『成田からモスクワへのフライトで、ロシア人2人、日本人1人の美女と出会う』@成田空港/東京/日本


【ゴレ島@ダカール(2001)】

2001年3月4日、成田発午後1時(13時)発のSU576便に乗るために、早めに家を出て、午前9時50分に成田着。
つまり、出発3時間前に空港へ来たわけだ。

この理由は、世界旅行主義に「空港へ行くのは早ければ早いほどいい」という大原則があるから。
西アフリカ旅行は、何度も計画をしては、取りやめたので、ここで飛行機に乗り遅れたら、大笑いだ。

去年(2000年)も、マリのビザまで用意して、アエロフロートの切符の手配まで済ませていた。
ところが、急に「間違いだらけの海外個人旅行」の出版が決まり、本を書くために出発できなかった。

「間違いだらけの海外個人旅行」は、今までにない知的な笑いの詰まった旅行本だった。
一般日本人は僕のユーモアについてこれないと予想していたが、なぜか、ベストセラーになってしまった。

それで、次の「これが正しい海外個人旅行」を書くことになり、西アフリカへ出れなくなった。

2000年に、「間違いだらけの海外個人旅行」と「これが正しい海外個人旅行」を書き終わった。
もう一冊本を書く計画があったが、それには、西アフリカ旅行の話を載せたいというのが、僕の考え。

だから、「大人の海外個人旅行」には、僕の2001年の西アフリカ旅行記が載ってますよ。
ただ、「大人の海外個人旅行」は、あまりに知的レベルを上げすぎて、出版時には、大評判にはならなかった。

しかし、いまでは、旅行文学として、カルト的に人気があるので、知的な人はアマゾンのマーケットプレイスで入手してください。
ただ、これを読んで、怒り出す人もいるらしいので、注意すること。

というわけで、本も書く予定だったので、2001年の西アフリカ旅行で、飛行機に乗り遅れるわけには行かなかったんだね。
また、西アフリカ旅行の状況によっては、南米に渡って、三度目の世界一周にしても悪くはないわけだが。

でも僕の旅はいつもの通り、旅先で、その場で考える。
さしあたり、成田からモスクワへ行き、翌日にダカール(セネガル)へ飛ぶことが目標だ。

ダカールに着いてしまえば、西アフリカへ行ったことにはなる。
その状況によって、現地ダカールで、旅の計画は考えることになる。

成田からモスクワへの、SU576便(13時発予定)は、出発が3時間半遅れて、16時j半になると告知がある。
そのお詫びに空港内レストランのクーポン券を1500円もらう。

うれしいな♪
人間いくつになっても、タダで物をもらうものはうれしいよねー。

しかも、飛行機が遅れても、飛びさえすれば、問題はない。
だって、モスクワでは、僕はただトランジットホテルに泊るだけで、何もすることがないのだから。

モスクワでは、特にヨーロッパ便だと、乗り継ぎに問題があると聞いていたけどね。
僕は一泊するので、焦ることもない。

ウェイティングラウンジの売店で、文庫本と、文藝春秋を購入した。
ちょっとウンチクを書いておくが、出国ゲートをくぐってしまったあとでは、消費税は取られない。

つまり、文庫本は、現在の5パーセントの消費税の分安く買えるわけだ。
これをメモっておいて、一緒に旅に出る人にウンチクを語ってもいい。

ただ、お見合いを繰り返して、やっと見つけた女の子と新婚旅行に出るときは、遠慮した方がいいかも。
「ここで買うと消費税分安いんだよ!」と自慢した場合、新妻から「けちくさ〜!」と軽蔑される可能性もある。

セコイ性格を見破られて、結婚生活に不安を抱かせては失敗だ。
出発前に成田離婚になる可能性もあるので、注意しておいた方がいいだろう。

3時間半遅れて、搭乗開始、機内へと入る。
僕のシートは、左窓側二列の通路側、26Cだ。

26Bはなくて、窓側が26Aになっている。
僕の隣の窓側のシートに、どんな人が座るか、これが問題だね。

旅の大きな楽しみの一つは、「人との出会い」だと、よく言われる。
しかし、「人との出会い」を楽しみにしている人に限って、人と出会うことが下手なものだ。

旅での出会いを求めている人は、もともと日本国内でも友達ができない、人付き合いが下手な人たちが多い。
ただ、海外では、もともと知らない人に声をかけるのが普通だ。

海外では、ホテルやレストランや観光地で、とても親切にされる。
でもそれは、お金を払っているお客様なのだから、当たり前なんだよ。

また、旅先では、ニコニコして人のよさそうな顔をして近づいて来る、詐欺師、泥棒、に出会ってしまう。
それを「出会い」だと誤解してしまうこともある。

言っておくが、「出会いとは、お金を払って求めるものじゃない」んだよ。
できるなら、お金をもらって出会いたい、それが僕の考えだ。

また、会話が少なくて、なかなかお互いを理解できなくても、海外だと問題がない。
話が理解できなくても、語学力の不足だからと、自然に受け止めてもらえる。

実は、話題が乏しくて、話が面白くなくても、言葉が通じないのでそれがバレないってことね。
言葉が通じるようになれば、いずれバレてしまって、日本と同じになるだろうが。

それはそれとして、世界旅行者としての僕は、もうすでに、旅行業界では名前が売れに売れまくっている。
旅行業界に少しでも関係している人は、僕の名前が夢にまで出てくるという話だ。

僕の存在に、ビビッている人たちも多いとか(笑)。
成田空港の小さな書店には、僕の第二弾「これが正しい海外個人旅行」が、三冊も置いてあった。

第一弾「間違いだらけの海外個人旅行」はとっくに売り切れているようだ。
成田空港の人も、ほとんどの人は、僕を知っているようで、次々に挨拶してきた。

機内に乗り込むときも、スチワーデスが、僕にお辞儀をしたくらいだ。
僕は本名で本を書いているので、航空会社のコンピューターには、僕の予約が入ると、名前が金色で点滅表示するとか。

そこで、航空会社は、僕に失礼のないように、気を配ってくれる。
ということは、僕の隣の席には、特別に美人乗客を手配していると予想できる。

その予想通り、すらりと背の高い、20代後半の白人超美女が僕の隣に座った。
すぐに「飛行機が遅れましたね。乗り継ぎは大丈夫ですか?」と、僕は英語で軽く話し掛ける。

話を続けると、彼女は何と、モスクワ大学卒の研究者で、日本の先端科学研究所での留学生活を終えたところ。
これからモスクワ大学で博士号を取りに帰るのだと言う。

やるな、アエロフロート!
美人だけでは、僕を満足させられないと、ものすごく頭のいい女を、隣席へと送り込んだか!

うーむ。
確かに僕は、頭のいい美人というのが、大好きなのだ。

恐るべし、KGBの情報網!
彼女は、日本文学にも通じているようで、安部公房の「砂の女」がロシア語に翻訳された話などで盛り上がった。

しばらくして、僕は、席を離れ、後部のトイレへと歩いた。
知的な会話が続いて、ちょっと僕の脳がオーバーヒートしたので、トイレついでに、頭を休ませようとしたのだ。

ちなみに、僕は知的な会話を15分続けると、頭が痛くなる。
その後にエッチな話を2時間くらい続けると、また知的な話が続けられるんだけどね。

突然、「気流の悪いところを通過しますので、座席へお戻りになり、シートベルトをお締め下さい」と機内放送が流れる。
僕は、あわてて、機内後部の空いた席に座る。

すると横に、今度は、かわいい感じの白人女性を見つけた。
ニコッと笑って軽く会釈をすると、今度は、この美女は日本語で「こんにちわ〜!」と、話しかけて来た。

彼女とは英語が通じず、片言の日本語で話をする。
この女の子は、ウクライナ出身で、年齢が20歳。

日本の岩国で、他のロシア人の女の子といっしょにダンサーをしていたのだと言う。
ほっぺたが赤くて、まだまだ純情に見える。

僕が「おはよう(ドーブラヤウートラ)」とただ一つ覚えているロシア語をしゃべる。
と、「スケベ♪」と、日本語で答えた。

いやー、モスクワ大学の知的美女の次は、若いウクライナ人ダンサーまで、用意しておいてくれたのか。
参りました、KGBのみなさん、ロシアの悪口は書きませんから、これからもよろしくねっ。

機体の揺れが収まって、トイレに行くと、トイレを待つ列で、30歳前後の美しい日本女性に会った。
美女の三連発で、調子に乗った僕は、日本人美女に、「ねー、キミ、ひょっとしたら、アフリカ行き?」と、気軽に声を掛ける。

すると、「そうです」との答えだ。
僕は続けて「でも、一人じゃないよね」と話す。

今まで数多くの海外旅行体験によると、この美女のようなタイプの女の子は、ひとりでアフリカへ行く感じではないのだ。
きっと、別のアフリカ大好きな旅慣れた人といっしょなのではないか、と思ったんだよ。

この女性は、「ええ、他の人といっしょですけど」と答えて、なぜか僕を避けるように、足早に去っていった。
僕はトイレに入って、おしっこをしながら、考えた。

ロシア美人研究者、ウクライナ美女ダンサー、彼女らとは、残念ながら、モスクワで別れることになる。
しかし、あの日本人美女がアフリカに行くなら、モスクワで同じトランジットホテルに泊るかも…。

世界旅行者と三人の美女との出会いを乗せて、アエロフロートSU576便は、無事、モスクワシェレメチボ2空港へと、到着した。
そして世界旅行者と日本人旅行者集団は、この空港の中で、長い放浪の旅をすることになるのだが…。

uk greece turkey egypt kenya asia europe world
アフリカ  西アフリカ 各国別旅行記 世界超百か国旅行リスト
INDEX
xxx