インド門横からエレファンタ島へ頼りないボートに乗るとタージマハルホテルが良く見える@ムンバイ(ボンベイ)/インド

【ムンバイの定番、タージマハルホテル旧館、新館、インド門】
ムンバイに二十数年前に来た時、確かエレファンタ島へも行ったはずだ。
と思うんだけれど、記憶がない。

ひょっとしたら行かなかったのかもしれない(笑)。
もともとムンバイというのは、あんまり見るところがないんだ。

そうそう、「プリンスオブウェールズ博物館(The Prince of Wales Museum)」へ行った記憶はある。
ちょうどその日が、休館日で入場できなかったんだった。

エレファンタ島やプリンスオブウェールズ博物館といっても、普通の日本人にはほとんど知られていない。
つまり、そんなところへ行ったとしても、誰も興味を持ってくれない。

よほど面白おかしく話せる能力があるか、なにか面白い事件でもくっついてれば別だけどね。
僕みたいに、ムンバイのエレファンタ島(Elephanta Island)の話をする時に、エジプトはアスワンのエレファンティネ島(Elephantine Island)のエピソードまで話を広げられる知識量や旅行経験を持っていれば別。

何を話しても、無理矢理に興味深い話に持っていける(笑)。
でもそれは、普通のインド旅行者には無理だよ。

インドの名所旧跡というものは、外国人料金がばっちり設定されていて、それが非常に高額だ。
手許のガイドブックによると、プリンスオブウェールズ博物館にしても、インド人の入場料はたったの10ルピー(30円)なのに対して、外国人の入場料はなんと300ルピー(900円)だよ。

日本でだって、博物館に入るのに900円というのは、よほど特別の理由がない限り、2〜3日は考える金額だ。
インドでも、300ルピーといえば、物価が高くなった現在でも、十分に安宿に泊まって、食事が出来る。

東インドのプリーの日本人宿サンタナロッジなんかになると、1泊3色付き100ルピーだから、3日も食って寝ることが出来るんだから。

しかしうれしいことに、日本でもよく知られたムンバイの名所というのは無料で簡単に見れる。
タージマハルホテルの旧館(ついでに新館)、それとインド門。

これを一度に見るためには、ボートに乗って海から見るのがいい。
そのためには、海に出なければならない。

この風景を見る(写真を撮る)ためには、エレファンタ島へ行くボートに乗る。
ついでにエレファンタ島へもいけるしね。

というわけで、往復の船賃120ルピーを払って、ボートに乗りました。
この日は小雨がちょっと降っていて、風も強かった。

【すれ違うボートをパチリ】
ボートはこんなものです。
多分二十年前から変化はない。
ガイドブックによると、雨や波が強ければボートは運休するとのこと。

まあ、こんな船だから、それも当然。
僕は帰りの天候がちょっと気になったりしていた。

【ムンバイ港の中にある海軍の施設?】
ボートが港を出てしばらくすると、要塞?のような島を見ることができた。

【環境に優しいボートみたいです】
このボートは「環境に優しい」ことをアピールしていました。
アジャンタ遺跡のバスも環境に優しいエコバスでした。
どちらも、外見からはそんなふうには見えないけどね。

【エレファンタ島の船着場】
エレファンタ島の船着場に到着。
海が荒れていたら、こりゃとても安全とはいえないね。

ここで降りて、ミニ列車に乗ることも出来る。
歩いてエレファンタ島の石窟を見に行きます。

【旅行哲学】ムンバイでは、エレファンタ島行きのボートからインド門とタージマハルホテルの写真を撮るのが定番。
『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx