エアバス/ラクシュミ号(Airbus Laxmi)@ジャイサルメールからジョードプルへのバス旅/インド

【ジャイサルメールからジョードプルへのエアバス/LAXMI号】
ジャイサルメールの私営バスターミナルに、城内からオートリキシャー(30ルピー)で行く。
「ホテルパラダイス」で買った切符を見せてバスを確認すると、僕が乗るのは一見まともなバスだった。

しかしよく見るとフロント部分の部品が欠けている。
バスは出発時は、一応指定席になっていた。

自分の席に行って、バックパックを座席の下に入れて落ち着く。
すると、バックパックをバスの後ろの汚いトランクに入れるように言われる。

自分で持っていくと、このバックパックの預かり料金が10ルピー。
抵抗する外人の若者もいたが、結局みんな荷物を預けさせられて、お金を取られた。

【バスの下段は座席だが、背もたれが斜めで案外居心地がいい】
ところでこのバスの座席の構造は興味深かった。
座席が2段になっている。

これ自体は、僕がラサからゴルムドへの寝台バスに乗ったときに体験がある。
ただ、このバスは、下段は普通の座席(ただし背もたれが後ろに倒れていて足元のスペースも広い)。

上の段がフラットな寝台席になっている(写真参照)。
つまり、ごろりと横になって寝れるわけだ。

【バスの後方を見る/バスの上段はベッドになっていた】
これはもちろんカップルならば、居心地もいいかもしれないね。
でも、普通の男同士が相席になっても、ちょっと困るんじゃないかな。

バスは予定通り午前10時に出発した。
ジャイサルメールからジョードプルのバスは、一時間に一本の頻度で出発している。

よくあるように、客を思い切り詰め込むために、客を待って遅く出発するわけではないようだ。
だから、出発時は、結構ガラガラだったよ。

ただ、途中の町で次々と人を乗せていく。
どうするのか見ていたら、途中から乗り込んだ乗客は、適当に寝台席に乗って、寝転んだりしていた。

途中で一度だけトイレストップがあった。
特に行きたくはなかったが、念のためにトイレに行く。
トイレに行きたくなくても、トイレに行く。
これがバス旅行の基本だ。

トイレは男女共用で、まず女性陣が済ませてから、男性が入った。
そのあとチャーイ(5ルピー)を飲んだ。

バスはジョードプルに近づくと、次々と街角で停車して、客を降ろしていく。
結局「ラストストップ!」と声がかかるまで乗っていたのは、フランス人を中心とした外人ばかりになった。
このバスは、ジャイサルメールで誰に聞いても5時間と言われていた。
が、終点近くでだらだらと走り、あちこちに人を降ろしていったので、終点まで着いたころには、6時間かかった。
私営のバスというのは、サービスのためなんだろうけれど、人を降ろしていく。
公営のバスだと、公営のバスターミナルへ一気に進む。
旅行者が乗る場合、私営のバスの大きな問題は、どこへ着くかわからないってこと。
このバスの終点というのが、ただのガソリンスタンドだった。
遠くにメヘラーンガル砦が見えるが、町の中の位置関係がわからない。
もちろんそれを狙って、オートリキシャーの大群が群がってくる。

オートリキシャが取り囲んで、「ジョードプル駅まで40ルピー」という。
何しろ位置関係がわからないのでどうしようもない。
35ルピーまで値切って、ジョードプル駅へ。
「Lonely Planet」に紹介してある、駅前の「GOVIND HOTEL」にチェックイン。
これからすぐにホテルの向かいにある「NORTH-WESTERN RAILWAY ADVANCE BOOKING OFFICE」へ行く。
とにかくアーメダバードへの列車の予約をしなければならない。
【旅行哲学】下段が普通の座席で上段がフラットなベッドになっているバスも世の中には存在します。

『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx