世界旅行者は成田空港で「みどりのくつしたさん♪」と声をかけられる@成田空港第二ターミナル/日本

【成田空港で声をかけてきたみどくつファンの若者に写真を取ってもらった】
世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)という名前は、すでに日本の旅行者業界には鳴り響いている。
問題は、あまりにその存在がすごすぎて、恐れたり、ビビッている人もいるらしいことだが(笑)。
でもね、嘘をついてない旅行者は、僕を恐れることはないんだよ。
世界旅行者は、もちろん、旅行初心者を馬鹿にしたりしない。

僕が馬鹿にしているのは、旅行もしないで旅行通を気取っているウソツキ連中だけ、なんだから。
問題は、日本の旅行シーンには、そういうウソツキがめちゃんこ多いってだけなんだ(涙)。

世界旅行者はすでに、5冊の著作をものにしている。
また、いろんな出版の問い合わせもある。

ただ問い合わせはあっても、なかなか実現しないのが問題だ。
僕としては、文字びっしりの長編の旅行記兼旅行哲学書をものにしたい。

これは、伝説の旅行哲学本になる予定です。
興味のある出版社は恥ずかしがらずに、問い合わせください。

僕も自分から売り込むことはしない。
それは深い理由はなくて、単純に面倒だからだけなんだよ(笑)。

出版社からお願いされれば、すぐに書きます。
そこのところ、よろしくー♪
なにしろ、今日(2007/08/22)現在、文庫版「間違いだらけの海外個人旅行」はアマゾンのマーケットプレイス(古本市場)で5冊出品されている。
それがすべて千五百円前後(\1490-\1500)してるんだからね。

ちなみに定価は税込みで630円です。
倍以上しているって意味は、「大人気なので、増刷すればまた売れる」ってこと。
「21世紀版間違いだらけの海外個人旅行」を書けばまた金儲けが出来ます。
これはちょっと修正を加えれば簡単に書けます。
手っ取り早く金が欲しい出版社は、お問い合わせください。

自分でも良くわからないのですが、僕の名前と顔は、(旅行者の間では)かなり売れている。
旅に出て外国の町を歩いていると、よく「みどくつさん♪」「みど先生!」と声をかけられます。

今回の西インド旅行でも、成田空港第二ターミナルのチェックインカウンターの並ぶ出発ロビーに上がったとたん、声をかけられました。
「みどりのくつしたさん!」ってね。

声をかけてきたのは、同じ飛行機でデリーへ飛ぶ(多分)優秀な学生さん。
そこで、僕は、デリー空港で彼の世話をして、一緒に朝を待ちエアポートバスでパハールガンジ(メインバザール)まで連れて行ってあげました。

エアポートバスを降ろされたところには、ウソツキリキシャーマンの大群が待っていた。
だから、僕が一緒でなければ、彼は悪徳旅行社の餌食になっていたことでしょう。

だから、成田空港で世界旅行者みどりのくつしたに声をかけて親しくなっていたことが、彼のお金(命)を救ったといえるかもしれない。
そういえば、去年インドで行方不明になった慶応大学の学生も、同じキャセイパシフィックでデリーに着いて、パハールガンジで旅行会社に声をかけられて、アグラへ行って、そこで消息不明になったらしい。

一年遅くして、世界旅行者に出会っていればトラブルも防げたかもしれないね。
僕は、この学生さんにシゲタトラベルのラジェンダさんも紹介してあげた。

僕は「プチ有名人」を目指している。
プチ有名人とは、日本国民全員は知らなくても、一部ではかなり有名。

町を歩いていると、声をかけられて、「話をするだけでおごってもらえる」。
ちょっと「アドバイスをすると、お金が入ってくる」、というものだけどね。

実際、有名雑誌や大新聞から海外旅行についてのコメントをお願いされたりしている。
これで、雑誌にコラムでも書けば、本格的にブレイクするんですけどね。

でもまあ、日本社会というものは、本物の個性を持っている人は扱えないんだよね。
それが日本の混迷の根源なのだけれど、みんなわかっているのに、誰も、それを変化させようとはしない(涙)。

今度の短期の西インド旅行では、短かっただけに、交通手段の手配や、宿の問題など、大変でした。
それを詳しく書くかどうか、迷っています。

質問があれば、「まったり掲示板」へどうぞ。
質問に答える形で、文章を書いてみてもいいです。