DAULATABAD FORT(ダウラタバード/ダウラターバード城砦)@AURANGABAD(アウランガバード)/インド

【Chand Minarを背にした世界旅行者】
MTDCホリデーリゾートを9時ちょっとすぎに出たツアーバスは、町を出てたらたらと走る。
僕は何にも考えないで、ボーッとしている。

海外でのある町の市内バスツアーというのは本当に気楽だ。
僕のツアーバス記憶でまず思い出すのが、ツアーで北朝鮮へ行った時。

とにかくツアー参加者が変な人ばっかりだったので、座るたびに違った人と一緒になって、話をするのが興味深かった。
北朝鮮のツアーに参加するような人は、海外旅行に行き尽くしているか、熱心な北朝鮮マニアだ。
みんなが、それぞれ、とんでもない旅行話を持ってたからね。
また、北朝鮮のガイドさんと日本人参加者の話をこっそりと聞くのも面白かった。

ただこの話は、別に詳しく、「北朝鮮旅行記(1997)」で書く予定です。
いつになるかわかりませんが、それを気長に待ってください。

中央アジアを旅したときも、ツアーバスでのんびり過ごしていたものだ。
2005年のインド旅行では、ハンピをツアーバスで回ったっけ。
そうそう、僕が新婚旅行で訪れたシンガポールも、バンコクも、香港も、それぞれの町で、まずは市内ツアーに申し込んだよ。
市内ツアーだと、いろいろ考えないで済むところがとても楽だ♪

僕にとってツアーバスが魅力的なところ。
それは、ガイドさんの話を聞く人たちがいるのを横目に、自分だけふらふらと他のところを見たりできること。

これが個人でガイドを雇ってたりしたら大変だ。
もちろんお金もかかるけれど、ガイドの説明を聞かなきゃいけないからね(笑)。

写真を撮ってくれる相手を探すのに不自由しない。
ただ、最近はどこへ行ってもカップルの旅行者が多いので、気楽に話しかけにくいのが問題だ。

個人旅行の欧米人がいれば、互いに写真を取り合うようにするのは、簡単なんだけどね。
このツアーにはイタリア人の中年カップルがいた。

イタリア人の中年男性は、結構人なつっこくて、向こうからいろいろと話しかけてきた。
これからあとのツアーでの写真はほとんど彼が撮ったものだ。

【丘の上の砦を望む】
僕としては、このダウラタバード(ダウラターバード)の砦は、存在そのものを知らなかった。
エローラ石窟へ行く途中にあるだけの、インドのどこにでも良くある砦だと考えた。
しかしこの砦の入場料が外国人は5ドルまたは250ルピー、なのだから、結構大きい遺跡だと考えられる。
もっと軽い遺跡?だと、料金は2ドルになるからね。

僕としては、砦の入り口をうろうろして、高い塔の前で写真を撮ってもらったらそれで十分。
とっとと駐車場に戻って、近くの食堂でチャーイでも飲んでタランとしたい。

ところが、ガイドさんはどんどん先へ進んでいく。
しかもこの砦は、思ったよりもずっと大きくて、次々と見所が出てくる。

【ダウラタバード(ダウラターバード)のお猿さんたち】
この遺跡にはどこか(映画かなにか)で見たようなお猿さんたちがいた。
勝手に住み着いているようだね。

【ダウラタバードの砦の上から入り口方向の風景】
本当は砦の上まで登るつもりはなかったのだが、ツアーの皆さんと一緒にだらだらと歩いているうちに、上まで登ってしまった。
そこで、砦の上から入り口方向の写真を撮りました。

写真で人が集まっているところは、巨大な大砲の砲身が転がってるところです。

【きれいなサリーを着て頭に何か乗せている女性は、なんと建設労働者さん】
とっとと出口へと戻っていくと、きれいなサリーを来た女性が何人も、頭の上に何か乗せて上ってくる。
実はこの砦は修復工事の最中。

つまり、このきれいな服の女性たちは、建設労働者なんだ。
頭の上にあるのは修復材料です。

本当に一人一人の服がきれいで、色彩の組み合わせがステキでした。
その中でも目立っていた女性の写真をツアーの仲間が撮った。

すると、その目だった女性を取ったツアー仲間が、お金を要求された。
僕はビビッて撮りませんでした(涙)。

【ダウラタバードの入り口で昼寝をする犬くん】
入り口へ戻ると、説明板の下でのんきに寝ている犬くんを発見したので写真一枚。
あとは、砦を出て、バスの出発まで休息。

駐車場横の食堂でチャーイを飲んだ。
トイレを借りようと場所を聞いたら、結局は食堂の裏で立ちしょんべんをすることになった。

インドではまだまだ、屋外トイレが普通みたいだ。
ダウラタバード(ダウラターバード)の砦は、思いがけなく、なかなかのものだった。

でも、自分ひとりだったら、わざわざ来ることはなかったろうね。
こういうところへ簡単に来れるのが、ツアーのいいところかな。

【旅行哲学】旅先の町での1日ツアーというのは、内容充実。
『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx