リキシャーマンを振り切って、メインバザール(パハールガンジ)へ@デリー/インド


【寂しい朝のメインバザールに立つ世界旅行者みどりのくつした】

世界旅行者の性格の問題点は、1人でいる時は気力充実していて、自分で決断も行動も出来る。
だが、他の人と付き合うときは相手に任せてしまうこと。

つまり、他の人を説得するのが面倒なんだよ。
だから、一応は他の人の言うことに従ったふりをする。

このときも、僕の心の中では、最初の方向が正しいと思っていた。
でも、他の日本人旅行者諸君がデリーのリキシャーマンに説得されて反対方向へ行きたいのならば、反対はしない。

しかし、反対方向へ進みながらも、リキシャーマンが「20ルピーでメインバザールへ行くから」という誘いには絶対に乗らない。
というのは、僕の友人の女医さんが学生時代に「デリーのオートリキシャに乗ったら絶対に言うとおりの所へ行かず、最終的には旅行代理店へ連れ込まれてしまった」という話を聞いていたからね。

しかもそれで、旅行代理店の副社長に強姦されそうになったというんだから。
(この話は、伝説の旅行本「世界冷や汗一人旅」を読んでね♪)

つまり、デリーのリキシャーマンを信じると、どんなトラブルに巻き込まれるかわからない。
ここでは誰かまともなインド人に、道を聞きなおせればいいわけだ。

ちょっと歩くと、走ってきた白いセダンの乗用車が、歩道に乗り上げて停まった。
車からはいかにも育ちのよさそうな、制服姿のインドの女子高生が降りて、スクールバスに乗り込む。

僕はすぐにそのセダンを運転していた、金のありそうなインド婦人に声をかけた。
「エクスキューズミーマダーム!フゥエアリズ、ニューデリーステーション?」ってね。

するとこの婦人は、やはり僕が最初に行こうとしていた方向を指したよ。
さらに、僕らにウソを教えていたリキシャーマンのボスが、それを見て怒り出して、婦人に文句を言った。
このご婦人はさっさと車を動かして、どこかへ行ってしまった。

【ニューデリー駅へ向かう道はこんなに寂しい】
これで決定。

僕が車を降りるときに見た道路標識の記憶と、絶対的に信頼できるインド上流夫人の指し示す方向が一致したのだから。
僕は他の日本人旅行者の皆さんに、確信を持って宣言する。

「あっちへ行けば絶対にニューデリー駅へいける!」ってね。
これは、ユダヤの民を導くモーゼのような権威があっただろう。

でもまあ、ニューデリー駅へ続く道には路上生活者のインド人が寝ていた。
こんな状態で、インドがIT大国だ先進国だ、というのはちょっとおかしいよね。

道の先になにやら人や車が集まっているのを見て、ニューデリー駅の裏側にでも出たのかと思った。
ところが僕らが出たところは、ニューデリー駅の正面だったよ。
ニューデリー駅の正面という意味は、そこには僕らが目指すメインバザール(パハールガンジ)の入り口があるはずだ。
そう思って見ると、いかにもみすぼらしい、しょぼくれた、寂しい通りが目の前に広がっていた。

僕はメインバザールを20年以上前に見たことがある。
その時よりもずーっと寂れている。

【メインバザールのニューデリー駅側入り口の朝の風景】
思わず同行した日本人旅行者に頼んで、「メインバザールに立つ世界旅行者」というスタイルの写真を撮ってもらった。
あとは、宿を見つければいいだけだ。

【メインバザールで朝から観光客を乗せて働くゾウさん】
でもさすがに、朝の7時前では、人通りもあまりない。
人通りはないが、観光客の白人を乗せたらしいゾウさんは、朝早くから働いていました。

さてこれで、デリー空港からメインバザールへたどり着くという大冒険の一幕は終わった。
次は、メインバザールの中で居心地のいい宿を見つけることだよ。

【旅行哲学】ITが発達しているとはいっても、インドはまだまだ発展途上国だ