ジャルガオンからローカルバスでファルダプールへ@マハラシュートラ州/インド

【アウランガバード行きのバス@ジャルガオンのバスターミナル】
「2833 Howlar Express(Ahmedabad-Howlah/Kolkata)」でジャルガオンへ到着。
駅前にはオートリキシャーがたくさん客待ちをしている。

到着は午前10時23分の予定だったが、実際は10時50分になった。
つまり、ここで約30分遅れている。

インド鉄道で30分の遅れは想定内だ。
すぐに駅前へ出て、(時間もあることだし)写真を撮った。

駅までにオートリキシャーがたくさん待っていた。
「バスターミナル20ルピー!」と声をかけると、喜んで乗せてくれた。

おそらくは、インド人ならば10ルピーで行くんじゃないかな。
バスターミナルは駅からまっすぐ進んで、ちょっと曲がったところだった。

バスターミナルへ行って、ファルダプール(ファルダプル)へのバスを聞くと、すぐに教えてくれた。
それをまた、バスターミナルの案内所で確認する。

さらに、乗客や車掌にも再確認する。
というのは、このクラスの地方のバスターミナルになると、英語の表示が全くないからね。

バスは、ローカルバスらしく、通路を挟んで右側に3席、左側に2席の一列5席の配置になっていた。
切符はバスの中で車掌さんに支払う。

ファルダプールへの料金は、2003年発売の「Lonely Planet(第10版)」には28ルピーとなっていた。
が、50ルピー渡すと、おつりが12ルピー、つまり38ルピー取られた。

確かに、物価は上昇しているだろうが、ちょっとボラれているような気もする。
でも僕としては、無事にファルダプールへ行ってくれればいい。

ファルダプールとは、アジャンター石窟観光の基地になる町だ。
アジャンター石窟へは、ファルダプールからもう少し南下した「T字路(T-junction)」から入ることになるようだけどね。

ガイドブックを読んで、ジャルガオンからアジャンターへのT字路へは2時間くらいかかると考えていた。
ところがファルダプールへは、(実は厳密に時間を計っていたが)たった1時間16分だった。

【ジャルガオンからアウランガバード行きのバス@ファルダプル】
どのバスもこのファルダプールで休息を取るようだ。
ここには、軽い食事を取れる店が並んでいた。

ファルダプールはアウランガバードとの中間地点だから、ローカルバスでも休息があるのも納得かな。
ここで食事をしたりトイレに行ったりすれば、アジャンターのT字路へ着くのがジャルガオンを出てから2時間後くらいになるかもしれない。

【MTDCホテルリゾートの入り口@ファルダプル】
ところで僕が泊まろうと考えたのは、ファルダプールにある「MTDCホリディリゾート」だ。
ファルダプールでバスを降りて、そこらの人に聞いたら、簡単にわかった。

バスが停まった向かい側が目的の「MTDCホリディリゾート」だったんだ。
僕の予測では、宿は必ずあるはず。

現在の観光客は忙しいから、アウランガバードの宿に泊まって、アジャンターやエローラへは日帰りする。
わざわざファルダプールで泊まる人は少ないだろう。

だから、アジャンター石窟の近くに建てたこのホテルには確実に部屋があると予想していた。
そしてその通り、この日このホテルに泊まったのは、僕1人だったよ(笑)。
さてここで、疑問に思う人もいるだろう
アジャンター石窟よりも前に、何の変哲もない「ジャルガオンからファルダプールへのローカルバス」の話をなぜ書くんだろう?ってね。

それは、結局、世界遺産の遺跡などというものは、どれを見てもそれほどの感動はないから。
「あーなるほどね。こういうものか。ナットクー♪」程度の感想しかないんだ。

しかし、自分でローカルバスを乗り継いで、目的地(ファルダプール)に行く。
そこで予約なしに宿に飛び込んだら部屋があった。

この旅のやり方が、遺跡を見るよりも、ずっと感動的なんだ。
これが「海外個人旅行」の、本当の面白さなんだね。
注:ジャルガオン〜ファルダプール〜Tジャンクション(アジャンター石窟入口)〜アウランガバードのローカルバスは、午前6時から30分ごとにあるとのこと。
【旅行哲学】世界遺産の「アジャンターの石窟」よりも、ジャルガオンからファルダプールへのローカルバスの記憶が鮮明。これが本当の海外個人旅行ね。
『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx