メインバザール(パハールガンジ)雑感(+アジャイゲストハウスとロニ・シゲタトラベルの写真)@デリー/インド

【たぶん小学生を8人くらい乗せて自転車は行くようだ】
メインバザールを朝の7時ぐらいに訪れると、店はどこも開いていないし、もちろん人もいない。
そういうときでも、バックパックを背負って歩いていると、どこからかホテルの客引きが出現して、ホテルを紹介してくれる。

メインバザールには24時間制のホテルもあるから、いつ行っても泊まれる。
つまり、人がいないように見えても、さびしそうでも、そこには何かの活動が存在するってわけね。

朝歩いていてたら、小学生の女の子が一つの自転車に乗ってたのを見つけた。
これは間違いなく、リキシャーマンが1人でこぐようになっている。

多分自転車をこいで、小学校まで運んでいくのだろう。
日本だったら間違いなく、「自転車でいけるような距離ならば、自分で歩いて行きなさい!」となるだろう。

またそれが子供に対する、日本のあるべき「教育」というものだろうね。
でも僕が思うに、インドでは、この(お金持ちの)子供たちを学校へ送ることで生計を立てている人(リキシャーマン)がいるということ。

【ゾウさんは朝から観光客を乗せて働いている】
以前も紹介したが、メインバザールには観光客用のゾウさんがいる。
人ごみをゾウに乗って歩くのは迷惑だろうと考えた、心優しい欧米人の女性が、早朝にゾウに乗って、メインバザールを歩いている。

【メインバザールは昼間はとにかく混雑している】
実際、昼間のメインバザールは人が多すぎて、原宿状態だ。
この中を人をかき分けしながら、いろんな店を冷やかして歩く。

まえまえからタラーンとした服が買いたかったので、値段を聞くと、パンツが180ルピーだと。
それを120ルピーまで値切った。

パンツが気に入ったので、次の日に別の店で、それに合った色の上着を買う。
これが最初から100ルピーだった。

【タラーンとした服は、寝巻きにちょうどいいです】
この店では、僕が持ってるパンツも最初から100ルピーだって(涙)。
これがあちこちに写真が乗せてある、ぼくがこのインド旅行で着ているオレンジ色の上下の服なんだ。

【「ロニシゲタトラベル」と「アジャイゲストハウス」を発見】
目的もなくたらたらメインバザールを歩いていると、横道に「アジャイゲストハウス」を発見した。
写真が見にくいかも知れませんが、日本語で名前が書いてあります。

手ぶれしているのは一緒にいた日本人旅行者くんのせいです
写真を撮っていると、「ロニシゲタトラベル」のロニさんが出てきて、日本語で声をかけてきました。

僕はロニさんの噂を知っているので、適当に話はしましたが、ちょっと遠慮しました。
ただ確かに、日本語はぺらぺらでしたね。

【旅行哲学】バックパッカーストリートを歩くと何か面白いものが見つかる。
『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx