、料金はいくらだったかな?」と考えて、あわてて旅行のノートをめくるよりも、サイトにアップしておけば簡単に調べられるからね(笑)。

2007年夏の西インド旅行は、とにかく時間がなかった。
デリーに着いた翌日夕方5時45分には、「4059 Delhi Jaisalmer Express」でジャイサルメールへ向かう。

泊まっていた「Cottage Yes Please」のチェックアウト時間は正午12時。
ということは、デリーの暑苦しい午後をどこかで過ごさなければならない。

「シゲタトラベル」のラジェンダさんに相談すると、市内ツアーを4時間で500ルピーで手配できるという。
これは、専用の車と運転手がついていて、希望する場所へ自由へいけるというものだ。

僕が考えたのは、4059列車が出発するオールドデリー駅へ車で行きたいということ。
調べてみると、どうやら地下鉄でもオールドでリー駅へ行けるみたいなんだけれども、暑い中をバックパックを背負って歩くのは勘弁願いたい。

また、オートリキシャーに乗ると、ほとんど、駅へ行かない(笑)。
僕が得た情報では、どこかのインチキ旅行代理店に連れ込まれる恐れが高いんだ。

僕がシゲタトラベルでデリー市内ツアーを頼んだのは、オールドでリー駅へ車で行くための時間つぶしだったわけだ。
もちろん、僕は1人でツアーに参加することはない。

そこには、インドが初めてという日本人旅行者くんもいたしね。
彼を説得して、一緒にツアーに行くことにした。

実際、一人旅よりも2人3人の方が、旅行は安く上がる。
デリー空港で出会った別の旅行者も、彼がニューデリー駅で出会った日本人旅行者2人と、シゲタトラベルで車を1日借り切っていた(8時間まで750ルピー)。

これはもともとは、彼がバングラデシュ大使館にビザを取りに行く交通手段として借りたものだった。
それに他の旅行者2人を入れて、一人当たりの料金を安くしたってことね。

だから、インドへ行ったら誰か旅行者を見つけて、一緒にツアーを組むなりする方がいいでしょう。
それはそれとして、僕はどこへ行ってもよかったのだが、同行者は「地球の歩き方」をチェックして、行き先を決めていた。

まずは「クトゥブ・ミナール(QTUB MINAR)」だ。
これは結構高い塔みたいだね。

【クトゥブミナールの塔】
それから、「4世紀に建てられて以来、1700年たっても錆びない鉄塔」もあった。

【錆びない鉄塔】
僕の記憶では、二十数年前の市内ツアーで、この錆びない鉄塔というのは見た記憶があるんだ。
インド人のおじいさんがガイドさんで、自慢していた。

あのおじいさんは、もう多分、この世を去っているだろうか。
鉄塔を見る人は、次々と死んでいった。
その想いによって、鉄塔はさびないのかもしれないね。

【もっと高いアラーイーの塔を建てようとして、失敗したあと】
クトゥブミナールよりも高い塔を建てようとして失敗した基部が残っている。
僕の人生も高く伸びるはずだったのに、失敗したわけだ(笑)。

失敗の塔と失敗の人生は、なんとなく似合いそうだ。
そこで一緒に写真を撮ってもらった。

【旅行哲学】1700年たっても錆びない鉄塔は、感動的です。
『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx