メヘラーンガル砦(Meherangarh Fort)見学@ジョードプル/インド

【日本語オーディオガイドで説明を聞きながら回ります@戴冠式の王座前にて(2007)】
メヘラーンガル砦の外国人向け入場料は250ルピー。
ただ、ここでは、その入場料にオーディオガイドが付いているところが素晴らしい。

また、カメラ持ち込み料も含まれている。
これって、インドにしては良心的だよね。

というのはこの砦は、マハラジャのもので、それを一般に公開することで、金儲けをしている。
だから、マハラジャは(この砦公開で結構儲けてるみたいだし)無意味に金をぼったくったりしないってわけ。

もちろんオーディオガイドには日本語もあって、もらうときにその説明を聞いた。
パスポートを預けなければならないけれど。

そのパスポートはこのメヘラーンガル砦の出口でちゃんと渡してくれる。
ちゃんとパスポートの引換券ももらう。

メヘラーンガル砦を順路に従って歩いていくと、ところどころに番号が書いてある。
その番号をオーディオガイドに入力すると、とてもきれいな日本語で詳しい説明が聞けるってわけだ。

しかしここで、「すごいねー♪」と感動するだけならば、普通の旅行者だよ。
僕はすぐに、いままでのオーディオガイドとの比較が出来るんだ。

思い出すのが、イギリスのストーンヘンジ(Stonehenge)だよ。
ここでもオーディオガイドが貸し出されていたが、そこでは言語ごとに機械が違っていた。

メヘラーンガル砦のオーディオガイドは、日本語を出すのにあちこち操作しなければならなかった。
僕がストーンヘンジへ行って、とても捜査が単純明快なオーディオガイドを使ったのが1996年。

なんとなくボタンがたくさんある操作が面倒なメヘラーンガル砦のオーディオガイドを借りたのが、2007年。
つまり、インドはそんなに進歩してないってことね。

僕だったら、オーディオガイドが説明の必要な地点に近づくと、自動的に語り始めるように作るけどね。
これを見ても、インドの技術はまだまだ、一般に浸透するところまでは行ってないだろう。

【ストーンヘンジのオーディオガイドはちょっと大きめのケータイ形でした(1996)】
オーディオガイドを持って、あちこちで説明を聞きながら歩くと、結構な時間がかかるよ。
宮殿の中には、部屋ごとに、細密画を展示する部屋、武器を展示する部屋など、いろいろあった。

僕が興味を持ったのは、やはり刀のコーナーだったね。
インドの刀はいろんな形がある。

日本刀よりも美術的には劣るかもしれないが、刃物の構造はいろいろなアイディアがあるようだ。
確かに個性的、自己主張が強いと思えるね。

【宮殿の中】
こういう宮殿の中も見れますが、まあたいして面白くないかも。
次々に見ていくと、だんだん飽きてくる。

【ブルーシティとは建物が青いから】
そこで、メヘラーンガル砦の城壁を歩く。
砦の下の家々は、青い色が多い。

【マハラジャが死んだ時に殉死した妻たちの手形】
興味深かったのが、あるマハラジャが死んだ時にその妻たちが殉死(あと追い自殺)をする前に残した手形が残っているところ。
まあ本当は、無理矢理に殺されたに決まってるが(涙)。

自分が死んだあとに自分の妻が他の男に抱かれるのを嫌がるマハラジャというのも、人間が小さいね。
マハラジャは心が小さいだけではなくて、アレも小さかったのかも…。
ところで、オーディオガイドはとても便利だった。
これがなければ、殉死した妻たちの手形も気が付かなかったかも。

オーディオガイドは、自分の見学の速さに応じて、大切な情報が聞ける。
これからは、世界中の遺跡で各国語のオーディオガイドが使われるようになって欲しいね。

東京の名所なんかでも、オーディオガイドがあると便利じゃないかな。
広告を入れれば安く出来るだろうしね。
【旅行哲学】マハラジャもいろいろ大変だったみたいね。
『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx