『セグーからバスでバマコへ着き、雀部くんと再会し、旅と人生を語る』@バマコ/マリ

【ユースホステル@バマコ/マリ】
10時18分にセグーを出たバスは午後1時33分に、どうやらバマコ郊外にあるバス会社のターミナルへ着いた。
バマコの中心までかなり距離がありそうだ。
タクシーの料金を聞くと3000フランという。3時間も乗ったバスの運賃が2500フランなのにタクシーが3000フランではどうも納得がいかない。
しかし先ほど話をしていた肥ったおじさんが話しかけてくれた。
別の父娘と3組でタクシーに乗り込み1人1000フランを払うことにした。
だから、これが普通の料金だったようだ。

【雀部くんのジャンベ演奏・その1】
タクシーで町の中心へ入り、以前泊まっていたラックデボへチェックインする。
今日は3月18日の日曜日、旅行代理店も開いていない。
雀部くんが泊まっているはずの「Maison de Jeunes」へ行って、黒人に「日本人はいないか?」と聞く。
が、彼はどこかへ移ってしまったとのこと。

【雀部くんのジャンベ演奏・その2】
近くのニジェール川を見て時間を潰した。
月曜日になって、大通りに面した旅行代理店「ATS voyages」へ行った。
ここはアメックスの代理店もしている信頼できる会社のようだ。
バマコからダカールへ飛ぶとセネガル航空で103500フラン、マリ航空だと72500フラン。
2001年の、両替レートは、「100フラン=17円」程度です。
ですから、バマコからダカールへはセネガル航空で1万8千円弱、マリ航空で1万2千円強。
僕が乗ってきた、ダカールからバマコへの国際列車の一等寝台料金が52400フラン(8900円程度)だった。
だから、マリ航空が使えるならば、マリ航空でもいいかな。
当てにならないけど(笑)。
僕の場合は、一等寝台車で来たので、帰りは飛行機を使うことに決めていたけどね。
バマコからパリへはアルジェリア航空で片道20万フラン程度で飛べるという。
とにかくダカールへ戻って考えることにして、翌日午前10時発のセネガル航空ダカール行きを予約する。
これまでの経験からマリ航空は安くても使わない。
バマコの町を歩き回り部屋に戻ったらドアにノックの音がする。

【雀部くんのジャンベ演奏・その3】
開けてみると雀部くんだ。
「西本さんが僕を捜していると情報が入ったのでやってきました」だってさ。
夕食を取りに「セントラルレストラン」へ行き、そこで夕食を取りビールを飲む。
彼は彼の旅について、ジャンベ(アフリカの太鼓)について語る。
「日本人旅行者は、旅のいろんな出来事を、まるで日本のプロ野球の話をするように互いに交換し合っているだけだ」と、雀部くんが指摘をする。
それで僕は、雀部くん(ホントは山本君だけどね)がまともな人間だとわかった。
いろいろ話をして盛り上がり、そのまま夜の11時まで店にいた。
店じまいだと追い出されて、彼と別れた。
明日はダカールだ。
そんなに居心地がよくないと思っていたが、なぜか、懐かしい気持ちがするね。