AURANGZEB’ TOMB(アウラングゼーブ帝の墓)@クルダーバード/インド

【イスラム教徒がお祈りをする前に身体を清める水道の蛇口がならぶ】
ダウラターバード(DAULATABAD)の砦を見て、次にエローラ石窟へ行くと思ったが、ちょっとした集落でバスは停まった。
ガイドブックを読むと、これがムガール帝国のアウラングゼーブ帝のお墓(AURANGZEB'S TOMB)があるところだとか。

ここがクルダーバード(KHULDABAD)、外国人入場料は2ドル。
ムガール帝国の最盛期の皇帝としては非常に小さなお墓で、敢えてイスラム聖人たちの傍らに質素に葬られたのだという。

靴を脱いで、中に入ると盲目の案内人が説明してくれる(ここでチップを払う雰囲気になって、払います)。
お墓の写真は、畏れ多くて撮れなかった。

【履物が並んでいるところを入るとお墓があります】
そのお墓があるのは、上の写真で履物が並んでいるところ。
僕はこの日も、安いゴムぞうりを履いていたので、さっさと脱いで見学できました。

インドの観光地は結構裸足で見るところが多い。
だから、すぐ脱げるような履物を用意した方がいいでしょうね。

【ツアーバスが停まってます】
この写真は、特に意味はなくて、ただ、アウラングゼーブ帝のお墓を見学したあと、バスへ戻る時にシャッターを切っただけ。
それでも、どういう村なのか、雰囲気はわかると思う。

【旅行哲学】偉大な王は立派な墓に葬られても、質素な墓に入っても、記憶に残る。
『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx