インドでは2泊の約束を1泊に減らすだけでも大変な闘争がある@ホテルパラダイス/インド

【「Refreshing Point Rooftop Restaurant」でジャイサルメール脱出計画を練る】
前日の夕方、欧米人の若者で満員だった「Refreshing Point Rooftop Restaurant」に朝一番で行ってみた。
もう一度頭を整理したかったからだ。

また今日一日ジャイサルメールにいるのは時間の無駄だ。
すると、ホテルパラダイスをチェックアウトしなければならない。

でもあのおじさん(マネージャー)の雰囲気では、何か言うだろう。
というのは、ホテルに落とし穴があるのに気がついたからだ。

なにしろ、ホテルパラダイスのチェックアウトは午前9時だ。
何もこんなところで、チェックアウト時間を午前9時にする意味がない、と普通は思う。
客を運んでくるデリーからの「4059 Delhi Jaisalmer Express」だって、到着は実質午後3時なんだからね。
ジョードプルからのバスは5〜6時間かかるから、到着は昼過ぎになる。

実は、このホテルから予約できるサンライズツアーというのがある。
これは、砂漠から日の出を見たり、近くの村を訪問したりするツアーらしいんだけどね。

残念ながら、これは(ジャイサルメール名物のキャメルツアーではなくて)ジープでのツアーだ。
その出発が午前5時半で、戻ってくるのが午前10時だという話(ツアー料金は1人500ルピー)。

つまり、何も考えずに早起きして、あわててサンライズツアーに参加する。
戻ってきてチェックアウトをしようとする。

すると、すでに午前9時のチェックアウト時間を過ぎている。
そこで、また一日分をチャージしようというヒッカケがミエミエなんだよ(笑)。

こういうセコイ金儲けを考えている人間が、僕が2泊と約束したあとで「1泊でチェックアウトする」と言うと、どうするだろう。
まず何か文句を言うに違いない。

でもこちらの利点は、まだ金を払ってないことだ(笑)。
最終的には1泊分の金を投げつけて、出てくればいい。

世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は、朝食をとりながら覚悟を決めた。
ただこのパターンも、よくある話なので、僕の気持ちとしては「ここでも同じことをしなければならないのか…」と、ウンザリしてたけどね。

部屋へ戻って、荷物をまとめる。
受付へ行って「今日チェックアウトする。1泊分の800ルピーを払う」と言う。

すると、マネージャーは「あなたが2泊すると言ったので、今朝の予約電話があったのを一つ断った」と言う。
ミエミエのウソツキだ。

そこで、「そんなウソをつくんじゃない。僕はそんな電話がなかったのは知ってる。他にも部屋がたくさんあるじゃないか」と(英語で)答える。
マネージャーは「2泊するという約束だったから、2泊分払うのが当然だ!」と主張。

僕は、「もういい、警察を呼べ!」と宣言する。
するとちょっと気弱になったマネージャーは「どこへ行くんだ」と聞く。

僕は「日本人は忙しいので、ジョードプルへ行く」と宣言。
彼は「どうして、お前を信じられるんだ(How can I trust you?)」と言い出した。

「ジョードプルへの切符を見せろ」と言う。
ここで「このおっさんは、僕が別の宿に移って、ツアーに参加することが心配なんだなー」とわかった。

それで、切符は持ってないと正直に言う。
僕は旅行代理店やホテルというものを基本的に信じてない。

もともと、バスターミナルへ行って直接買おうと思っていたんだよね。
すると、ホテルでも切符を売っているのでここで買えという話になる。

それはそれでいいんだけどね。
僕も人を信用しないにもほどがあるとは思ってたし。

結局、パラダイスで、ジョードプルへの切符を買うことになった。
昨日バス料金は150ルピーと調べてあったが、おんなじ値段だった。

ここまでのやり取りを、ホテルの宿泊者やスタッフはニヤニヤして聞いていた。
結局、よくある日常のやり取りなんだろうね。

この決着がついたので、僕はバックパックをパラダイスの荷物室に預けて、外へ飛び出した。
そして、まずは「ジャイナ教寺院」を見た。

【ジャイサルメールの細い通りでも、電池やフィルムの他にも各種メディアが売ってあった】
【旅行哲学】ホテルはまず1泊だけ泊まって考えるのが基本(旅行哲学)
『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx