フマユーン廟(Fumayun's Tomb)/運転手付き専用車で市内ツアー@デリー/インド

【フマユーン廟の最初のゲート】
ここで、インドの遺跡、名所の外国人入場料金がボッタクリだという話をしよう。
例えば、フマユーン廟の入場料は外国人の場合は、5ドルまたは250ルピーだった(2007年)。

仮に1ドルが120円、1ルピー3円で計算してみる。
すると、5ドルは600円、250ルピーは750円だ。

だから、ここでは5ドルで払った方が有利です。
もちろん常にドルの小額紙幣を持っている世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)だから簡単に払えた。

しかしもっと安く入場したい場合は、インド人になることだ。
なにしろ、フマユーン廟のインド人入場料金は、なんとたったの10ルピー(30円)なんだから。

インドには遺跡が多いから、入場料の節約のために、インド人と結婚することを考えてもいいだろう。
というわけで、とにかく入場料が高い。

【フマユーン廟の入り口入ってすぐくらい。奥のゲートを抜けてまだ先がある】
入場料が高いならば、ゆっくりと時間をかけて見たいものだ。
ところが車を借り切っている場合は、ゆっくりと見たら損になる。

市内ツアーで専用車を借り切ったとしても、車はもちろん遺跡の入り口へ行くだけだ。
最初の「クトゥブミナール」にしても結構敷地は広かった。

【フマユーン廟の前にて】
遺跡の隅々まで見て、入場料の元を取ろうと、じっくりと感動を味わっていたら、すぐに1時間はたってしまう。
でも、一つの遺跡で1時間も使っていたら、ほとんど回れないよ。

だって、車に乗ったメインバザールから、デリーの南にあるクトゥブミナールへ行くだけで、45分くらいかかってるんだから(笑)。
つまり、駆け足で見て回るしかない。

【フマユーン廟の説明】
クトゥブミナールの次は、「フマユーン廟」というお墓。
これは「小型のタージマハル」みたいなものだ。

ところが、目的のフマユーン廟へたどり着くまでの道のりが長かった。
ゲートがあるのでそれをくぐったら見えるかと思うと、また次のゲートがある。

【フマユーン廟の前の世界旅行者】
しかも、もちろんその長い経路を往復しなければならないんだから(涙)。
これも、走りまではしなかったが、とっとと往復して戻った。

車の運転手さんは、あまりに僕たちが早く戻ってくるのでびっくりしていたようだ。
フマユーン廟、クトゥブミナールの場合は靴を脱ぐ必要はない。

早歩きできるようにスニーカーで行くのがいいでしょう。
でも、時間があったら、朝から自分で市バスや地下鉄で移動して、歩き回った方が楽しめるかも。

ただそれには、インド旅行にじっくりと時間をかけなければならないよ。

【旅行哲学】インドの遺跡入場料は外国人に対して、異常に高い。

『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx