インド旅行の元気はチャイ(チャーイ/chai)で得られる(ムンバイとコルカタのチャイ屋写真つき)

【チャイを飲む世界旅行者@ムンバイ(2007)】
僕が最初にインド旅行に出た1984年から1985年。
この時期は、ビールはとにかく飲めるところが限られていて高かった。
ミネラルウォーターはなかった(と思う)。
だから飲むものは、チャイだけだったね。
北インドの冬は結構寒いから、暑いチャイでホッとしたものだ。
チャイというのは、早い話ミルクティ。
でも、他にいろんな香料なんかが入ってるようだ。
インドに旅行した日本人は必ず、日本に戻ったあと、自分でインドのチャイを作ろうとするものだ。

でもそれは無理。
だって、中身が一緒でも、水が違うからね。

もちろんお茶の葉も違う(安いクズ茶を使うんだって)。
また、インドの暑い気候(暑くない場合もあるけれど)で飲むチャイは、日本で飲むのと全く違う。

例えば、汗をかいているかどうかでも、味は変わるだろうからね。
だから、インドが好きな人は、わざわざインドへチャイを飲みに行く人もいるわけだよ。

最初の写真は、ムンバイの朝。
ムンバイの街角で朝のチャイを飲む人に混じって、チャイを飲む世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)のお姿です。

この服は、デリーのパハールガンジ(メインバザール)の店で買ったもの。
上下あわせて200ルピー(6百円)で買えます。

日本に戻ったら、着る機会もないので、捨ててしまいました。
ムンバイの街角では、小さなガラスコップに入れてチャイを出していた。

小さなコップ一杯のチャイが、確か4ルピー(12円)ではなかったかな。

【サダルのチャーイ屋@コルカタ(2005)】
サダルストリートにも、もちろん、チャイ屋がありました。
ここは、一日中、インド人や旅行者で混んでいた。

小さなガラスのコップで2ルピー(6円)。
チャイ一杯の量はほんの少しだし、チャイに使う紅茶の葉は屑茶だ。

とすると、一つ一つは安くても、案外と儲かるのではないかな?
インド人の多いホテルでは、朝のチャイをボーイが部屋のドアまで持って来たりする。

これはちょっと高めで、5ルピーから6ルピーするよ。
レストランでチャイを頼むと、大きなコップに入ってくる。

でも、チャイは小さなコップだからおいしいので、量が多くなるとダメなんだよなー(笑)。
あとウンチクを言うと、北部インドではチャイ(ミルクティー)。

南部インドへ行けばミルクコーヒーになる。
このミルクコーヒーの入れ方が、高いところから放物線を描いてカップに注いだりする。

これもまた粋なんだ。
今では、インドのどこでも、お金さえ出せば、ビールやミネラルウォーターが手に入る。

すると、北インドのチャーイ(ミルクティー)や南インドのコピ(ミルクコーヒー)は、飲まなくてもインドの旅が出来てしまう。
それはそれで、とても大切なものを逃している気がするけどね。
『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx