インド門近くの中級ホテルをチェックして「HOTEL REGENCY INN」に決める@ムンバイ/インド

【THE TAJ MAHAL HOTEL(これは高いです)】
ムンバイのホテル事情はとても悪い。
ホテルは常に満室状態で、しかもホテル料金が馬鹿高い。

おそらくその設備と値段の比較をすれば、日本のほうがずっと安いと思うよ。
しかもそれは、僕が最初にボンベイ(そのころはボンベイといった)へ来た30年近く前から変わってないんだから。

インドの経済発展は目覚しく、日本からビジネスクラスだけのジェット機がムンバイ直行で飛んでるくらいだ。
だから、ホテルの重要はますます高まる。

しかも、観光にいいホテルの立地というのは限られている。
誰が考えても、インド門周辺のコルバ地区がいいよね。

僕が2005年にゴアにいて、そこからムンバイへ行かなかったのは、「ホテルが不足していてメチャ高い」と知っていたからだ。
海外個人旅行で一番いやなこと、それは「宿を探して歩き回る」ってことなんだから。

2007年の旅では、なにしろ帰国便がムンバイ国際空港から出るので、ムンバイに寄らない訳にはいかない。
でももちろん、ムンバイの宿を見つけること自体が大変だとは知っていた。

だから、アウランガバードのネットカフェでムンバイのホテルを検索してみた、
すると、チャーチゲート駅からバックベイへ伸びる通り付近に宿が見つかった。

ただ、場所的にインド門から遠い。
もちろん、ホテルの値段も高い。

アウランガバードのMTDCホテルリゾートに入っている旅行代理店で聞いても、やはりインド門から遠い、高いホテルしか出てこない。
何しろホテルのことを真面目に考えたのが、前日だからね(笑)。

僕はアウランガバードからムンバイへ、夜行バスで移動することにしていた。
「朝から直接ムンバイの宿を当たれば何とかなるだろう」と心を決める。

夜行バスがムンバイへ着いたのが午前6時20分。
タクシーでチャーチゲート駅へ向かい、トイレを済ませる。

「Lonely Planet」を読んで、YWCAに決めて、タクシーに乗った。
というのは、YWCAはインド門からちょっと外れていて、そんなに場所が良くない。

つまり、客が少ないのではないかと思ったからなんだ。
しかし、YWCAのフロントでは「ノールーム」だって。

さらに「Lonely Planet」を読んで、次にYMCAを当たろうと考えた。
でも、またいって「ノールーム」では困る。

僕はYWCAのフロントに「YMCAへ電話をかけて、部屋があるかどうか聞いてくれないか」と頼んだ。
僕はなにしろ、夜行バスでよく眠れずに疲れていたし、またホテルを捜す苦悩は隠そうとしても隠せない。

まあ、隠そうともしてなかったけどね。
その雰囲気に呑まれたのか、YMCAへ電話をかけてくれた。

しかし返事は、「とにかく来てください」とのこと。
だから僕は、「Lonely Planet」を見ながらYMCAまで歩きました。

行ってみると、「午前10時に来い」との返事だ。
雰囲気では10時に来れば、部屋はもらえそうだ。

でも今度は、逆に僕が「YMCAはあんまりよくないなー」と思い始めた。
それでとにかく、インド門へ行ってみる。

インド門を囲む防波堤に座って、また「Lonely Planet」を開く。
何しろバックパックを背負った人間が「Lonely Planet」を開いているのだから、誰だってホテルを捜しているとわかる。

すると当然、客引きが声をかけてくる。
「シングルルームで400ルピー(1200円)」ってね。

正直、僕が最初にムンバイ(そのころはボンベイ)に来た30年前も、やはり宿を探して歩き回った。
その時も、インド門で声をかけてきた客引きがいたからね。

僕はこれが、ウソツキだとか、ボッタクリだとかは思わない。
だから、ムンバイで宿がない場合は、バックパックを背負って、コルバ地区を歩いたり、インド門周辺に立ってたりすればいいと思う。

客引きが声をかけてくるからね。
それで十分にベッドが確保できると思うよ。

ただ僕は、安いだけの宿には泊まりたくない。
僕がいま主唱しているのが「中高年齢者の海外個人旅行」なんだよ。

その特徴は、とにかく無理をせずに、設備の整ったホテルに泊まりながらも、出来るだけ安く旅をするってことね。
だから今回は、若者向けのバックパッカー宿やシャワーもクーラーもトイレもないホテルはダメなんだよ。

でも若者ならば、どんなところに泊まってもいい。
出来るだけひどいところに泊まった方が、あとあと人生の役に立ちます。

「Lonely Planet」を読んでみると、インド門近くにホテルが固まっている場所を見つけた。
とにかくそこへ歩いてみる。

【APOLLO HOTEL】
まず目に付いたのが「APOLLO HOTEL」。
ずんずんと入っていって、部屋があるか聞いてみる。

すると、デラックスならばいますぐに、部屋に入れるとのこと。
そのデラックスの料金が、4500ルピー(1万3千5百円)。

スタンダードが3950ルピー(1万2千円)。
これは、昼過ぎになれば、たぶん部屋が空くとの話だ。

まあどうせ2泊しかしないのだし、これで決めてもいい。
でも、最初のホテルで決めたら、世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)らしくないよね。

読者の皆さん、世界旅行者ファンの皆さんの期待に背くことになる。
それで、僕は近くのホテルを片っ端から当たってみました。

【THE GORDON HOUSE HOTEL】
アポロから出て、ちょっとわき道に入ったところにあるホテル「THE GORDON HOUSE HOTEL」。
ここはドアマンもいて、雰囲気的にはなかなか高級。

僕はよれよれのTシャツにジーンズで、髭も剃ってないし、歯も磨いてない。
それで、ゴードンハウスのフロントへ行って、部屋があるかと聞く。

すると、「ノールーム!」ときっぱりと断られました。
ロビーの雰囲気も上品で、かなり高級な感じがしました。

【HOTEL SUBA PALACE】
次に行ったのが、「ホテルスバパレス」だ。
ここはドアマンもフレンドリーだった。

フロントでも、僕を一応人間扱いしてくれた。
そして、「午前10時に来れば部屋はあるかも」との答を得た。

【HOTEL REGENCY INN】
その次に向かったのが、「リージェンシーイン」だった。
これは、入り口がみすぼらしかった。

またフロントも2階の廊下横にあった。
部屋の料金が3千ルピー(9千円)。

部屋を見せてもらうと、すべての設備が揃っている。
すべての設備とは、エアコン、トイレ、ホットシャワー、テレビ、ベッドだ。

特に、フロントの対応が、気さくだった。
前に当たったホテルよりも、気楽な感じがする。

バックパッカーのおじさんにとっては、肩肘張ったマナーのうるさそうな客のいるホテルよりも、気楽な方がいい。
というわけで、これで決定!

僕は「HOTEL REGENCY INN」に泊まることに決めました。
そして、バックパックを部屋に置き、シャワーを浴びて、髭剃り洗面を済ませる。

もう一度ゆっくりとトイレを済ませる。
そして、コルバ地区の探検に出ましたとさ。

【旅行哲学】中級ホテルを選ぶのも、中高年の個人旅行者には大切です。
『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx