Hotel Anoop and its Rooftop Restaurant @Main Bazar/Delhi/India


【アヌープホテル(anoop hotel/ anup hotel)】


【これは朝食の時のスナップ写真@アヌープレストラン】
自分の宿を「コテッジイエスプリーズ」に決める。
空港から一緒だった学生さんが「ホテルアヌープ」に泊まる。

アヌープには屋上にレストランがあるという。
聞くと「24時間営業」とのことで、すぐに行ってみた。

人がいないんじゃないかと思ったが、屋上は欧米人旅行者でいっぱいだったよ。
ということは、食べ物がおいしいのか?と思ったが、ただ粘れるからだけのようだ。

朝食のセットを頼んだが、出てくるのの遅いこと。
多分、全部出てきて、食べ終わるまでに1時間半はかかったと思う。
ただ、だらーんと過ごすにはちょうどいいかもしれない。

高級インド料理店にでも行けば別だと思うが、バックパッカーにとっては、インドの食事というものは本当にまずい。
食べるものといえば、サンドイッチか、焼き飯か焼きソバ程度だ。

また、地方へ行くとベジタリアンレストランばかりで、肉が食べられない。
さらには、暇なレストランだと、メニューはタテマエだけで、実際は卵サンドイッチしか出来なかったところもあるよ(チキンが欲しいというと、いまからニワトリを買ってくると言われたり…)。

【これは夕食時ではないかな@アヌープレストラン】
早い話、どのレストランへ行っても同じこと。
というわけで、メインバザールにいるときは、アヌープレストランに通ってました。

【デリーを出る朝も@アヌープレストラン】
実は、僕のマル秘テクニックを使って、酒屋でちょっと安くビールを買ってきた。
それをアヌープの屋上レストランで飲もうとしたが、聞くと「タバコもお酒も禁止」なんだと。

だから、バックパッカーにとっては、インドは食事的にはつまらないところだ。
しかも、西インドではビールが高いんだよなー(涙)。

メインバザールの酒を出す店で、キングフィッシャー1本が100ルピー(300円)もした。
2005年の南インドでは、50ルピー程度で、どこでも簡単に飲めたんだけどね。

アヌープホテルは、シャワートイレつきのシングルで350ルピー程度(エアコンを入れると550ルピー)。
レストランに毎日通うくらいなら、バックパッカーはここに泊まったらいいんじゃないかな。

【写真】アヌープレストランにて
【旅行哲学】これはただ、写真を公開するのが目的の文章ですから、中身はありません。
『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx