【注意!】メインバザール(パハールガンジ)は実はインドではない@デリー/インド

【外国人旅行者が見て、「これがインドだ!」と感激するために飼われているウシくんたち】
現在の日本人のインド旅行というのは、ほとんどが1週間程度の、短期の北インド駆け足旅行だ。
ある程度長めの旅行(1か月〜2か月)の人も少しはいるかな。

しかし日本のライター諸君の中には、たった1か月のインド旅行でインド本を1冊でっち上げようなどという、神を恐れない所業を敢えて行うものもいる。
ただし、そういう天に逆らうことをやると、必ず天罰が落ちることになっているけどね(笑)。

こういう1週間から2か月程度の短期中期の旅行者は、日本からインドへの航空券の関係で、デリーへ入ることになるだろう。
すると彼らが最初に体験するのが、「デリーのメインバザール(パハールガンジ)」だ。

メインバザールはとにかく人が多くて、昼間は通りを歩くのも困難だ。
なにしろ、自転車やオートリキシャー、普通の車まで、狭い通りにひしめき合っている。

また、インドの定番ウシくんたちが、堂々と人間と隣りあわせで、メインバザールを歩き回っている。
これを見ただけで、インド本を読み漁ってきた日本人旅行者諸君は「これだ!これがインドだよ!」と感激することになっている。

でもね、世界百カ国以上を個人旅行した日本で唯一の本当に本物の世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)に言わせてもらうとだね、これは「インド人に騙されている」んだよ。

それは、この混雑したメインバザールを一歩離れて、デリーの別の通りを歩いてみればわかる。
そこには、ウシも歩いていないし、ましてや(観光客用の)ゾウもいない(笑)。

【観光客用のゾウさんは、メインバザール以外には存在しない】
僕はすばやく見抜いたよ。
つまり、このメインバザール自体が「観光客用のインド」なんだってね。

【こちらではゾウさんとウシくんが一緒に見れました】
メインバザールは、結局インドへやってきた観光客がまず第一歩を印すところ。
また、観光客が「インドとはこういうところなんだ!」と感動するところ。

さらには、その「インドへやってきただけで感動している旅行初心者を、インド人たちがよってたかってボッタクルところ」なんだよ。
それ以上でもそれ以下でもない。

【メインバザールには観光客向けの店がずらりと並んでいるが、もちろん、それはインドではない】
メインバザールとは、海外からの旅行初心者(だってまともな旅行者はこんなところに長居するはずはないからね)に「インド幻想」を与えて、そこで金儲けをするためのところなんだよ。

ところがこんなミエミエの仕掛けに感動して、「メインバザールがインドだ!」などと感動する、日本人ライター諸君がたくさんいる。
その理由は、彼らはまともなインド旅行をする能力がないから。

だって、もともと旅行を知らないだから。
ライターの入門が「適当な海外旅行記を、感動とお涙ででっち上げる」というのは、もうみんな知っていることだよ。

だから、日本で唯一の本物の世界旅行者であるみど先生は言っておきます。
「インド旅行記を書くようなライターはダメだ」ってね。

【旅行哲学】いまどき観光客向けのデリーのメインバザールを見て「これがインドだっ!」感動していてはダメだ。
『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx