ファルダプールからアジャンター石窟遺跡へ@ファルダプール/インド

【MTDCホリデーリゾートの部屋はすべてこんな風】
ファルダプールのMTDCホリデーリゾートは敷地が広く、そのなかに写真のような建物がたくさんある。
ただ、客が僕1人だというのだから、ちょっとさびしいね。

部屋は十分に広くてきれいで、エアコンも、テレビも、ホットシャワーも、トイレも、洋服ダンスもある。
まあ、土地代は安いだろうから、思い切り計画したのだろう。

問題は、アウランガバードから片道3時間という中途半端な距離にあること。
つまり、わざわざこのホテルに泊まる人がいないってことだろう。

敷地内にいる犬ものんびりしていた。
犬に限らず、スタッフ全員がとにかくのんびりとした雰囲気だ。

アジャンターから戻ってきた時、夕食を取るかと、こわごわ聞かれる。
僕1人のためにスタッフが揃って料理をしたり、給仕をしたりしてくれたよ。

メニューのチキンを頼む。
すると、「チキンはこれから村へ行って鶏を買ってこなきゃいけないので時間がかかります」だそうだ。

結局ほとんど腹が膨れるようなものは食べられなかった。
そう、食べたのはオムレツと卵サンドイッチだったからね(涙)。

結局、MTDCホテルリゾートは、マハラシュートラ州の公営企業。
つまり、公務員なので、できるだけ仕事をしないんだと思ったよ。

【アジャンター石窟への低公害?シャトルバス】
僕はホテルにバックパックを置いて、すぐに外へ出る。
オートリキシャーが僕を待っていて、Tジャンクション(アジャンターの入り口)へ30ルピーというのを、20ルピーに負けさせた。

「Lonely Planet」によると、ファルダプールからTジャンクションまでは1kmだそうだ。
1kmということは、普通に歩いて15分。

歩いても良かったのだが、歩いたらちょっと遠い、中途半端な感じだったよ。
入り口でアメニティチャージ7ルピーを取られる。

そのまま歩いていくと、小さな土産物屋が集まっている場所があった。
そこでは、次々と日本語で声をかけられる。

「わたしアントニオ、いまはダメ、あとでね。あとで!」と勝手に約束を取り付けてくる。
僕の気持ちとしては、「インドの観光地のしつこい日本語使いか。あとでまたウザッタイぞー」という感じだったかな。

何でも「地球の歩き方」によると、このアジャンターの保全には日本の国際協力銀行が関わっているのだとか。
「だから、この物売りたちは日本語がしゃべれて、しつこいんだなー」と思う。

おそらく国際協力銀行や日本の技術者の皆さんが、この土産物屋連中にずいぶんとおいしい思いをさせたんだろうね。
また日本からも、こんな石窟寺院をわざわざ見に来るのは、ある程度(かなり)余裕のある年配者中心のツアーが多いのではないかな。

日本語を使って金儲けできなければ、日本語使いがこんなに多いはずがないからね。
ちょっとした広場に出ると、そこに大型バスが何台も停まっていた。

このバスは環境にやさしい「エコバス」だそうだが、とてもそうは思えない。
バスの料金は10ルピー。

バスに乗って、ちょっと移動して、やっとアジャンター石窟の入り口に出る。
さらに、入場料を払うことになる(250ルピーまたは5米ドル)。

つまり観光客が普通にアジャンター石窟を見ようとしたら、アメニティチャージ7ルピー、エコバスが10ルピー、そして入場料が250ルピーと、次々に金をむしり取られるられるわけだ。
僕は思ったが、日本の援助で作られたエコバスも、目的は環境保全ではなくて、単に金を取るための言い訳に使われただけなんじゃないかな。

【旅行哲学】遺跡の手前の土産物屋に日本語使いがいると、あとのことを考えて、ウンザリするね。
『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx