第16窟/カイラーサナータ寺院(Kailasa Temple)@エローラ石窟/インド

【カイラサナータ寺院(Kailasa Temple)の裏からの写真1】
エローラ石窟群には、仏教石窟、ヒンズー教石窟、ジャイナ教石窟の3種類がある。
ガイドブックを読んでも、僕のようにツアーに参加しても、その3種類を見ることになる。

仏教石窟はたいしたことはない。
ジャイナ教石窟はヒンズー教石窟よりも小さい。

となれば、ざっくばらんに言うと、ヒンズー教寺院を見るのがポイントね。
そして、ヒンズー教寺院の白眉はこの「第16窟/カイラーサナータ寺院」なんだよ。

だから、これを見るだけでいい。
ただ、僕が参加したツアーは、この16窟のなかを歩いただけだった。

でも、たしか、16窟は後ろから写した写真があったんじゃないかな。
正直、16窟の内部をいくら写真に撮ったところで、全体像が見えない。

【カイラサナータ寺院の裏からの写真2】
ツアーのみんなで結構時間をかけて16窟を見ている。
いい加減飽きて、外に出る。

その時に、世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は、「石窟の後ろには行けないのかな?」と疑問に思う。
ちょっと左に寄って、石窟を見ると、そこに岩山を上る階段を発見した。

【裏から見るには、カイラサナータ寺院の向かって左側の階段を上ります】
近くの人に聞くと、これがカイラサナータ寺院の上へ出る道だそうだ。
そこで僕は、すぐに決断した。

「エローラ遺跡の中心にはヒンズー教遺跡がある」
「ヒンズー教遺跡のメインは、第16窟カイラサナータ寺院だ」

「カイラサナータ寺院は後ろの岩の上から取った写真が有名だ」
つまり、この階段を上っていかなければならない!

もし僕が学生とまでは言わなくても30歳前後までならば、この岩山に彫られた階段を駆け上ることも、可能だろうね。
ただ僕はもう、50歳を超えた、もう「おじいさん」といっても違和感のない年齢だ。

だから、最初の十段程度を駆け上ったら、もう息が切れてしまった。
でもまあ、なんとかカイラサナータ寺院の写真を撮りました。

ツアーで行くならば、内部は適当に切り上げて、個人で遺跡の裏側に回るといいでしょう。
個人で行くならば、写真を撮ったあと、ゆったりと座り込んで、遺跡が建てられた時代、過ぎ去った時代、を偲ぶのも、いいかもしれません。

【旅行哲学】遺跡には一つのポイントがある。だから、それを見るだけでも十分。
『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx