インド旅行概論・ガイドブックと地図

メヘラーンガル砦@ジョードプル/インド
この夏、インドへの短期旅行を考えている人から問い合わせがありました。
個人的に答えるのも面倒なので、ブログに「インド短期旅行概論」を書いて、他の人の役にも立つようにと考えてます。

【インド旅行の定番ガイドブック】
旅行に出るときには、やはりガイドブックを持っていったほうがいい。
長期旅行ならば、ガイドブックを現地で買ってもいいし、現地で情報を仕入れることも可能だ。
ところが短期の旅行だと、旅先で調べる時間がもったいないからね。
「地球の歩き方」には信用できないとの悪い噂もある。
でも、「地球の歩き方・インド」は、なにしろ1981年からインド編を出している]のだから、間違いも修正されているはず。で、ある程度信用できるだろう。
実は僕は1980年代の始めに、「地球の歩き方・インド」でインドを旅したことがある。
その時は、ニューデリーのコンノートプレースで、「地球の歩き方」の地図に載っているが存在しない酒屋を探し回った。
ジャイプールで地図の縮尺が間違っていて、僕はものすごい距離を歩いていこうとした。
大変な本だったが、もうあれから20年以上たっているのだから、中身は信用できるはずだ。

「地球の歩き方・インド」
それから、「Lonely Planet India」は必携。
インドは英語がどこでも通じるので、英語のガイドブックの方がいろいろと便利なんだよね。

「Lonely Planet India」
【インド旅行の地図】
インド亜大陸は大きい。
しかし、ガイドブックの地図は小さすぎる。
そこで、一枚大きい地図を持っていくと、全体像がつかみやすいでしょう。
インドをぐるりと一周する人は、インド全図がいいでしょう。

India Map (Nelles Maps)
でも、インドは大きい。
今では、インド全体を一度に周遊する人はあまりいないかも。
そんな時は、自分が旅をする部分の地図を持っていくと、わかりやすい。
例えば、西インドだけを旅するならば、西インド地図もいいでしょうね。
大きい地図だと、列車の駅まで細かく載っている。
だから、列車に乗っているときに、自分がいまどこにいるのか、よく理解できて安心。
西インド旅行では、アーメダバードからジャルガオンへ「2833 Howrah Express」で、移動したときに使った。
ジャルガオンへ駅の到着前に、手前の駅を地図で確認していたので、あわてなかったんだ。

India West Nelles Map (Nelles Maps)