アーメダバードから夜行列車で、ジャルガオン駅に到着♪@ジャルガオン駅/インド

【ジャルガオン駅に無事に着いたので、思わず両手でピースポーズ】

【ジャルガオン駅は、案外と小さかった】
アーメダバードからジャルガオンへは、僕は「2833 HOWRAH EXPRESS 」を使った。
「2833 HOWRAH EXPRESS 」は、アーメダバードが始発で、出発が午後23時55分、ジャルガオンへの到着が翌日の午前10時23分。
インドの列車に途中駅から乗ると、到着時間も出発時間もわからない。
ところが、この「2833ハウラーエクスプレス」は、アーメダバード始発で2泊3日かけて、コルカタのハウラー駅まで行く列車だ。
だから、少なくとも、出発時間で迷うことはない。
しかしさすがに、インドの列車だった。
アーメダバード駅の表示では7番線から出発なのに、実際は6番線に停まっていた。
まあ、6番線は7番線と同じホームなので、特に問題はなかったけどね。
アーメダバードが始発で、出発が午後23時55分、ジャルガオンへの到着が翌日の午前10時23分。
時刻表通りだと、午前10時過ぎだから、寝過ごすことはない。
インドの鉄道ではアナウンスがない。
ジャルガオンは比較的大きな駅で、停車時間も長い。
ただ、インドの列車は遅れるので、到着時間がわからない。
列車は、プラットホームだけの小さな駅を次々と通り過ぎる。
しかしこのとき僕は、西インドの地図を持っていた。
この地図は結構細かいので、ジャルガオン手前の町の名前がわかる。
通り過ぎる小さな駅と、地図を照らし合わせていれば、自分がどこにいるかわかる。
だから、とても気楽でした。
しかしもちろん、まわりの人に声をかけて、ジャルガオン駅がまだだと確認するよ。
それ以前から、近くの人に愛想よく、「ジャルガオン?」と聞いていたので、ちゃんと教えてくれました。
インドでは、とにかく、何重にも確認したほうがいいからね。
ジャルガオン駅は、鉄道の分岐点らしく、陸橋もあって、ホームの数も多かったです。
というわけで、僕は無事、ジャルガオン駅に到着。
これから、ローカルバスに乗って、アジャンター遺跡観光の基地、ファルダプールへ向かいます。
『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx