ゴビンドホテルに泊まって、アーメダバードへの鉄道切符を探す@ジョードプル/インド

【ゴビンドホテル(GOVIND HOTEL)@ジョードプル】
バックパッカー旅行の実態を知らない人は、「宿を自分で見つけるなんて大変だろうなー(尊敬)」と思うらしい。
その幻想を破るのは心苦しいが、正直に書いておこう。

バックパッカーなんて、ただ「Lonely Planet」に書いてあるホテルを渡り歩いているだけだ。
日本人の場合は、「地球の歩き方」もあるが、これは正直、あんまり頼りにならない。

僕はだから今度のインド旅行では「Lonely Planet」と「地球の歩き方」を持って行った。
2つのガイドブックを照らし合わせて、その中で地理的に便利そうな宿を選んでいるだけなんだよ。

僕がジョードプルへ行った理由は、ただ単純に、ジャイサルメールからアーメダバードへ移動するための、飛び石だ。
もちろんジョードプルを見下ろす「メヘラーンガル砦」を見る気がないわけではないけれど。

アーメダバードにもたいして行く気がない。
アーメダバードは二十数年前に来た。
ウダイプールから鉄道でアーメダバード駅へ着いて、そのあとは、町を歩いて人に聞きまくって、宿を探した記憶がある。
そのあと、やはり鉄道で一気にムンバイ(そのころはボンベイと呼んでいた)へ行った。
実は僕の2007年の旅行の目的は、デリーについての興味深い問題を解決することだった。
それがあの「デリー空港深夜到着問題」「デリー空港からメインバザールへの移動問題」「ニューデリー駅の外国人予約窓口発見問題」だった。

これについては、さすが世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)がやったら、あっという間に解決してしまった。
おまけに「シゲタトラベルの信用度調査」も済ませてしまったからね(笑)。

あとはそうだねー、二十数年前に行きそこなったジャイサルメールへ行くこと。
おまけが、2005年にちょっと迷ったアジャンター石窟、エローラ石窟を見ること。

アジャンターやエローラを見るにしても、アウランガバードから行ったのでは芸がない。
地図で見つけたたけのジャルガオンという町から下りたい。

そのジャルガオンへ行くための起点がアーメダバードなんだよ。
それとできるだけ疲れる移動はしたくない。

ジャイサルメールから昼のバスで6時間の移動をしたら、ホテルのベッドでよく寝る。
よく寝たあとで、次の日の昼の列車でアーメダバードへ移動して、アーメダバードのホテルで寝る。

さらに、アーメダバードから昼の列車でジャルガオンへ向かうというものなんだ。
西インドの主要都市からジャルガオンへ向かう列車はすべて、スラット(SURAT)という町を通る。

「Lonely Planet」によると、SURATはインドで2番目に汚くてうるさい町、という話。
こんなところに泊まることになるとしても、また興味深いね(笑)。

スラットからならローカル列車がジャルガオンまで確実にあるだろう。
スラットに泊まるとしても、それもまた、いい話のネタになる。

だから、ぼんやりと考えていたところでは、ジョードプル、アーメダバード、スラット、ジャルガオンと昼間移動して夜はゆっくり寝ることの繰り返しをやろうとしていた。

しかし、こういう超高速旅行になると、旅行能力が見事に現れる。
つまり、現地で自分で移動手段を捜さなければならないんだからね。

【NORTH-WESTERN RAILWAY ADVANCE BOOKING OFFICE】
ゴビンドホテルに泊まった理由、それはゴビンドホテルの向かい側に「NORTH-WESTERN RAILWAY ADVANCE BOOKING OFFICE」という鉄道予約オフィスがあったから。
だから、ジョードプルに着いて、宿を決めたら、すぐに予約オフィスへ行った。

問題だったのは、このオフィスには外国人向けの窓口が存在しなかったこと(涙)。
窓口でいろいろ聞いてみたが、明日の夜の寝台車の切符は取れない。

ただ、「明朝6時半にアーメダバード行きがあるが、これはジョードプル駅の窓口で2時間前から売られる」とのこと。
これは疲れる。

取れるかどうかわからない切符を待って、朝の4時半から駅の当日切符売り場に並ぶなんてね。
多分、旅行神が世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)に「列車には乗るな」と啓示をあらわしているのだろう。

【旅行哲学】神は世界旅行者に啓示をあらわし、世界旅行者はそれに従う
『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リストINDEX
xxx