コラバ(COLABA)地区のホテル見て歩く@ムンバイ/インド

【SALVATION ARMY RED SHIELD HOUSE】
世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は、アウランガバードからバスでムンバイへ到着した。
そのあと、あちこち当たって「リージェンシーイン」に宿を決めた
バックパックを部屋に置くと、身体も心も軽くなる。
一応今日は、エレファンタ島へ行くつもりだが、その前に、ムンバイのコラバ地区を20数年ぶりに歩いてみたい。

何を隠そう僕は、「Lonely Planet」だけではなくて、「D28 地球の歩き方 インド 2007~2008」を持ってきている。
この本は僕が8月に旅に出る、その寸前に発行された。

新宿紀伊国屋書店で「地球の歩き方」を7月半ばに買いに行った時、ひとつ前の版しかなかった。
僕が古い版を買おうか悩んでいるのを知って、紀伊国屋書店のベテラン店員さんは親身になって考えてくれた。

発行予定日を調べて、「新しい版が出たら交換するということでいかがでしょう」と提案してくれた。
だから僕は、紀伊国屋書店が好きなんだよ。

紀伊国屋書店には、僕の本「世界冷や汗一人旅」が置いてあるしね(笑)。
ただ、新しい版には古い版のような親切心がないようだ。

例えば、デリー空港に夜中に到着した時にどうするかって重大問題について、古い版では「税関前で朝を待つ」という情報もある。
これは、僕が空港でいっしょになった日本人旅行者が持ってたんだけどね。

でも最新版では「ホテルに出迎えを頼んだ方がいい」としか書いてないんだから(涙)。
旅行ガイドブックというものは、旅行者にいろんなやり方を提案するものだ。

それを、たった一つ「ホテルに出迎えを頼め」とは、ひどいアドバイスだよ。
でももちろん僕は、「税関前で朝まで過ごすことを実際に体験した」ので僕の経験を参考にしてください。

とにかく、コラバ地区(インド門付近のホテルや店の多い地域)を歩いてみました。
今回の旅ではデジカメを持っている。

そして、ムンバイの後はもう帰国するだけ。
となれば、「暇つぶしにホテルの写真でも撮ってまわろう」と考えるのも、ごく自然なことだよね。
デジカメは現像代も不要なので、思い切って撮りまくれるし。
そして、デジカメで撮ったところで、公開しなければ意味がない。
というわけで、ここでは僕がコルバ地区を歩きながら撮ったホテル、ゲストハウスの写真を公開します。

まず、「地球の歩き方」のホテル紹介にもトップに載っている「サルベーションアーミー」だ。
ここはドミもあり、個室もありで、なかなかよさそうだね。

場所も非常にいい。
ただ中は見てないので、興味を持った人は自分で行ってください。

【ASCOT HOTEL】
ここはなかなか雰囲気のよさそうなホテルです。

【SEASHORE HOTEL/INDIA GUEST HOUSE/JANATA GUEST HOUSE】
コラバ地区の南の端に、一つの建物に3軒のゲストハウスが入ったところを発見。
世界各地でこういう風に、ゲストハウスが集まった建物というのはよくあります。

【HOTEL HARBOUR VIEW/STRAND HOTEL】
こちらは、港に面したホテル。

【SEA PALACE HOTEL】
これも、港に面したホテルですが、1人で泊まるようなところじゃないよね(涙)。

【REGENT HOTEL】
これは、ちょっと高級っぽいかな。

【MOTI INTERNATIONAL HOTEL】
これはリージェントホテルの隣。
ホテルは集まっているし、ネット予約も出来るようですから、気に入ったところを選んでください。

【CAUSEWAY HOTEL】
これは「コラバコーズウェイ」という賑やかな通りに面したホテル。
前にも書きましたが、ムンバイのホテルは不足していて高い。
仕事で行くのでない限り(まあ仕事で行くなら会社が金を払うだろうから関係ないが)、ムンバイには長居しない方がいいです。

【旅行哲学】自分で泊まらなくても、ホテルやゲストハウスを見て歩くのは面白いね。
『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx