ジャイサルメール鉄道駅を出ると、ホテルの客引きが列を作っていた@ジャイサルメール/ラジャスタン/インド

【ジャイサルメール鉄道駅】
「4059 Delhi Jaisalmer Express」で、デリー(Delhi)を17:45(午後5時45分)に出発。
3Aだから、向かい合わせの3段ベッドがある。

ところが、案外と人が少ない。
これは、僕が下段(Lower Berth)を取っていたので、とても気持ちよく過ごせた。

つまり、下段に座っていても、他に人がいないので、ゆったりと出来た。
また、好きなときに眠れたってことね。

ただ、途中でJAIPURに(23:45に)寄った時に、フランス人の団体がドドッと乗り込んできて、収まるところに収まったようだ。
つまり、ジャイプールから、ジャイサルメール(または、ジョードプル)の夜中の移動に便利な列車ってことね。

夜が明けて、JODHPURに05:50に到着。
ここまではそれほど遅れてはいなかったみたいだ。

ただ、ジャイサルメール(Jaisalmer)到着が、13:00(午後1時)予定だった。
インド人に聞くと、到着は午後3時という答え。

確かに、ジョードプルからジャイサルメールへ向かう途中は、たらたら走ったり、駅でもないところでなぜか停車したりしていた。
ジャイサルメール到着は、言われたとおり午後3時ちょっと前だった。

列車の中で、フランス人のカップルと話をすると、彼らはジャイサルメールに2泊するという。
僕もどうしようか迷っている。

僕はジャイサルメール名物のキャメルサファリとかジープでの砂漠ツアーには全く興味がない。
それに、ジャイサルメールは昔からボッタクリツアーで悪名高いところなんだよ。

僕としては軽くジャイサルメールの城砦を見て、中を歩けばそれでいいんだ。
外人を喜ばせるいつもの定番コメントとして「日本人はとても忙しいので、長くて2泊です」と言う。

するとフランス人は、「C'est un voyage a la japonaise(日本風の旅)!」と喜ぶ。
僕はまあ、忙しい日本人という役割を演じれば、外人が喜ぶと知っている。

あと僕のモチネタは、「日本では自殺が多いので、東京の山手線は月曜日はほとんど動かない」というもの。
これを言うと、ほとんどの外人がびっくりするよ。

日本人のほとんどは外人が喜ぶようなネタがないので、話してもつまらないと嫌がられる。
だから、外人が喜ぶネタを持っておくのが大事だ。

例えば、こういう話ね。

日本には忍者がたくさんいて、僕は忍者の家系です。
僕のお父さんは特攻隊(カミカゼパイロット)で、僕が生まれる2年前に死にました。

などというネタだ。
フランス人と話をしている写真を撮ろうかとも思ったが、いまさらそんなもの自慢にもならない。

ジャイサルメール駅に近づくにつれて、どこに泊まるかが問題になってくる。
あわてて、最新版の「地球の歩き方」と旧版(10th edition)の「Lonely Planet India」を読んでみる。

すると、「ホテルレーヌーカー(Hotel Renuka)」というのが日本人に人気らしい。
ただこれは、城外にある。

せっかくだから城内(Fort)をチェックすると、「パラダイス(Hotel Paradise)」というのが、「地球の歩き方」にも「Lonely Planet」にも紹介してある。
ただ、「Lonely Planet」のほうには「mixed reports from travellers」とある。
つまり、いい評判もあれば悪い評判もあるってことね。
僕がインド旅行について考えていること。
それは、日本人旅行者の長期旅行者はどんどん減っている。
実際僕は2005年のチェンナイから入った旅では、途中ほとんど日本人に会わなかった。
現在のインドには、韓国人旅行者のほうがずっと多いだろう。
韓国人旅行者は、基本的に英語もしゃべれるし、なかなか面白い人たちだ。

日本人旅行者は、いま、ほとんどは北インドの「デリー〜アグラ〜バーナラシー」にジャイプールを加えた程度の旅をしている。
つまり、日本人旅行者がいるかと思って「レーヌーカー」に行くと、そこには誰もいない、って可能性も多い。

インドの旅行シーズンは冬の時期。
その時期になれば、ジャイサルメールにも日本人旅行者の数が増えるかもしれないけれどね。

だいたい、デリーでも少なかったんだから、ジャイサルメールに日本人がいると考える方がおかしい。
うーんどうしようか。

と考えているうちに、オールドデリー始発の4059列車は静かにジャイサルメール駅に到着した。
忘れ物がないように、じっくりとシートをチェックして、シートの下からバックパックを取り出し、よいしょっと背負う。

ホームに出ると、すぐに客引きが声をかけてきた。
「日本人でしょ。レヌーカがいいですよ」ってね。

でも一応無視をして、駅を出た。
ジャイサルメール駅を出たところに、ホテルのジープが待っているらしい。
そこで考えようとしたわけだ。

【ホテルの客引き(ホテルタクシー)の列/左側3人の若者は、韓国人@ジャイサルメール鉄道駅前】
駅前に出ると、驚いたことには、ホテルの名前を書いたプラカードを持った客引き(運転手)さんたちが、ずらりと一列になって待っていた。
その一番右に「HOTEL PARADISE」とあって、その運転手さんがすごくいい顔をしていた。

それで一気に頭に残っていた「パラダイス!」と決めてしまったってわけね。
まあ、どこでもそう変わりはないでしょう。
「パラダイス」がどういうところなのか、いくら本を読んでもわからない。
自分の目で見れば一挙解決だ。
【旅行哲学】ジャイサルメールの名物は駅前の客引きの列
『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx