エレファンタ島の石窟(Elephanta Caves)@ムンバイ/インド

【石窟への入場券売り場/入場料を見てください】
インドの遺跡入場料が馬鹿高い話を何度もしてきた。
ここでは、その証拠を示そう。

(見にくいかもしれないが)写真の入場料のところを見れば、はっきりとわかる。
エレファンタ島石窟の入場料も、インド人は10ルピー(30円)なのに外国人料金は5ドル(600円)または250ルピー(750円)。

「Lonely Planet India(10th)」によると、一度外国人料金を10ドル(1200円)に上げた。
そのあと、また10ドルを5ドルまで下げたんだってさ。
きっと観光客が激減したのだろう(笑)。

僕だって、入場料が10ドルならば、最初から行かない。
僕が最初にインドを旅した20年以上前(30年近く前)は、多分外国人料金そのものが存在しなかった、と思う。

僕には、遺跡の入場料が高かった、という記憶が全くないから。
とにかく、驚くような値段ではなかったはずだ。

現在インド中の遺跡で外国人からぼったくっている5ドルが、もう限界じゃないかな。
インドも経済発展を遂げつつある。

だから、外国人に遺跡の入場料を高くするなんて、けちくさいことはやめて欲しいものだ。
バックパッカーにとっては、もともとムンバイにいること自体が、特に宿泊料ですごく金がかかるしね。

しかもムンバイでは、レストランで飲むビールが1本最低150ルピー(450円)なんだよ。
これでは、ビールの値段は、東京の焼き鳥屋よりも高いじゃないか(涙)。

タージマハルホテルだといくらするか?考えただけで冷や汗が出る。
蒸し暑いムンバイで、旅行者が一日の最後にビールを思い切り飲めないならば、誰も観光に来ない。

これを観光局の幹部の皆さんに指摘しておきます。
インドの経済が順調で、日本からはANAが全席ビジネスクラスのビジネスマン向け直行便をとばしている。

企業の人間ならば、もちろん飲み食いは会社持ち。
いくら高くても気にならないだろうね。

実際ムンバイには、ニューヨーク並みの高級日本料理店が続々誕生しているらしい。
日本社会においては、結局、会社勤めをして、会社の名前を使って、会社の金で飲んだり食ったり、社内恋愛したりするのが一番いい生き方なんだよね。

奴隷のような生活だが、いい生活のできる奴隷は時々「奴隷王朝」を作ったりもできるんだし。
ただ一般的な会社員は、会社を辞めたとたんに、自分そのものもまた、なくなってしまうわけだが。

僕も時々は、「奴隷の生活の方が良かったかもしれない」と、思わないことはないんだよ。
でも、人生は一度きりなので、後悔してもしかたないさ(涙)。

【Triple-Headed Shiva, destroyer, preserver and creator】
この石窟の中心は「シバ神(Shiva)」だ。
このシバ神の3つの頭を持った像。

この3つの頭があらわすのは、シバ神の3つの形。

「Lonely Planet」によると、この3つの頭は、破壊神(destroyer)、維持神(preserver)、そして創造神(creator)をあらわしているのだとか(この解釈はいろいろあるようです)。

【リンガを祀る部屋の前で/心眼で見ると奥のリンガが感じられるかも】
この写真は、エレファンタの第一窟の「リンガ」の部屋の外に、僕が立っている姿ね。
ちなみに、リンガとは「ポコチン」のことです。

明るいパソコンで見ると、奥にリンガがはっきりと見えるはずです。

【エレファンタ第一窟の出口】
こうやって、第一窟を出てきました。
他にもいろいろと見るところはありますが、僕はこれで十分。

前にも書いたと思うけれども、ムンバイは人間があっさりしていて、しつこくない。
石窟へ行く石段の両側に、お土産屋さんがたくさん並んでいます。

が、怖がることはない。
一応声はかけてくるものの、どうしても売ろうとする気力が全く感じられない。

他のインドの観光地では考えられない。
これは多分、シバ神の世界観が染み込んでいるからではないかな。

【旅行哲学】シバ神の力が及んでいる土産物屋は、しつこくない。
『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx