ミニ列車と気楽な犬@エレファンタ島/ムンバイ(ボンベイ)/インド

【エレファンタ島のミニ列車/右側を歩いているのは韓国人カップル】
ムンバイ(ボンベイ)のインド門の裏からエレファンタ島へのボートが出ている。
最初にインド門付近へ行って、切符売り場を探していたら、インド人の切符売りが声をかけてきた。

ただ、個人で切符を売ってるなんて怪しい。
デリーのボッタクリ旅行代理店の存在を知っている僕は、当然のこととして信じない。

で、切符売り場で買ったが、結局同じものでした(料金120ルピー)。
切符を持って船の乗り場を探していたら、切符売りが「同じだよ(笑)♪」と声をかけて、船着場を教えてくれた。

デリーとは違って、ムンバイではあんまりダマシはないみたいだね。
ボートに乗り込んで、エレファンタ島へ約1時間。

途中で軍艦や要塞みたいなものも見れた。
もちろん貨物船なんかも、たくさん停泊していました。

旅行した時期が8月の雨季だったので、空は曇っていて、波も少し高かった。
エレファンタ島の船着場を出ると、桟橋(Causeway/堤道)にミニ鉄道があった。

なんとなく乗り込む。
すると動き出して、桟橋が終わったところで停まる。

インド人から乗車賃だといって10ルピーを要求されるが、本当かどうかわからないので払わない。
歩いていくと、(上の写真の右側に歩いている)韓国人のカップルから話しかけられた。

「僕たちは1人10ルピー払ったけれど、必要なの?」と切符を見せてくれた。
まあ、切符があるならば、きっと払うのが本当なのでしょう。

やはり、ムンバイというところは、デリーと違って、全体的に緩やかなおとなしい、ダマシのないところだったよ。
列車の乗車賃の請求もゆるかったし。

これから考えても、インド旅行の最初がデリーというのは、問題だと思うね。
ただ、ムンバイのホテルはとにかく高い。
これが基本的な問題なんだよね。

【桟橋へ進むミニ列車とお気楽な犬】
ムンバイとデリーを比較してよくわかるのは、ムンバイの犬はたらーんとしているところ。
上の写真の犬の顔を見ても、「人生とは何か」なんて、難しいことは考えてない。

デリーのメインバザールでは、インド人のおじさんが大きな犬3匹くらいを棒で叩いたりしてたし…。
そこが、ピリピリしたデリーと、ユルーいムンバイの違いではないかな。

ところで、エレファンタ島からの帰りは、料金を払わなければならないのがわかっていたので、ミニ列車には乗りませんでした(笑)。

【ムンバイの街角で寝ている犬】
例えばこれは、ムンバイの忙しい街角で寝ている犬です。
この犬は別に、病気でも、死んでいるわけでもない。

単に道の真ん中で、堂々と寝ているだけです。
あんまり驚いたので、思わず写真を撮ってしまいました。

また、黄色と黒の車、これがムンバイのタクシー。
これも、僕は3回乗りましたが(まあ、メーターでは行かないんだけれど)適切な値段で、ちゃんと目的地へ送り届けてくれました。

だから、ムンバイの場合は、デリーのピリピリした感じはない。
デリーでオートリキシャーに乗ると、どこかへ連れ込まれることを心配しなきゃいけないけどね。

【旅行哲学】ムンバイは結構ゆるいところだ。
『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx