地下鉄でメインバザールからコンノートプレイスへ@デリー/インド

【デリーの地下鉄ブルーライン/「R K Ashram Marg」駅のホームにて】
デリーにも地下鉄が出来たという。
バンコクにも広州にも出来ているのだから、発展著しいインドの首都デリーに地下鉄が出来るのは当然だろう。

しかも、どうやら世界中の旅行者が集まる「メインバザール/パハールガンジ(Main Bazaar/Pahar Ganj)」の端に駅があるようだ。
そうなれば、絶対に乗らないわけにはいかない。

メインバザールをニューデリー駅と反対方向へ進んで、ちょっと左を見ると、高架の駅が見える。
これがデリー地下鉄ブルーラインの「R K Ashram Marg」駅だ。

ロサンジェルスの地下鉄と同様に、町のど真ん中では地下鉄だがが、ちょっと離れると高架鉄道になっているってわけね。
地下鉄の乗り方は、はっきりいってバンコクと一緒。

トークンを買って、それを入場の時に接触させて、出るときには返却口に戻す。
「R K Ashram Marg」駅から、コンノートプレイスの「Rajiv Chowk」駅までの料金は6ルピー。

でもまあ、駅の名前のつけ方が意地悪だ。
「R K Ashram Marg」駅を「Main Bazaar」にしたり、「Rajiv Chowk」駅を「Connaught Place」にすれば、観光客にもわかりやすいはずだ。

それを敢えて、わけのわからない名前にするのが、きっとインド人のエリートの感性なんだと思うよ。
その感性は、駅の構造にも現れていて、駅のわかりやすいところに地下鉄路線図もない。

特にコンノートプレイスなんかは、地下鉄のイエローラインとブルーラインが交わっているところだ。
当然、どのホームがどこへ行くのか、わかりやすい表示が必要だと思うが、それが完全に欠如している。

しかしもちろん、世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は、わけのわからない問題を自分の頭と行動で解きほぐすことが得意だ。
まあこの問題も、簡単に解決できたが、読者の皆さんも自分でやってみてください。

【コンノートプレイス】
コンノートプレイスには、僕がまだ若いといっても通っていた二十数年前の最初のインド旅行の時に来ている。
その時は、(もう頭がぼけかけているのでぼんやりとしか思い出せないが)ずーっと歩いていたんじゃないかな。

コンノートプレイスの地下の店で、大東亜戦争直後日本に駐留していたというインド人の店主に親切にされたことを覚えている。
いまも、コンノートプレイスの地下(Palika Bazar)には、昔ながらの雑然とした商店街が存在していた。

ところで、僕がなぜコンノートプレイスに行ったかというとだね、一つには地下鉄に乗りたかったこと。
もう一つは、「日本人旅行者がコンノートプレイスに行くと、インド人や日本人が話しかけてきて、友達になったあと、ボッタクリ旅行社に連れて行かれる」という噂を確かめるためだった。

で、実際に地下鉄を出て、コンノートプレイスに立って「あれれ、ここはコンノートプレイスのどこに当たるんだろう」と迷った時、日本人の中年旅行者が、愛想よく話しかけてきたよ。
僕はその時、別の日本人旅行者さんと一緒だった。

もう1人の日本人はインドが初めてだったので、僕が連れまわしていたってわけね。
中年日本人旅行者風の人が、僕がちょっと迷っている時に、コンノートプレイスの構造について教えてくれた。

この中年旅行者はなかなかさわやかな感じで、僕はその時疑う気持ちは全くなかった。
でも、地下鉄から出てきたらすぐに話しかけてくるところが、(あとで考えると)いかにも怪しいね。

インドで知り合った別の日本人旅行者は、コンノートプレイスで日本人に話しかけられたという。
そして、マクドナルドで話をして親しくなったあと、旅行会社に連れて行かれそうになったんだって。

この若者が1人で歩いていると、インド人にも日本人にも、次々と声をかけられたとか。
結局、僕みたいなある程度の年寄りの場合は、(誰が考えても)軽く騙されることがないので、それで声をかけただけで諦めたのだろう。

ある日本人旅行者は、歩いていたら靴にウンコを付けられたとか。
靴磨きがウンコのことを教えたというのだから、靴磨きがウンコをつけたのだろうね。

まあとにかく、コンノートプレイスで話しかけたり、近寄ってくる人間は注意した方がいいだろう。

【噂のDTTDCを見学してきた】
コンノートプレイスでは、「DTTDC(デリー観光開発公団)」という名前をかたっているニセ旅行社が多いらしい。
それで、歩いている時に見つけた「DTTDC」の看板を出している旅行社の写真を撮りました。

これが本物なのか、ニセモノなのか、それはさすがの僕にもわかりません。
でも別に旅行社に頼る必要がないのだから、声をかけられたら断るのがいいでしょうね。

【旅行哲学】デリーの地下鉄に乗るのもいい体験です。
『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx