朝のバルコニーからの眺め@ホテルパラダイス/ジャイサルメール/インド

【ホテルパラダイス101号室のバルコニーから右側(西)を見る】
ホテルパラダイスがいいのは、バルコニーつきの部屋があるところ。
僕が泊まった101号室のバルコニーに出て、右を見ると隣の102号室のバルコニーが見える。

このバルコニーに立つと、ジャイサルメールを遠くまで見通すことが出来た。
また、風が(この日はちょっと強めだったが)静かに流れていた。

だから、この部屋に泊まって、バルコニーに立っているのは、とてもキモチよかった。
部屋代の半分はこの景色の料金だといってもいいだろう。

思い起こすともっとずっと昔、バルコニーに立ったことがあった。
そう、あれは、パリの屋根裏部屋に泊まった時だったね。

確か4階建てか5階建てのパリの町並みに溶け込んだホテルの本当の屋根裏部屋。
なので、部屋の天井が斜めになっていた。
窓も傾いていて、その窓から細いバルコニーが突き出している。
シャワーもトイレも共同の安ホテルだったが、このホテルのことを思い出す。

偶然にホテルに泊まったら、屋根裏部屋に通されただけだ。
パリの安ホテルの屋根裏部屋に泊まるという体験は、一流ホテルに泊まるよりもずっと話のネタになる♪とうれしかった。

パリの街を古いホテルの屋根裏部屋のバルコニーから見下ろすなんて、これは得がたい経験だからね。
近代的なホテルに泊まるよりもずーっとポイントが高い。

【ホテルパラダイス101号室のバルコニーから正面(南)を見る】
そういうわけで、ジャイサルメールの宿に泊まるならば、フォート(城砦)の中の宿。
宿は砦の端っこにあって、部屋のバルコニから平原が遠く見渡せるところ、これがいい。

ホテルパラダイスの101号室はまさしくその部屋だったわけだ。
もっといいホテルは、城砦の西にあって、夕陽が見えるところだろうとは思う。

ただそれだと、西日が差してちょっと不都合かも。
どうしても夕陽が沈むのを見たいならば、あちこちにある屋上レストランに行けばいいだけだ。

101号室のバルコニーから日暮れにも景色を見て、一泊して、翌朝も景色を見る。
すると、「もうこれで十分」という気持ちになった。

もっと時間(とお金)がたっぷりあったならば別だろうが。
同じ部屋に泊まって、部屋のベッドで砂漠を渡ってくる風にふかれながら、本でも読んでうとうとするのはキモチイイだろうけどね。

僕は、一泊した翌朝、もうこれでジャイサルメールはいい、と感じた。
そこで、バルコニーから写真を撮ったわけだ。

【ホテルパラダイス101号室のバルコニーから左側(東)を見る】
写真を撮ったのは、朝の早い時間だったと思う。
だから、東方向を撮ったら、朝日の逆光で建物が黒くなってしまった。

ただ、まだ何かフォートの中にあるはずだ。
昨日、城砦の外から白人の団体がやってきて、うろうろしていたからね。

「Lonely Planet」をチェックしてみると、どうやら、城砦内にはジャイナ教寺院とFORT(城)の本体があるらしい。
それならば、その2つを見て、とっととジョードプルへ脱出しよう!

ただ問題なのは、ホテルパラダイスのチェックアウト時間は、午前9時なんだ。
そうなると、荷物をまとめて、ホテルに預けた方がいい。

僕はこここで、「パラダイスのマネージャーは、僕が最初に2泊すると言ったことを突っ込んでくるだろう」という予感がした。
そしてその通りになったわけだ。

(その顛末は次回のお楽しみ)

【旅行哲学】観光地のホテルには、いろんなヒッカケ(落とし穴)があることに注意。
『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx