コテッジイエスプリーズ(Cottage Yes Please)と、シゲタトラベルのラジェンダさん@Pahar Ganj(Main Bazar)/New Delhi/India

【Imperial Cinemaの反対側を左に入ったところに「Cottage Yes Please」がある。うっかり写真を撮り忘れた】
最近の海外個人旅行では、旅行者の旅の期間が短くなった。
正直言うと、本格的な旅行者はいなくなった。
それは、ある意味、本物の旅行者である僕にとっては、とても有利なんだけどさ(笑)。
本物の旅行者は、まず、旅の計画を立てないもの。
短期の旅行が主流になった現在では、何でもかんでも日本から予約するのが流れになっている(涙)。
インターネットの海外旅行掲示板の質問も、「○○列車をネットで予約するにはどうしたらいいでしょう?」というのが主流だ。

もともと海外の列車なんて、その場で切符を買えばいいだけ。
しかし席が取れない恐怖で、よく考えもしないで、焦って予約をしてしまう。

すると、次に出てくる質問は、「予約を変更するにはどうしたらいいでしょう?」「予約キャンセルの方法を教えてください」だよ(涙)。
こんなにあれこれ心配ばかりして、仕事のように計画を立てて予約しまくるくらいなら、海外個人旅行なんかに出ないほうが気楽じゃないかい?

旅とは基本的には「自由」ということだよ。
旅から自由を削除してしまったら、それは団体旅行と変わらない。

海外個人旅行は常に、自由を最大限に考えるべきだ。

最初から誰かと一緒に旅に出る計画を立てたりせず、旅先で偶然出会った人と一緒に行動する。
見たこともないホテルを予約したりせず、自分の目で部屋を見て、お湯が出るかどうか確かめて、宿を選ぶ。

朝起きたときに「さて今日は何をしようか?今日はどんな出来事が起きるだろうか?どんな人間と出会えるだろうか?」と感じること。
これが海外個人旅行の本質なんだからね。

しかし、僕もずんずんずんっと歳をとってきた。
いつまでも若くはない。

だから旅先で、バックパックを背負って、宿を探して歩き回るというのも、体力的に大変なんだよなー。

今回の西インド旅行は、とにかく短期間だった。
ちなみに、誤解がないように言っておきますが、西インド旅行は西インド諸島旅行ではありません。

期間が短いのだから、日本からデリーの宿を予約しても変ではない。
インターネットやインド現地の旅行代理店を通して列車の予約をしても、言い訳は立つ。

ただ僕の感覚として、どうしても、「現地で自分で決めたい」んだよ。
特に宿は自分の目で見ないと安心できない。

列車については、別に、いつどの列車にどうしても乗らなければならないというわけではない。
予約が取れた列車に乗って、それに応じて旅行計画を立てればいいだけだしね。

また、現地で自分で窓口に行って、自分で切符を取るというのは、海外個人旅行としてはポイントが高いんだ。
海外旅行というのは、どれだけ自分の旅行を自慢できるか、すべてはここにかかっている。

そういう点で、空港からの出迎えも頼まず、ホテルは歩いて飛び込みで決めて、列車の切符も駅の窓口で予約する。
これをやっておくと、インド旅行が深くなるわけだ。
だって、インド旅行というものは、「自分でいろんなトラブルを乗り越える」こと自体に価値があるのだから。

しかしもちろん、メインバザールの宿に心当たりがないわけではない。
僕は「Lonely Planet India」でメインバザールの宿のトップに紹介されていた「Hotel Star Paradise」を当たってみようと考えている。

ほとんどの店が開いていない、がらんとしたメインバザールをバックパックを背負って歩いていく。
すると朝の7時だというのに、ホテルの客引きが声をかけてきた。

それをかまわずスターパラダイスへ突入する。
部屋はあったが、窓がなかった。

想像していたよりも、全体的にみすぼらしく、ずっと汚い。
わざわざ選んで泊まるレベルのところではない、と感じた。

ちなみにこの「Star Paradise」は、「Lonely Planet India」の10版ではトップに紹介してあるが、11版になるとそれほど推奨してはいない。
11版でトップに紹介してあるのは「Hotel Namaskar」になってます。

「Lonely Planet India 11th edition」
次の心当たりが、「コテッジイエスプリーズ(Cottage Yes Please)」。
ここは、日本で有名な旅行代理店の「シゲタトラベル」が入っているとのこと。

世界旅行者としての立場というものは、日本人の一般旅行者の皆さんが気にしていること、不安に思っていることをズバリ解決することにある。
だから、シゲタトラベルのラジェンダさんが信用できそうな人間かどうか、チェックする。

出来たらラジェンダさんと一緒に写真を撮る、という目的があったのだ。
コテッジイエスプリーズを見ると、非常にきれいなホテルだった。

メインバザールの安ホテルとは完全に格が違う。
ロビーは広く、受付もまともで、ちゃんとエレベーターもあるよ。

受付は僕を見て「予約があるか?」と聞いた。
雰囲気ではかなり客が多そうだ。

しかし、僕の笑顔が効いたのか、午前7時と、朝が早かったせいか、何とか部屋をくれた。
もちろん部屋を見せてもらったが、スターパラダイスを見ていたせいか、その差に唖然とするくらいレベルが高かった。

部屋は全設備つき(テレビ、トイレ、ホットシャワー、エアコン、シーリングファン)で、ライティングデスクもある。
もちろん窓もあり、小さなテーブルもありで、もう少し部屋が広ければ、一流ホテルといっても通らないことはないだろう。

実際、このホテルには韓国人のツアー客が20〜30人程度泊まっていた。
日本からインドへ入るときのショックを和らげるためにも、最初はこの程度のホテルに泊まるのもいいでしょうね。

ただあとで気がついたのだが、部屋を留守にする時に、受付の方でエアコンの元スイッチを切ってしまうようだ。
だから慣れてないと、戻ってきたら部屋のエアコンが入らず、バタバタするかもしれないね(僕もバタバタした)。

噂のシゲタトラベルはホテルの受付の向かい側に存在した。
朝食後に戻ってみると、ラジェンダさんがいたのでいろいろと話をした。

【シゲタトラベルのラジェンダさん@コテッジ・イエス・プリーズのロビー】
また、そのあともいろいろと世間話をしたり、友人の旅行相談をした。
僕も旅行とは関係ない個人的な相談に乗ってもらって、非常に助かった。

僕は2日付き合っただけですが、その範囲では、ラジェンダさんはかなり信用できる人だと思います。
シゲタトラベルでは、列車や航空券、ホテルの予約、デリー空港への送迎もやってるので、不安な人は頼むといいでしょう。

【空港から一緒に来た若者が泊まった「Anoop Hotel」】
ところで、コテッジイエスプリーズはきれいなだけあって、値段も高かった(最新の値段は下のホテルのサイトをチェックしてね)。
空港から一緒にやってきた、長期旅行の日本人学生さんにはちょっと泊まれない。

学生さんはもっとニューデリー駅寄りの「Anoop Hotel」へ直行する。
彼は105号室にチェックインする。

この部屋はシャワートイレ付きで350ルピー。
なかなか清潔で、悪くはない。
ただ、長期旅行のバックパッカーが泊まるには、ちょっと高いかな、という気がした。
でも、インドに着いた最初は、身体を休める(精神的なショックを和らげる)ためにも、ある程度のホテルに泊まった方がいいでしょうね。
アヌープの部屋にはシーリングファンの他にちゃんとエアコンも付いている。
しかしエアコンを入れると、部屋代が一気に200ルピー上がって、550ルピーになるとか(笑)。

空港からエアポートバスに乗って、無事にメインバザールに到着して、快適なホテルを決めた。
それではこれから朝食でも取りましょうか。

アヌープホテルの屋上には、有名な24時間営業のレストランがあるらしいしね。
でも、エレベーターがないのに疲れた足を引きずって、ルーフトップレストランへあがるのは疲れたね(笑)。

【旅行哲学】旅ではその日のベッドを確保すれば一安心。

『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx