「4059 Delhi Jaisalmer Express」(3A) @Old Delhi-Jaisalmer/India

【僕の乗る3AC(エアコン付き3段寝台)の客車@オールドデリー駅】
ニューデリー駅で到着翌日のジャイサルメール行き列車「4059 Delhi Jaisalmer Express」、3Aの下段(Lower Berth)を予約した。
これは、3Aとは「エアコン付き寝台車(3段ベッド)」ということ。
2Aとの違いは、2Aは2段ベッドであることと、通路側にカーテンがあること。
日本からのツアーが使うのは2Aが主ですが、個人旅行ならば3Aで十分です。
今回は、話のネタに2Aを予約しようとしたが、満席だったので3Aになった。
でも実際はほとんど関係ない。
バックパッカーはもっとやすい、セカンドクラススリーパー(SL)で寝る。
SLが2Aや3Aと違うのは、エアコンがないことと、寝具がないことです。
インドの鉄道のクラス分けは、乗客の階層による。
特に快適さが違うわけではないよ。
翌日は、朝飯をアヌープホテルで取ったあとは、昼まで「Cottage Yes Please」の冷房の効いた部屋でごろごろしていた。

昼からはデリーの市内ツアーに行くことにする。
これは、デリー空港で一緒だった日本人旅行者くんと一緒に「シゲタトラベル」で申し込んだ。

専用の車とドライバー付きで、デリー市内を希望通りに見て、4時間で500ルピー。
2人で割ったので、1人250ルピー。

1人250ルピーで、列車が出るまでの時間が潰せればいいんじゃないかな。
だって、夕方までデリーでうろうろする気力がないんだから(笑)。

僕は市内観光のあと、オールドデリー駅まで車で送ってもらうことにした。
バックパックは車のトランクに入れる。

列車の出発は、オールドデリー駅で午後5時45分。
駅へは午後4時ごろに到着したので、時間を潰すのが困ったよ(^ω^;)(;^ω^)。

しかし、「インドの鉄道駅へ来るのは早ければ早いほどいい」というのも事実だ。
というのは、インドの列車はよく予定が変わる。

出発のプラットホームも、直前にならないとわからない。
また、プラットホームの配置が、きれいに並んでなかったりする。

確かこの列車は17番ホームから出発したと思うが、オールドデリー駅のこのホームはちょっと駅の隅っこ?にあったんだから。
1番ホームから14番ホームをたどっていくと、とたんにホームがなくなるなんて信じられる(笑)??

しかも、インドの列車は信じられないくらいに長いんだ。
だから、直前に行ったら、ホームを見つけるのも、自分の乗る客車を見つけるのも大変なんだよ。

列車出発時間までの時間を潰すのは、レストランで夕食でも取ればいいわけだ。
ところが駅の中には、ちょっと安っぽいベジタリアンレストランくらいしかなかった。

時間つぶしついでに駅の外を歩いたら、駅の外には、結構まともなレストランがあった。
だから、ちゃんとした食事を取りたい人は、駅の中にこだわることはありません。

【列車内で売りに来た夕食】
オールドデリー駅を出たときは、この4059列車はガラガラだった。
4059列車はラジャスタンのジャイプール、ジョードプルを経由してジャイサルメールへ向かう。
気分よく寝ていると、深夜ジャイプールで、フランス人の若者の団体が、ドカッと乗ってきた。
僕のベッドは、向かい合わせの3段ベッドの下段だった。
ちょっと話をしていた人が、本当は僕の上の中段の切符を持っていたが、誰も来ないからと向かいの下段のベッドに寝ていた。
自己主張の強いフランス人だから、ベッドの番号で文句を言うと面倒だなー、とぼんやり考えた。
しかしフランス人たちは、勝手に空いたベッドに入ったようで、すぐに静かになった。
このフランス人たちのほとんどは、翌朝、ジョードプルで降りた。
実際、普通の観光客ならば、デリーのあとはジャイプールを見るのが当然だろう。
ジャイプールをとばしてジャイサルメールまで行くのは普通ではない。

ただ僕は、二十数年前の最初のインド旅行の時に、ジャイプールとウダイプールは見ているんだよ。
それと、今回の旅行はとにかく期間が短いので、一気にジャイサルメールへと向かったわけだ。

列車の切符を申し込む時に、食事の有無を書き込んだ。
それで、ひょっとしたら「食事が出るのかしら?」と気になった。

結局は、夕食朝食は、車内販売があっただけだ。
食事は結構安くて、おいしかった。

ただ、おなかが膨れるほどかというと、ちょっと疑問だった。
どうせミネラルウォーターは必要だから、軽い食事くらいは自分で用意しておくのがいいでしょう。


【朝になって、どこかの駅で結構長く停車】
翌朝、どこか知らないが列車が停まった。
窓の外を見ると、外へ出て身体を伸ばしている人もいる。

僕も列車を降りて、背伸びをしたりして、ついでに写真を撮りました。
でも、インドの列車ですから、いつ突然動き出すかもしれない。

そこは、十分注意して、インドの列車を下りてください。
少なくとも、動き出したら、飛び乗れるような体勢を確保すること。

【3Aのトイレと洗面所】
インドでは長距離移動に、最近はかなり豪華なバスも増えている。
ただ、インドのバスではかなりの豪華バスでも、トイレは付いていない。

その点、長距離列車では絶対にトイレがあるのが安心だね(笑)。
それから、食事をしたあとは、歯を磨くのが現代人の常識だ。

列車にはそのための洗面台もあるのが、心強い。
「インドの水で歯を磨いたりうがいをしただけで、おなかを壊した」という話もあるので、ミネラルウォーターで歯磨きをするのもいいかもしれません。

ただ、「インドのミネラルウォーターは、水道水を詰めただけ」という報道もあったよ。
でもまだまだいまのインドの状況では、下痢の恐れを考えると、トイレがついている列車での長距離移動がオススメです。

【ジョードプルからジャイサルメールののんびりした旅はキモチイイ】
旅でキモチいいのは、行く先が決まっていて、そこへ到着する前のゆったりした時間。
特に、夜行寝台列車で到着前はキモチイイ。

目的地へ到着したら、また神経を尖らせて、動き回らなければならない。
だから、まだ頭を使いたくない。

まだ少し眠いが、特にやらなければならないことはない。
本を読んでも頭に入らないが、そのダランとした感覚がキモチイイ。

そこを写真に撮ってもらいました。
ちなみに、写真を撮ったフランス人は知りませんが、僕が読んでいるのは、日本のエロ文庫本です(笑)。

【旅行哲学】インドでは長距離列車の方が長距離バスよりもずっと快適。
注:2013年では、「4059 Delhi Jaisalmer Express」の列車番号が変わって、「14659 Delhi Jaisalmer Express」になりました。
『僕が旅したインドの町や村』 アジア
最初のインド旅行(1984-1985) インド旅行(2005)  西インド旅行(2007)
world 世界百か国旅行リスト
INDEX
xxx