空港で一気に滞在費分程度を両替する方がいい(インドでの両替問題)

【デリーのメインバザールには両替所がたくさんあるが】
これからインドへ行く人の参考になればと、2007年8月のインドでの両替問題を整理しておきます。

まず、どういう形でお金を持っていくか。
これは海外旅行のお金の持ち方の基本として、ドルのトラベラーズチェックとドルの現金、と決まってます。

特に、インドでは地方ではATMも少ないです。
また、以前インドのATMではスキミング被害の報告もありました。

つまり、インドでは出来るだけカードを使わない方がいい。
ですから、カードは予備に持つとしても、基本はドルのトラベラーズチェックです。

インドの遺跡の入場料などは、ドル払いが出来て、ドルの方が有利です。
2007年では、遺跡入場料として外国人料金で「5ドルまたは250ルピー」というのは、よくありました。

いま1ドルは120円、1ルピーは3円程度ですから、ドル払いだと600円にたいして、ルピー払いだと750円になります。
これは、ドルキャッシュで払った方が150円ほど有利です(といっても、正直、たいした差はないけどね)。

もっと規模の小さい遺跡では、入場料が2ドルというところもありました。
こういうときのために、ドルの小額紙幣を持って行ったほうがいいかも。

まあ、これも、日本で考えればどうでもいい話ですが、旅行者というものはどうでもいいことで自慢をするものなんですよ(涙)。
インドへ行くと100ルピー(300円)が結構大きいので、日本で聞くとどうでもいい話でも、インドでは効果的です。

インドのホテルではドルキャッシュをルピーに両替もしてくれる場合が多いです。
ですから、ドルのトラベラーズチェックの他にドルの現金もある程度持っていたほうがいいでしょうね。

デリー空港に到着すれば両替窓口がいくつかあります(2007年には税関を通る前に3つありました)。
そこで、まずドルのトラベラーズチェックを両替する。

両替する額ですが、早い話、インド旅行がある程度まかなえる額を一気に両替した方がいいです。
というのは、インドでも地方で両替所を探したりするのは面倒だから。

また、インドの通貨ルピーはある程度安定しているので、細かく両替する意味がない。
昔のペルーなどでは毎日ペルーの通貨スークレが下落していましたから、両替を多くすると確実に損してましたけどね(笑)。

両替レートを云々するのは、旅をしたことのない旅行初心者だけです。
実は旅で本当に困るのは、現地通貨が手元になくて、動きが取れないこと

もちろん両替したインドルピーは、現地で使い切るのが原則(ポイント)です。
最終的にインドルピーが余っても、再両替も出来ます(お土産でも買って使い切るのがいいでしょうけど)けどね。

もちろんインドルピーだと、海外でも別の通貨に両替できます。
僕は香港空港で、余っていた100ルピー札を香港ドルへ両替しました。

ところで、僕はデリー空港に着いたとき、一気に200ドルをルピーへ両替しました。
が、これはまだまだ、全く足りなかった。
ビール代が変に高かったのと、移動に金をかけたので、お金はどんどん出て行きました。
インドの経済発展に伴って、インドの物価はどんどん上がっていて、インドは現在、決して安く旅行できる国ではありません。

宿泊をシャワートイレ、エアコン付きのまともなホテルにして、豪華バスやエアコン付き寝台車で移動して、ちゃんと食事をしてビールを飲む。
すると、バックパッカーで短期旅行で移動続きだと、インドでも1日50ドルはかかります。

今度の旅行では、たった2週間程度でしたから、宿泊費や交通費を含めて1日50ドルかかる。
すると、最初に400ドル両替しても良かったです。
というのは、絶対に「海外旅行では、絶対に、お金は予想以上に使う」ものだから。

また400ドル程度ならば、まるまる盗まれても、そんなに問題にはならない(旅行をやめなければならないほどの打撃はない)。
カードを使えばほとんど問題なく旅行は続けられます。

それに、両替の場所は案外と少ないです。
デリーのメインバザールのような、外国人旅行者が集まる場所だと、私設の両替所も多いです。

でも、旅行者の少ないアーメダバードでは、普通の銀行に行っても両替ができませんでした。
ですからホテルで両替のできる銀行を聞いて、わざわざオートリキシャーに乗って両替に行きました。

しかも後で気が付いたのが、翌日がインドの独立記念日で銀行は休み。
とにかく旅先では思いがけないことが起きます。

その思いがけないことを解決するのは、「お金」つまり、誰でも欲しがる現地の現金です。

参考: 《海外旅行とお金の持ち方のヒント》