私営バスターミナル@ジャイサルメール/ラジャスタン/インド

【私営バスターミナル@ジャイサルメール】
ジャイサルメールからジョードプルへのバスは朝から一時間おきに出発している。
料金は150ルピー(450円)。

ジャイサルメールからジョードプルまで、誰もが5時間で着くという(実際は6時間かかるけどね)。
このバスの切符は、ジャイサルメールのどのホテルでも予約してくれる。

ただどこから出発するのか、それはジャイサルメールに一泊しただけではわからない。
「ホテルパラダイス」で切符を買っても、その切符の値段がぼったくられているかどうか、わからない。

でももちろん、ホテルで切符を買う前に、世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は、お城の入り口にあるかなり大きな旅行社へ行って、料金について調べていた。
その旅行社もバスの時間と料金については同じことを言っていた。

バスターミナルへのオートリキシャーの料金が25ルピーだってこともね。
ただ、城内の広場からオートリキシャーに乗ったら、「城門からは25ルピーだけど、城内からは30ルピー」と断言されて、払ってしまった。

料金よりも何よりも、バスの出るところへ本当に連れて行ってもらうことのほうが大事だったので、白状します、僕はおとなしく30ルピー払いました。
バスターミナルといわれるところで降ろされたが、あまりにしょぼい。

だから、当然切符を見せてまわって、「このバスは本当にここから出るの?」と確認する。
確かにこのターミナルからの出発のようだ。

バスに何時間も乗るとなると、トイレが気になるのが、農耕民族でトイレが近い日本人の習性。
ただ僕が聞いた限りでは、このバスターミナルにはトイレはなかった。

あるのかもしれないが、僕は見つけられなかった。
正直、インド人は、大も小も、道端で済ませてしまうから、トイレはないのかもしれない。
よく見ると、バスターミナルの周囲には店がぽつぽつある。
その中には酒屋もあるんだ。
酒屋でビールの値段を聞いてみると、種類によって100ルピー、65ルピー、70ルピーなどいろいろだ。
ただ、トイレがないのに、調子に乗ってビールを飲むと大変なことになるので、ビールは諦める。

【ジャイサルメールに到着したばかりのバス】
あまりにさびしいターミナルなので、大丈夫かなーと思っていた。
が、そのとき、どこからかやってきたバスが停まった。

見ると、座席が2段式になっている。
そのまわりを、ジャイサルメールの客引きの皆さんがプラカードを持って取り囲んでいる。

ということは、この場所が本当に、私営バスターミナルなんだろうね。
次は、僕がジャイサルメールからジョードプルまで乗った2段式座席のバスの内部写真を公開してみよう。

【旅行哲学】ジャイサルメールの私営バスターミナルにはトイレがない(らしい)
『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx