ジャンタル・マンタル(Janter Mantar)/運転手付き専用車で市内ツアー@デリー/インド

【ジャンタルマンタルの天測装置】
インド門を見た時点で、最初の予定は無理だとわかった。
これからレッドフォート(ラール・キラー)へ行って、中を見て、オールドデリー駅へ送ってもらう時間はない。

もちろん、レッドフォートとオールドデリー駅はそんなに遠いわけではない。
荷物が少なければ、車にレッドフォートで降ろしてもらって、自分でオールドデリー駅まで歩けばいい(またはオートリキシャーに乗るか)。

ただ僕はバックパックを持ってきている。
バックパックを背負ったまま観光というのは、そりゃ無理だ。

それと、僕自身は二十数年前に、オールドデリーの喧騒の中を1人で歩いて、レッドフォートへ行ったことがある。
わざわざ今回行く意味もない。

すぐにオールドデリーへ行くには、まだただちょっと時間があった。
地図をチェックして「ジャンタルマンタル」へ行ってもらうことにした。
ジャンタルマンタルとは、昔の天文観測所のことね。
奇妙な観測器具が今も残っている。
まあ僕は、ジャンタルマンタルへも二十数年前のデリー市内ツアーで訪れた記憶がある。
ただ、こういう中途半端な遺跡になると、駐車場が整備されていない。
普通の観光客は、コンノートプレイスへ来たついでにちょっと足を伸ばす程度だろうか。
それとも、誰もわざわざ来ないか(笑)?

ここも、外国人料金は100ルピー(300円)または2ドル(240円)なのに対して、インド人は5ルピー(15円)です。
車が適当な横道で停車したので、ジャンタルマンタルの入り口まで、結構急いで歩いた。

ジャンタルマンタルのあとは、オールドデリー駅へ直行。
途中で、ジャマー・マスジッドとレッドフォートの前を通ってもらって、「左がジャマーマスジッド、右がラールキラー」と説明をしてもらいました。
オールドデリー駅に、タクシーは到着。
ここで、料金の500ルピーと、チップとして20ルピー札(60円)を渡しました。
あとは、もう僕は、列車のことしか考えていない。
オールドデリー駅からジャイサルメールへの「4059 Delhi Jaisalmer Express」に乗りさえすればいい。

【旅行哲学】市内ツアーも、自分で考えるとかなり無理をしてしまいます。
『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx