Hotel Paradise@Jaisalmer/Rajasthan/India

【ホテルパラダイスの最上階の部屋のドア】
僕がジャイサルメールの宿を「ホテルパラダイス」に決めたのは、ジャイサルメール駅を出たときに出会った客引きのおじさんが、とてもいい顔をしていたからだ。

彼の車に乗り込んだのは、僕とフランス人のカップルだった。
フランス人はここに来る前に(多分ジャイプールから)電話をかけて、ホテルを予約しているようだった。

そのフランス人カップルを乗せると、車はジャイサルメール城砦へと向かう。
車は坂道をぐーんと上って、城門を通り、広場で停まる。

広場で目に付いたのが、ウシくんたちだったね。
この広場に4頭くらい並んでて、道をさえぎっている。

ただ、世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)がこの光景を見て感じたのは、「ここでも牛を並べて観光客の気を引こうとしているな(笑)」ってこと。
インドについても、世界各地の観光地についても、ある風景が自然なものなのか、それとも観光客を喜ばせるための仕掛けなのか、そこが問題なんだよ。

はっきりいって、いまは、ジャイサルメールは観光だけで食っている町だ。
だから、お城の前の広場に牛の4頭ぐらいは置いておくだろう。

だってこの牛は、町の道をうろうろしてないんだから。
ただここにつながれているだけなんだからね。

広場で車は停まって、ちょっと歩いて「ホテルパラダイス」へと到着する。
まず、ホテルの予約をしていたフランス人カップルをマネージャーが部屋へと案内する。

その雰囲気で、僕は、「このマネージャーは信用できないな」と鋭く感じた。
「Lonely Planet India」にも、このホテルに付いては「mixed reports」があると書いてあるんだ。

最初に僕を案内したのが、大きなツインルームで値段が1400ルピー!(5千円)だと。
それを「(もちろん)高すぎる!」と断ると、次はダブルベッドの角部屋へ案内してくれた。

これがおそらくこのホテルでは最高の部屋だったんじゃないかな。
角部屋なので2方向に大きく窓が開いている。

また、バルコニーがあって、そこからジャイサルメールの市街地が見渡せる。
もちろん市街地はちょっとで、その先の何もない土地が見えるってわけだ。

部屋にはバストイレがあるが、温水シャワーはない(必要ない)。
テレビもありの、エアコンもある。

僕はこの101号室を見ただけで、「これで決まり!」と、部屋に恋してしまった。
この値段が、800ルピーだ。

最初の馬鹿高いツインルームを見せて、このダブルベッド一つの部屋に誘いこんで、安いと思わせたのだろう。
それがわかっていても、この部屋は逃したくなかった。

僕はそこで、一応値切りはしたんだ。
「2泊するから1500ルピー(1泊750ルピー)にしろ」と交渉をした。

そしてその値段で話がついた。
ただこれが、あとあとちょっとしたトラブルになるんだけどね。

【ホテルパラダイスの入り口】
ところで僕は、ジャイサルメールでキャメルサファリに行くつもりがない。
まず第一に、単純明快、僕は1人でツアーに参加するのがいやだから。

現在の世界的な海外個人旅行の流れは、正直、カップル旅行だ。
日本人のカップルはまだそんなに多くないが、欧米人はほとんどがカップルで旅をしている。

逆に言うと、1人でツアーに参加しても、昔みたいに一人旅の欧米人と親しくなることもない。
一人旅同士の旅の話で盛り上がるってことはもうない。

僕が最初にネパールからインド、スリランカと旅をしたときは、あちこちで欧米人の一人旅と出会ったものだ。
そのころは旅行者自体もそんなに多くなかったので、観光地で出会うと、互いに話しかけあった。

カトマンズでしょっちゅう会っていたフランス人、ポカラであったイギリス人女性登山家、カジュラホからアグラまで一緒だったオーストラリア人の若者、ジャイプールのお城でであったアジア横断中のオーストラリア人女性教師、スリランカのヒッカドアビーチの民宿で一緒だったイギリス人の若者、等々片っ端から話をしていたものだ。

でもそういう時代は、過ぎてしまった。
日本人旅行者も多いし、欧米人旅行者も多いから、互いにわざわざ交流する必要がない。

それが、いまの海外個人旅行の問題なんだね。
だから、日本人が1人で旅をしても、旅先では日本人としか付き合えないってわけね。

それから砂漠の話だが、僕は北アフリカを横断した時に、あちこちで砂漠を見ている。
アルジェリアの砂漠で迷ったこともある。

もちろん、シルクロードをたどったとき、ゴルムドから敦煌の間のバスからも立派な砂丘を眺めたこともある。
中央アジアの赤い砂漠、黒い砂漠も見た。

さらには、ナミビアのナミブ砂漠も歩いたしね。
それ以前に僕はある企業に勤めていた時、砂漠だらけの中近東の某国で仕事をしていたことがあるんだよ。

つまり、砂漠自体は僕にとって興味を引かない。
僕が興味を持つのは、ジャイサルメールという交易都市それ自体なんだ。

デリーからジャイサルメールへの寝台列車に21時間も乗っていたので、やはり身体が疲れていたのだろう、お気に入りの部屋でつい、うとうとっと寝てしまう。
夕方になって、城砦を出て、ジャイサルメールの繁華街のアマルサガール門へ歩いた。

これが細い道で、両側にいろんな店があって、冷やかしながら歩くと、結構楽しめた。
ただ、アマルサガール門のガンジーチョークへ出て、「ジャイサルメールの町は、この程度のところだ」と見切ってしまった。

すると、ジャイサルメールに長居する意味がないのに気が付く。
ガンジーチョークからの帰りに、結構大きな旅行代理店に入って、ここからの脱出方法を聞いた。

結局は、ジョードプルへ出るしかない。
ただ一つジャイサルメールからアーメダバードへ直行の夜行バスがあるという。

夕方5時半にジャイサルメールを出て、アーメダバードに翌朝の7時に到着するとか。
しかし、もちろんその日は遅すぎた。

翌日の夕方に乗るとしても、翌日の昼間は何もすることがない。
それならば、翌日昼間に、ジョードプルへ移動した方がいいだろう。

【ホテルパラダイスの入り口とインド人青年】
夕食を「フリーチベット」というレストランで取った。
食事自体はたいしておいしくない。

ビールを頼むと、子供がどこかへ走っていった。
息を切らしながら戻ってきて、ビールを開けると泡が吹き出す(ビール1本100ルピー)。

つまり、酒屋へ走っていってビールを買って、走って戻ってくるようだ(笑)。
レストランには、楽器を演奏するおじいさんがいたので、10ルピーチップをあげた。

さてこれで、僕が二十数年前に訪れそこなって心に残っていたジャイサルメールは見た。
明日はさてどこへ行くか。

それはただ神のみが知る。
(といっても、ジョードプルに行くのは決まってるけどね)

【旅行哲学】城塞都市は外から見ると格好いいが、中は見るところがないかも。
『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005) 西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト INDEX
xxx