『トンブクトゥからダカールへ戻り、「ホテルオセアニック」にチェックインして、これからの西アフリカ旅行を考える』@ダカール/セネガル

【写真1】ホテルオセアニックの中庭のレストランで
翌日、バマコの「Hotel Lac Debo(オテル・ラック・デボ)」で目覚め、タクシーでバマコ空港へ。
セネガル航空の731便にチェックインする。
これはセネガル航空なので、信頼できるようだ。
出発予定時刻前にちゃんとバマコ離陸して、ダカール到着が11時35分。
アフリカからの入国だったが、黄熱病の予防接種のチェックなどなく、荷物もノーチェックで入国する。
空港でタクシーに、「(ダカールの)町まで3000フラン」と確認して乗る。
今度は一人で乗っているし、料金も間違いないので、安心だ。
それに、一度来ているところは、やはり乗っていても余裕がある。
今度のタクシー運転手は、「運賃は3000フランだが、お土産(CADEAU)があるんじゃないか」としつこい。
これは、もちろん「お土産は持ってたんだが、バマコに忘れてきた。キミが取りに行ったらいいよ」と、軽く冗談でかわす。
ガイドブックで調べておいたちょっと格上の「HOTEL OCEANIC」へ行くように言う。
すると、「予約はしているのか?そのホテルは満員だ」とのお決まりの返事がある。
「そのホテルは満員だ」「潰れてもうない」「いいホテルを紹介する」というのは、どの国のタクシーに乗っても言われること。
こんなものは無視して、「予約してあるから」と、タクシーを進めさせる。
オセアニックはダカールのフランス風マーケットのそばにあった。
こざっぱりした、雰囲気のあるホテルだ。
二階のシングルルーム102号室(16600フラン/2800円)にチェックインする。
角部屋で、二つの通りに面した大きな窓が開き、トイレとシャワー付き、ベッドランプもエアコンも、タンスもライティングテーブルもあり。

【写真2】ホテルオセアニックのレストランで「Lonely Planet」を読んでビール(Gazelle)を飲む
なかなかいい部屋で、ホテルの中庭にはレストランとバーがある。
全体的にフランスの香りがする。
これは、いいホテルだ。
僕の膨大なホテル宿泊体験からしても、ベスト10に入るかもしれない。
実は、旅の印象というものは、泊まったホテルによってほとんど決定されてしまう。
ロサンゼルスを僕が好きで、何度も通ったのは、そこに「ホテル加宝」が存在したからだ。
だから、「ホテル加宝」がなくなれば、ロサンゼルスへ行く意味がない。
ニューヨークシティにしばらくいたのも、「スローンハウスYMCA」が居心地がよかったから。
グアテマラのアンティグアでスペイン語学校にしばらく通った。
別にスペイン語の勉強よりも、泊まっていた「HOTEL PLACIDO」が落ち着くところだったからね。
ボリビアのラパスでは、「トリノ」という宿が居心地がよくて、その時期の日本人旅行者がみんな集まってしまったよ。
その宿のせいで僕は、特に見るものもないラパスに、16日間もいたんだから(笑)。
あとロンドンには、僕の定宿「セントジョージホテル」があった。
ノエミおばさんは、もう引退してるだろうな。
バルセロナで、スペイン語学校に通っていたときに泊まった、「オスタルカンピ」の一泊8百円の部屋も、気に入ってたなー。
ケニヤのナイロビではもちろん、「イクバルホテル」に泊まってた。
ケニアの海岸地帯マリンディの「ギラニスホテル」も、いい感じのホテルだった。
僕はこのホテルに居座って、ビーチを歩いたり、ウィンドサーフィンをしたり、日本人の女の子と会って、レストランで話をしたりしたなー。
というわけで、泊まったホテルが旅の印象を決定してしまうってことね。
マリへ行く前に泊まっていたホテルは、ゆっくり過ごせるとは、思えなかった。、
しかし、ダカールの「オセアニック」は、ホテル自体に、滞在したいというキモチを掻き立てるものだったね。
しかも、オセアニック近くの風景が、独立広場付近とはかなり違っていて、雰囲気があったし。
僕はダカールにもうしばらくいることに決めた。
出かける前はつまらないところだと思っていたダカールも、マリを旅して戻ってきたら、天国のように感じる。
ただ、これからどうするのか、それは考えなければならない。
セネガルから、マリへ行ってトンブクトゥを見るのが、この旅の目的。
しかし調子がよければ、そのまま、ブルキナファソ、アイボリーコースト、ガーナ、トーゴ、ベナン、ナイジェリア、と南下していく心積もりだった。
ナイジェリアまで旅を続けて、そこからヨーロッパへ飛び、フランス国内線で仏領ギアナへ。
ギアナ3国(仏領ギアナ。スリナム、ガイアナ)から、トリニダードトバゴへと渡る。
そうして、ロサンゼルスへ行って、しばらく疲れを取り、日本へ帰国する。
これだと、モスクワ、西アフリカ、ヨーロッパ、南米のギアナ3国、ロサンゼルス、と旅をするわけだから、「3回目の世界一周旅行」とすることも可能だ。
しかし、ちょっと疲れた。
ダカールから、とっとと、、日本へ戻りたい気持ち。
しかし、すぐ近くには、ガンビア、モーリタニアという国がある。
また、セネガルから北のほうに、サン・ルイという町がある。
ここは、昔の、フランス領西アフリカの中心都市だった。
これれは面白そうだが。
しかし、ダカールからサンルイヘ行って、また戻ってくるのでは芸がない。
でも今は考えない。
だって、明日のことは、明日考えればいい。
今日はただ、神から与えられた、居心地のいい部屋で幸せを味わえばいい。
【旅行哲学】海外個人旅行のポイントは気持ちのいいホテルに泊まることね。
http://d.hatena.ne.jp/worldtraveller/20110923