アーメダバード駅前の24時間ホテル「A-ONE HOTEL」に飛び込む@AHMEDABAD/INDIA

【A-ONE HOTEL@AHMEDABAD/INDIA】
ジョードプルのゴビンドホテルで、アーメダバード行きの夜行バスの予約をしてもらった。
夜行バスだからどういうものかと考えていたら、ジャイサルメールからジョードプルへ来た時に乗ったバスのように、下段が椅子席で、上段がフラットなベッドになっていた。

ただもちろん、もっとちゃんとしていて、ベッドには引き戸式のドアがついていた。
バスの向かって右側に2人用のベッド、左側に1人用のベッドがある。

つまり、ベッドの部分は個室だね。
カップルでベッドのところに乗れば、エッチも出来ると考えられます。

多分インド人はベッドの方が居心地がいいと思うのだろうね。
ところが、バスが揺れたり加速したりする時に、ただ平らなところに寝ているというのも、案外と落ち着かないものなんだよ。

僕の長年の世界各地での夜行バス体験からすると、リクライニングの大きな椅子席が楽だと思うね。
だって、身体が動かないように保持できるから。

思い返すと、ブラジルのリオデジャネイロからバイーア(サルバドール)へのレイト(寝台バス)が一番キモチ良かった。
左に隣り合わせの2席、通路を挟んで右に1席あった。

これは、大型バスなのに乗客数も少なく、航空機のビジネスクラスよりもずっとシートがいい。
ファーストクラスよりは足元が詰まっていた記憶があるが。

トイレもあり、シートはほとんどフラットになるくらいに倒れる。
道路がいい(サスペンションもいいのだろうが)ので、揺れは感じられない。

このブラジルのレイトに比べると、雲泥の差だよ。
しかもレイトに乗ったのは、1989年、僕の最初の世界一周の一部分「中南米一周旅行」の時だったんだからね。

2007年の現在から、20年近くも前の話だ。
だから、「インドの夜行寝台バスは、間違った方向へ進んでいるんじゃないか」と、世界旅行者みどりのくつした(みどくつさん/みど先生)は指摘しておきます。

この寝台バスがジョードプルを出発が夜の9時だった。
途中で2回、トイレと食事の休息があった。

2階の寝台席にいて、バスを降りるというのも、すごく大変なんだよね。
またインドの交通システムはインフラが整ってないから、休息をとるレストランも真っ暗だ。

これもトルコと比較すると良くわかる。
トルコに最初に行ったのが1988年だったが、その時代でも、トルコのバスは巨大な休息所に停まっていた。

そのころはトルコのバスにはトイレはついてなかった(今はあるかもしれない)。
しかし、休息所がきれいに整備されているので、男性用のトイレなんか、ズラーッと小便器が並んでいたよ。

だから、インドが発展しているのは確かにしても、まだまだ交通網や交通システムの整備は、遅れている。
遅れているというのではなくて、まだまだ、全体を再整備の必要があるってこと。

アーメダバード到着が午前7時15分。
このバスは私営のバスなので、アーメダバードの適当な道端に停車して、それが終点だ。

オートリキシャーがバスを取り囲む。
僕は「エイワンホテル!」と言う。

リキシャーは40ルピーと言い、僕は30ルピーと答えて、30ルピーにする。
しかし、多分、20ルピーで行くんだと思う。

見知らぬ町のわけのわからない街角でバスを下ろされたら、正直、リキシャーとの交渉もやりようがないよ。
ただ、走ってみると結構距離があったから、30ルピーでも仕方がないと思えたけどね。

リキシャーマンは「エイワンホテル」の場所を知っているようで、すぐに走り出す。
念のために「アーメダバードレイルウェーステーション!」と付け加える。

なぜエイワンホテルにしたかというと、駅のすぐ前だから。
また、「Lonely Planet」にも「地球の歩き方」にも紹介してある。

この2つのガイドブックに紹介してあれば、一応信頼できる。
駅へぶつかって、左へ曲がると、古ぼけた建物の前でストップ。

ここがエイワンホテルだ。
ただ、エイワンホテルは掃除が行き届いてなかったね。

受付は3階なのだが、その階段からして砂やゴミが多い。
このホテルは24時間制で、アーメダバード駅の前にあるから、24時間人が途切れることがないのだろう。

でもとにかく、身体が疲れていて、ボーッとしているので、わざわざ別のホテルを当たる気力がない。
それと、トイレにも行って、思い切りウンコをしたいし。

部屋を見せてもらったが、最初は窓のない部屋だった。
これでは、気分が落ち込むので、結局ダブルの部屋で、トイレ、シャワー付きの290ルピーに決める。

ただ、身体がものすごく疲れているので、トイレに行って、少し横になった。
ちなみにエイワンホテルは24時間制なので、朝の8時にチェックインしたら、明朝の8時まで泊まれます。

しかしとにかく、アーメダバードからジャルガオンへの列車の切符を取らなければならない。
身体が疲れているにもかかわらず、頭が回らないまま、歩いて駅の窓口へ行きました。

【旅行哲学】町へついたら、まず脱出方法を考える
『僕が旅したインドの町や村』 最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)
西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リストINDEX
xxx