ジャイサルメールで買って、ムンバイから自分へ出した絵葉書が1週間で着きました

【ムンバイの小さな郵便局で自分へ葉書を出しました】
今度のインド旅行では、友達には絵葉書を出さなかった。
というのは、ほとんどネタがないから(涙)。

テレビ出演、有名雑誌や有名新聞へのコメントが僕の名前入りで掲載された。
また、雑誌の連載が決まった。

とでもいうなら、絵葉書も出しやすい。
もちろん、新しい本が出るというのでもいいけどね。

芸能人(例えば同郷のスザンヌ)やスポーツ選手(例えばQちゃんなんか)と結婚するという話題もいい。
山本モナとのエッチ写真がフライデーに撮られたというのも悪くはない。

ただ、やわらちゃんとの不倫スキャンダルは、出来るならば遠慮したいが。
ところがその程度の話を含めて、僕には現在、何にも面白い話がないんだから(涙)。

いまどきインドへ行ったくらいで、無理にハガキを出したら、ちょっと寂しすぎる。
僕はもうインドは3回目で、今回は、短期旅行で走り回っただけだ。

しかし、いつものように、旅の途中(ジャイサルメール)で絵葉書は一応買った。
ただ、わざわざ絵葉書に書くような面白い話がない。

でも僕は、海外から自分へは絵葉書を送ることにしている。
とにかく、ムンバイのタージマハルホテルの裏にある郵便局へ行きました。

結局自分へのハガキを書いて出しただけだった。
ハガキを日本へ送るのに、8ルピー(24円)。

最初にインドへ来た時、「インドの郵便局で郵便物を出すときは、目の前で切手に消印を押してもらわないと、剥がされてしまう」という話があった。
それを思い出した。

そこまで気にするのも疲れる話だ。
世界旅行主義によれば、「海外から出した郵便物は届かなくてもいい」。

郵便物ネタには、「海外で出したハガキが何か月もたって届いた」という初心者向けのものもある。
僕はすでに「ルーマニアのドラキュラ城の絵葉書が3か月たって届いた」「メキシコシティからの郵便物が4か月かかった」という体験をしている。

世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は、もっとすごいネタを持ってるけど、それはまだ発表してない。
ムンバイから郵便物を出して一週間で届いたというのは、旅行者の皆さんの役にも立つと思うよ。

でもまあ、ハガキが着くことなんかどうでもいい。
旅先で絵葉書を買って、旅先で書いて、旅先の郵便局でハガキを出した記憶の方が大切なのだしね。

【旅行哲学】海外個人旅行では、自分へ絵葉書を送っておく。
参考
T&T#025:絵葉書は届いても届かなくてもいい。
『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx