ジャイナ教寺院(Jain Temples)@ジャイサルメール/インド

【細い道を通ったら突き当りがジャイナ教寺院でちょっとびっくり】
ジャイサルメールのFORT(城砦)のなかには、2つの見所があるらしい。
一つが「Maharaja's Palace(宮殿)」で、もう一つが「Jain Temples(ジャイナ教寺院)」だ。

ホテルパラダイスの前の細い道を奥へ数分進むと、突き当りが、そのジャイナ教寺院だった。
「おいおいこんなに近いのかっ!」という感情で撮ったので、写真が手ぶれしてます。

ただここで写真を載せたのは、右の端にある両替所の看板が面白いと思ったからだ。
つまり、城の中でも両替は簡単に出来るってことね。

【欧米人の観光客もたくさんいました/靴を脱ぐのに手間取って切る観光客に注意!】
入場開始の午前8時を過ぎたばかりだというのに、ジャイナ教寺院には、多くの観光客が見られた。
ここでもインドの他の寺院、遺跡と同じく、裸足になって入場することになる。

特に欧米人は靴を脱ぐのに時間がかかるようだ。
僕はいつものように、サンダルだったので、簡単に寺院へ入ることが出来た。

僕は安いサンダルだったので、お寺の前に置きっぱなしにした。
でも、ブランド物のスニーカーなんかだったら、外へ置くのは危険です。

日本のコンビニのビニール袋なり、デイパックに入れるなりして自分で持ち込んだほうがいいでしょう。
だって盗まれたら、気分悪いからね(笑)。

さて、このジャイナ教寺院の入場料が(2007年8月で)20ルピー(60円)。
ただ、カメラを持ち込むととたんに50ルピープラスになる。

正直、ただの観光旅行でお寺の中の写真を撮ったところで、ちっとも面白くない。
カメラを持ち込まないと決めて、入場券売り場にカメラを預けた。

【とにかく観光地の前ではピースサインで写真を撮るのが基本】
ところで観光旅行の写真とは何か。
それはただ、その観光地に自分が確かに行ったという存在証明なんだよ。

だから、とにかく名所の前ではピースサインをした自分の像を写しこむことだ。
これで、海外個人旅行の写真の役割は果たされるからね。

そこで、写真の上手そうな個人旅行者を捕まえて、写真を撮ってもらいました。
こういうところでは、誰に頼んでも気軽に写真を撮ってくれるものだ。

問題はその写真がちゃんと取れているかどうか。
銀塩写真(フィルム)の時代は、現像するまで出来がわからなかったが、デジカメの場合はすぐに確認できる。

また、何枚撮っても金がかからないので、気にならない。
だから、気軽に何人にも声をかけて、写真を撮ってもらえばいいでしょう。

【これはジャイナ教寺院の入場券売り場/カメラ預かり所】
ジャイナ教寺院の内部は、やはりちょっと仏教寺院とは違っていた。
ただ、やはり、寺院の中の神の像なんかを写真にとっても意味がない。

僕は確かに、ジャイナ教の神から世界旅行者へのお告げを聞いた。
でもその内容は、ヒミツです。

面白かったのは、向かって右隣の寺院に入ったとき。
神像の前に賽銭箱があって、「お布施はこの中へ入れてください」と英語で書いてあった。
ところが、その前に別にお皿が置いてあって、小銭が入っていた。

そして、お寺の中を掃除して(見張って)いる人がいたわけだ。
僕はそこで、このトリックを見通したよ。

「ははーん、この掃除人がお賽銭を自分のものにしようとして、わざと賽銭用の皿を置いたな」ってね(笑)。
だから、僕はわざと、賽銭箱の中にお金を入れようとした。

すると、その掃除人が飛んできて、「こっちでいいんだ」と皿に、入れるように促したよ(笑)。
この程度のトリックは、微笑ましいよね。

もちろん僕は賽銭箱に入れたけど。
これでジャイナ教寺院はオワリ。

次はとっとと宮殿でも見に行きましょうか。
だって、午前10時のジョードプル行きバスに乗らなきゃいけないからね。

【旅行哲学】世界中どこで祈っても、神は世界旅行者を優しく迎える
『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx