ファルダプールからローカルバスで、アウランガバードへ行き、MTDC Holiday Resortに泊まる@Aurangabad/Maharashtra/India

【ファルダプールからアウランガバードへのローカルバスの中】
ファルダプールのMTDCホリデーリゾートでは、朝から停電だった。
午前7時に朝食をとり、荷物をまとめてホテルを出る。

停電が回復したので、クーラーをガンガンかけた。
ギリギリまで涼しい部屋にいたので、部屋を飛び出したとき、アーミージャケットを、ホテルの部屋に置き忘れた。

気が付いたのは、アウランガバードのホテルで、バックパックを開いたときだ。
ただ、もう10年も使っていて、一部擦り切れていたので、これも運命とあっさりと諦めた。

ファルダプールで、ホテルの向かい側に停まっていたローカルバスに乗る。
車掌に、バス料金を72ルピー(200円ちょっと)取られた。

ただ切符をよく見ると、40ルピー、20ルピー、2ルピーの場所に印が付いている。
つまり、62ルピーではないかと疑ったが、言葉が通じない(振りをする)ので諦めた。

【アウランガバードのバスターミナル】
ところで今日は、8月15日だ。
日本だと終戦記念日、ところがインドは独立記念日の休日のようだ。

ローカルバスの中に、学校が休みらしい中学生が集団で乗っきた。
しかしやかましい中学生たちが途中で降りると、タラーンとしたいい感じになった。

ファルダプールでバスに乗ったのが午前8時、アウランガバードのバスターミナルへ着いたのが午前11時。
結局3時間かかったわけだ。

片道3時間となると、アウランガバードからローカルバスでアジャンター石窟を見に来るのは、疲れるかもしれない。
もちろん体力のある若者ならば、ローカルバスでTジャンクションまで往復できる。

Tジャンクションがどこか、バスの運ちゃんや客と、コミュニケーションが取れていれば、大丈夫だ。
Tジャンクションがわかれば、あとは個人で歩いて回るしかないので、ツアーバスに乗る意味がないけどね。

でも、ひょっとしたらアウランガバードからのアジャンター石窟ツアーは安いかもしれない。
「エローラとアウランガバーとツアー」が、なにしろ200ルピーだったからね。

2007年のローカルバスが片道72ルピーで、往復144ルピー。
それできっちりと目的地まで送り届けてくれるならば、ツアーの方がいいでしょう。

【アウランガバードのバスターミナルは現地語表示】
アウランガバードで、どこに泊まるかは、すでに決めていた。
「Lonely Planet India」を読んで「MTDC Holiday Resort」がよさそうだった。

ファルダプールの「MTDC Holiday Resort」が、いかにも流行ってない公務員経営のホテルらしかった。
僕はこういう、金儲けに興味のない、気の抜けたところが好きなんだよ。

ホテルの敷地も、部屋も無駄に大きいし、客も少ない。
とにかく、日本を出たら出来るだけ大きな部屋で過ごしたいものだからね。

【MTDCホリデーリゾートの客室の建物】
バスターミナルからオートリキシャーでホリデーリゾートまで30ルピー払った。
でも多分20ルピーでも行ったんじゃないかな。

このころになると、連日の移動で疲れていた。
また、とっととホテルの部屋へ落ち着きたくて焦っていた。

ホリデーリゾートのゲートを入った右側に、受付がある。
そこで聞くと、部屋はクーラー付きで780ルピー。

レセプションから部屋までは結構離れている。
部屋を見せてもらって、304号室に決める。

ホッとして、すぐにビールを飲もうと考える。
ボーイに聞くと、彼が酒屋へ行って買ってくるとのこと。

しばらくしてボーイが戻ってきたが、酒屋が閉まっていたとの話。
その理由は「8月15日の独立記念日だから」ですって(涙)。

【MTDCホリデーリゾートのレセプションと旅行代理店】
無駄に往復させてしまったので、ボーイにチップを10ルピーあげた。
ホテルの受付の建物の中に、旅行代理店がある。

この旅行代理店(クラシックツアー?)で、翌日の「エローラとアウランガバードツアー」を申し込んだ。
旅行予定が詰まっていて急いでいる場合は、旅行代理店でタクシーをチャーターしたらいい。

午後の時間があれば、エローラ石窟だけに行くことも可能です。
あとは、欧米人に人気の近くのレストランを当たってみた。

レストランならビールが飲めるかと思ったが、やはり8月15日はダメだそうだ(涙)。
翌日、エローラツアーから戻ってきた時に、MTDCホリデーリゾートの旅行代理店で、一人旅の若い日本の美女と会った♪

彼女は、東南アジアからインドへ入って、南から上ってきた。
これからジャイサルメールへ向かうとのことだったので、僕と逆方向だ。

そこで、西インドの移動方法を教えてあげた。
「アウランガバードからアーメダバードへのバス」「アーメダバードからジャイサルメールへ14時間の夜行バスがあるよ」と情報をあげました。
もちろん、「ジャイサルメールからジョードプル」へもバスがあり、「ジョードプルからアーメダバード」へもバスがある。
ちなみにそれが僕が使ったルートだけどね。

インドは列車の切符を取るのが大変だという話がある。
僕の体験では、そんなことはないけれど。
「計画を立てるのが旅行だと勘違いしている日本人」は、インド鉄道の予約にビビっているらしい。
それで、日本からネットでインド鉄道の予約を入れるのに悩んで、現地の旅行代理店に切符を頼んだりしている。
予約することが旅行だと勘違いしている人が、特に若者に多いようだ。
インドに行って、インドの感覚に身を任せれば、なんてことないのにね。
万が一、鉄道の切符が手に入らなければ、バス移動で簡単だ。
最近はかなり立派な私営のバス会社が運行している。

アウランガバードからは、ゴアへも、ハイデラバードへも、アーメダバードへもバスが走っている。
もちろん、ムンバイへはバスは何本もあるので、直前に申し込んでも乗れます。

物価高(特にホテルが高い)のムンバイは、旅の途中では避けたほうがいい。
そのためには、エローラ、アジャンターの石窟寺院で有名なアウランガバードを経由して、バス移動を考えたらいいでしょう。
『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx