『セグーからバマコへのバスに乗って、砂漠化の実態を目にする』@セグー〜バマコ/マリ/西アフリカ

「L'AUBERGE(ロベルジュ)」のレストランで@セグー/マリ
モプティからセグーへバスで移動して、「L'AUBERGE(ロベルジュ)」の別館に泊まった。
この宿は、モーテル形式でまるっきり西洋風で、CNNも映るテレビがある。
翌朝歩いて、BITTR-TRANSとSOMATRAという会社のターミナルをチェックした。
昨日も使ったBITTR-TRANSの方が早く出ると聞いて、窓口で確認し切符を購入する(バマコまで2500フラン)。
ここでも3000フラン出すと500フランのお釣りがないと言われ、切符に「あとで500フランを戻します」と書き込んでもらう。
ホテルへ戻り荷物をまとめ、ホテル代を支払ってターミナルへ戻る。
出発は午前9時半の予定。
多分3時間から4時間程度でバマコに着くので、到着時間は昼過ぎになるだろう。
ちょうどいい。
昨日一気にバマコへ行かなかったのは、もちろん到着時間を考えたからだ。
掘っ立て小屋の待合所でバスを待っているときは、当然ちょっと頼りになりそうな人を捕まえてバスの行き先を確認する。
ものすごく肥った、つまり金のありそうなおじさんが、僕に興味を持ったようでいろいろと話しかけてくる。
「結婚しているのか、子供はいるのか、何をしているのか」なんてね。
こういうところであまり正直な話をしても面倒なだけ。
旅の定番の質問には誰もが納得するような答えを用意しておくのがいい。
僕の年齢で結婚もせず子供もいないとなると、質問が続くんだよ。
特に発展途上国では「なぜ結婚しないのか、子供がいなくてさびしくないか」と聞かれるに決まっている。
僕は子供を持ったことがないので、子供がいなくて寂しいかどうかはわからないよ。
また離婚したと正直に答えると、その理由まで説明しなければならなくなる。
だから「一応結婚もして子供もいるが、仕事で旅をしている」と答える。
日本女性の場合でも、海外で独身で恋人もいないと答えたら大変なことになるよ。
すぐに、しつこく結婚を迫る男性がぞろぞろと出現する。
だから、身体の安全を考えても、一応恋人がいると答えておいた方がいい。
僕が作った「旅の持ち物リスト」にも、「恋人の写真」があるよ(チェックしてください)。
僕の友人の美女は、僕のアドバイスどおりに、メキシコで「恋人がいますから」とアプローチを断ったそうだ。
すると「日本には恋人がいるかもしれないが、メキシコにはいないだろう」と、しつこく迫られたんだって。
バマコ行きのバスは、9時半出発と言われた。
が、バスの本当の出発予定時刻は9時45分で、さらに30分ほど遅れた。
その理由はだね、バスの屋根の上に100ccのバイクを二台も積み込んだから。
結構だらだらとやっていたが、乗客は誰も、遅れることを気にしていない。
バスに乗り込むときになって、スタッフが乗客名簿を読み上げる。
その読み上げられた名前順に乗り込む。
とはいっても、中は自由席だ。
でも自然と、女性が前方の席を占めることになる。
西アフリカの女性のスカートや上着、頭に巻くスカーフはとてもカラフルで、また一人一人違っている。
西アフリカの女性は、とってもオシャレだね♪
ところが、男性の服装はかなりしょぼいのが特徴だ。
ずいぶん待った気がして、日本人の僕がちょっとイライラしたころ、いよいよバスが動き出した。
今日のバスも、窓が開かず冷房が効かない。
これがマリの幹線道路を走るバスの特徴かもしれない。
セグーからバマコの道路も完全舗装されている。
が、片側一車線なので道路工事があったりすると、ちょっと渋滞が起きる。
道の両側は完全に耕作され尽くして緑が少ない。
時々山のように薪を積んだトラックとすれ違ったりする。
道路わきでも、木の枝を切って束ねて売ってあるのを見かける。
つまりサハラ砂漠南側の砂漠化の原因は、まず人が多すぎて木を切って耕作地にするということ。
それと、木自体を薪として燃料に使っていることにもよるのだ。
これでは砂漠の緑化をいくら叫んでも、砂漠化を防ぐのが無理だとわかるね。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20100215