インド門(India Gate)/運転手付き専用車で市内ツアー@デリー/インド

【インド門の周囲には車がたくさん停まっている】
車を借り切った最初の予定では、「クトゥブ・ミナール」「フマユーン廟」を見て、「インド門」の写真だけでも撮って、あとは「レッドフォート(ラール・キラー)」で終わりにして、オールドデリー駅へ行くつもりだった。
というか、これが僕と同行の日本人旅行者君の計画だった。

でも僕は、二十数年前(三十年近く前)にデリーへ来た時に、レッドフォートは自分で歩いて行った。
だから逆に、「それはちょっと無理じゃないか」と思っても、反対できなかったんだ。

クトゥブミナールとフマユーン廟を見たら、だんだん時間がなくなってきた。
とてもとても、レッドフォート(ラールキラー)をじっくり見る時間はない、と(僕は)感じたね。

運転手さんは当然それを感じているはずだ。
だから、インド門(India Gate)は通り過ぎるだけでもいいと、「オンリーフォト!」と指示をした。

ただ、インド門へ行くと、さすが観光地らしく、道路横にインド門を見に来た車がずらりと並んでいた。
そこで、車から降りて、とにかくインド門の写真を撮る。

ここで、ウンチクを書いておくと、デリーの「インド門」は「India Gate」なのに対して、ムンバイ(ボンベイ)の「インド門」は「Gateway of India」です。
こういうところで、軽く知性を見せると、モテルかもしれません。
そうそう、1985年に、メインバザールの安ホテルから、コンノートプレイスを通って、インド門へ歩いたことがあった。
歩いていると、声をかけられて、寄付を頼まれた。
確かボーイスカウトの制服を着ていたのかな。
信じはしなかったが、バッジか何かくれるというので、面白がって少し寄付したことがある。
1996年に、ジンバブエからザンビアの国境、ビクトリアフォールズへ歩いていた時も、少年に声をかけられて、「ボーイスカウトです。寄付をお願いします」と言われた。
この時は、(ミエミエの詐欺だと思ったので)軽く無視したけどね。
2007年にインド門へ来た時、1985年の寄付をねだってきた少年のことを思い出した。
ついでに、1996年にビクトリア滝を歩いた時の、敬礼をした黒人少年のことも浮かんできた。
やはり僕の旅は深いなー。
だから、ちょっと旅しただけで、旅行記を書いてはダメなんだよ。
【旅行哲学】デリーのインド門は「India Gate」、ムンバイのインド門は「Gateway of India」
『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx