パスポート盗難?紛失!@アーメダバード鉄道駅/インド

【AHMEDABAD RAILWAY STATION】
夜行バスでジョードプルからアーメダバードに着いたとき、アーメダバードは小雨が降っていた。
インドの8月は雨季なのだ。

が、僕が旅をしていたときは、ほとんど雨で困ったことはない。
世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は、基本的には「晴れ男」なんだ。

2002年の夏に上海からバンコクへ陸路移動した時、この時期も東南アジアは雨季だった。
だが、旅行に問題になるような雨に合ったことはない。

2005年のインド旅行でも、ハイデラバードなどは豪雨、洪水が起きて、列車はもちろん飛行機も運行停止をした。
しかし僕は、その豪雨のちょっと前の時期に、雨に悩まされずに通り過ぎていた。
ゴアに行った時も、僕が着いたその日に雨季が明けた。
インドの雨季から乾季への変化は、きれいに別れているんだ。

2007年のインド旅行でも、デリーでも、ジャイサルメールでも、ジョードプルでも、雨はたいしたことはなかった。
小雨で空気が冷えて、気持ちよかった。

ただ、僕は常に、どんなところへ旅をする時も、アーミージャケットは持ってきている。
というのは、世界の気候というものは、「日本のように朝も昼もたいして変化がない」ということ自体が珍しい。

実際、昼間がメチャ暑くても、夜になると急に冷え込んで、明け方は寒くてたまらない、という場所の方が多い。
特にアフリカの高原地帯や世界各地の砂漠では、夜はとにかく冷えるものだ。

僕が長く生活してきたロサンジェルスでも、昼間は気温が高くても、明け方になると心地よい温度になる。
ロサンジェルスでは、僕の記憶では、寝苦しいほど暑いなんてことは一度もなかった。

東京の夏のように、昼間はメチャ暑くて、夜はまた蒸し暑くて寝苦しいなんて場所は、世界でも珍しいんだ。
だから、アーミージャケットは海外個人旅行には、絶対の必需品なのね。

ジョードプルからアーメダバードの夜行寝台バスも、一応冷房は効いていた。
また、ベッドはあっても当然?上掛けのシーツなどは配られなかった。

だから僕は、明け方の寒さを考えて、アーミージャケット上にかけて寝ていた。
朝になって、アーメダバードのわけのわからない道に「ここが終点です」と放り出される。

アーメダバードのその朝は、小雨が降っていた。
アーミージャケットをバックパックに入れるのも面倒なので、僕はアーミージャケットを着たまま、オートリキシャーに乗って、エイワンホテルへ向かった。

頭がボーっとしていたが、エイワンホテルで部屋を決めて、宿帳に記入する。
その時に、日本の住所やなんやかんや、もちろんパスポートナンバーも記入する。

もちろん海外個人旅行者は自分のパスポート番号は暗記している。
ただ、海外旅行を繰り返してきて、何度もパスポートを取り直していて、頭がボーっとしてると、頭に浮かぶパスポートナンバーがひょっとして昔のものではないかと、疑問が出たりする。

そこで、いつもジーンズの左ポケットに入れて肌身離さず持っているパスポートを取り出して、確認しながら記入を済ませる。
エイワンホテルは24時間制のホテルなので、到着時間も記入する。

ふらふらと部屋へ入って、クターッとしたままベッドに倒れこむ。
アーメダバードからの脱出方法を考える。

ホテルのマネージャーに聞くと、「アーメダバードから夜行バスでアウランガバードへ行ける」ということだ。
このバスは、マネージャーに言えば、簡単に予約が入る。

ただ、僕はジョードプルからアーメダバードへの夜行バスにすっかりウンザリしていた。
出来るだけ、夜行バスでの移動は避けたいものだ。

ホテルから見えるアーメダバード鉄道駅へと歩いた。
とにかくできるだけ早く移動したい。

アーメダバードには、ほとんど見るものがないからね。
「地球の歩き方」によると、アーメダバードでは「階段井戸」というのが有名らしい。

駅から2kmほどのところにある「ダーダー・ハリ階段井戸」、それからもっと遠いが、「アダーラジの階段井戸」というものがあるそうだ。
この「アダーラジの階段井戸」は、「Lonely Planet」には紹介してなくて、「地球の歩き方」だけに情報が載っている。

念のためにエイワンホテルのマネージャーにあとで聞いたら、アダーラジ階段井戸へはオートリキシャーを借り切って往復200ルピーで大丈夫だという話でした。
ねー、いい情報を書くでしょ(笑)。

おっとっと、とにかく、僕はアーメダバード鉄道駅へと歩いた。
それで当日切符の窓口を探すと、インド人がいろいろと話しかけてきたりする。

駅の窓口でジャルガオンへの列車のことを聞いたら、別の建物にある「外国人鉄道予約窓口」へ行くように言われる。
駅舎を離れて、その向かって右にある予約窓口へと行った。

ここで話を聞くと、なんと当日夜に、アーメダバードからコルカタ行きの「2833 Howrah Express」が出るそうだ。
しかも席(寝台)がある。

2Aがあるということで、あわてて申込書に記入する。
ここでも、パスポート番号が要求された。

いつもパスポートを入れているジーンズの左ポケットを探るが、パスポートが見つからないっ!
しかし、パスポート番号は覚えているので、とっとと申込書に記入して、切符を受け取る。

とうとう世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)も、パスポートを盗難にあったか?
そういえば、鉄道駅の窓口で変に話しかけてきたインド人が怪しかったなー。

でも、駅でパスポートを抜かれたのならば、もうオワリだ。
諦めるしかない。

しかし考えてみると、ホテルの受付で宿帳に記入した時にパスポートを置き忘れた可能性もある。
だって、その時以外、パスポートをポケットから出してないんだから。

というわけで、急いでみど先生はエイワンホテルの受付に戻って、「パスポートを見なかったか?」と聞いた。
しかし、パスポートはないとの返事だ。

駅で盗られたのならば、もどってこない。
ホテルで置き忘れてないなら、もう打つ手がない。

というわけで、ホテルの部屋へ戻って、ベッドに横になった。
そして、パスポートの再発行のことを考えた。

日本への帰国便はムンバイ(ボンベイ)からだ。
インドの経済の中心はムンバイだから、当然、日本領事館が存在するだろう。

パスポートを再発行するには時間が足りないかもしれないが、帰国のための書類はすぐに出してくれるはずだ。
ということは、一気にムンバイへ移動した方がいいだろう。

そう考えていた時、ベッドに置きっぱなしになっているアーミージャケットに気がついた。
確かホテルにチェックインする時は、アーミージャケットを着たままだった。

念のためにアーミージャケットのポケットを探ると、ありました。
懐かしの世界旅行者の想い出が詰まった、10年パスポートがポケットの中にありました(涙)。

あーよかった♪

今夜のジャルガオン行きの夜行寝台列車の切符がある。
一度なくしたかと思ったパスポートも手許にある。

もう何も心配することはない。
よーし、少し高くても、ビールを思い切り飲んで、昼間は寝ることにしよう!

そう思ったが、アーメダバードはグジャラート州にある。
グジャラート州は「禁酒州」で、ビールは飲めないんだ…。

だからとにかく「2833 Howrah Express」が出発する夜の23時55分まで、ベッドでごろごろして過ごすことにしました。
夕方には、「地球の歩き方」に紹介してあった「モーティマハル」というイスラム系レストランで、「タンドリーチキン」を思い切り食べました(もちろんビールなしです)。

反省点を書いておくと、とにかく肉体的にも精神的にも疲れていた。
そこでついうっかり、いつもパスポートをしまうジーンズの前左ポケットに入れずに、アーミージャケットのポケットに入れてしまったところ。

【旅行哲学】パスポートはいつも同じところに持つようにする。
『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx