『ビービー・カ・マクバラー(Bibi-ka-Maqbara)』@アウランガバード/インド

【ビービーカマクバラー前の世界旅行者みどりのくつした】
アウランガバードに来たら、とにかく、近郊にあるアジャンター石窟エローラ石窟を見るのが大事。
僕は北から降りてきたので、アーメダバードからジャルガオンへ夜行列車で移動した。

ジャルガオンから、ローカルバスでファルダプールへ行き、アジャンター石窟を見た。
ファルダプールからアウランガバードへ行って、「エローラとアウランガバード一日ツアー」に参加。

【白い鳥が整列して世界旅行者を迎える】
一日ツアーの内容は、「ダウラターバード」「クルダーバード」「エローラ石窟」「ビービー・カ・マクバラー」「パーンチャッキー」だった。

正直、アウランガバードの町には特に興味を惹くようなところはない。
だから、昼間の一日を有効活用するためには、ツアーに参加するのがオススメです。

もっと時間のない人は、タクシーを借り切って、アジャンターとエローラ石窟を1日で見ることも十分可能ですよ。
さて、アウランガバードという町は、ムガール帝国の第6代皇帝アウラングゼーブの名前から取られたものだとか。

【インド婦人の服装が、イスラムとヒンズーと違うのが興味深い】
アウラングゼーブ帝とはいっても、普通の人は知らないだろう。
ところが、タージマハルで有名な「シャー・ジャハーン」は、第5代皇帝です。

第5代皇帝のシャージャハーンをアグラフォートに幽閉したのが、シャージャハーンの3男のアウラングゼーブだったんですね。
ところで、シャージャハーンは愛妃「ムムターズ・マハル」の死を悼んで、タージマハルを建設した。

【霊廟の中央には穴が開いていて、そこへお金を入れる人も多い】
「ビービー・カ・マクバラー」は、6代皇帝のアウラングゼーブの妃「ラビア・ドゥラーン(Rabia-ud-Daurani)」のために、その息子によって建てられた。
この時代は、タージマハルほどの豪華な霊廟を建設する力はなかった。
建設資材なども、タージマハルに比べると質が落ちるらしい。
そこで、ビービー・カ・マクバラーは「貧乏人のタージマハル(poor man's Taj Mahal)」と呼ばれているとか。

【霊廟から入り口を望む】
でも、人も少なくて、派手でなく、落ち着いています。
僕はこちらのほうが好きですね。
アウランガバードへ行って、時間がある時は、是非訪れてください。
『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx