『ダカールを出て40時間かかって、深夜にバマコへ到着』@マリ/西アフリカ

【バマコ鉄道駅】
列車に乗って、動き出す前から、朝からビールを飲んでいた。
さすがに飲み疲れして、僕のコンパートメントへ戻って、ベッドで昼寝をした。
目が覚めたのは、午後7時過ぎだった。
とっくにバマコ到着予定時刻は過ぎているのだが、まだまだ先は長い雰囲気だね。
「明日朝に着けば一番いいけれど、真夜中に着いたら、ホテル探しが大変だなー」と、国際列車仲間で、わいわい言う。
夕食をつまみにして、窓立度氏と、雀部くんと三人でビールを次々飲み干してゆく。
するととうとうレストランカーのCASTELの大瓶がなくなってしまった。
なくなると口さびしく「ビールはないのか!」と叫んでしまう。
食堂車にいた若者が「金を出してくれるなら、次の駅で僕がビールを買ってくるよ」とボランティアを申し出る。
OKを出すと、CASTELの小瓶を6本買ってきて一本500フラン、全部で3千フランだという。
これは払ったが、まだまだビールが飲み足りない。
ビールがないのでしかたなく、寝台車の乗客は、皆コンパートメントへ戻る。
雀部くんは、客車伝いにずーっと歩いて二等車の自分の席へ戻ったようだ。
バマコ到着は明朝と覚悟していたが、真夜中に列車が止まり、人が動いている気配がする。
モハメッドもザビエルも立ち上がって支度をしている。
僕は隣のコンパートメントの窓立度さんに声をかける。
深夜も深夜午前1時20分に、僕たちは、とうとう、マリの首都バマコ駅に到着したのだ。
国際列車はダカールを土曜日の午後に3時間半遅れて出発。
そして、目的地バマコへ10時間遅れの月曜日午前1時半に無事到着した。
出発が遅れても列車には乗っていたのだから、合計で40時間かかったわけだ。
しかし、40時間で到着したというのは、なかなか調子よかったらしいよ。
実際、途中では特に問題はなくスムーズに走ったしね。
ただ到着が真夜中になったのは、困ると言えば困るわけだ。
これから寝るところを探さなければならないのだから。
バマコ駅で朝まで過ごすわけにはいかないよ。
窓立度氏といっしょに寝台車を降りて、駅の出口で雀部君を待つ。
雀部くんがなかなかやってこないので、僕が二等車の方へずーっと歩いて、名前を呼びながら探す。
が、見つからない。
黒人の皆さんが、ぞろぞろと、駅の出口へ向かう大きな流れの中にいる。
その中で、窓立度氏は雀部くんを心配そうに待っている。
ザビエルを見つけて、どこへ行くのかと声をかける。
彼はこれからバマコ駅構内のホテル「Hotel-Buffet de la Gare」へ行くという。
僕はその一瞬、窓立度氏と雀部くんのことは放っておくことにした。
ザビエルとホテルに行くことに決める。
だってもうバマコに到着してしまったのだ。
窓立度氏雀部くんはバマコに来るまでの国際列車の友人だった。
いっしょに酒を飲んで話を盛り上げて楽しく過ごした。
また、国際列車の中では、互いに助け合って、ここまでやってきた。
しかし、彼らが、バマコでもまた僕の役に立つかどうか、それはわからないのだから。
それに比べると目の前のザビエルは、一緒に酒も飲んで人柄がいいことは確認してある。
しかも、ザビエルくんは泊まるホテルを知っている。
この段階では、日本人二人よりもザビエルくん一人の価値がぐっと高くなったってわけだ(笑)。
「僕はザビエルと一緒に駅のホテルへ泊まりますから!」と、窓立度さんに声をかけた。
ザビエルの後について、駅のホテルへと進んだ。
駅構内には、タクシーがたくさん客を待っていた。
後でわかるが、バマコの町はタクシーだらけだったよ。
タクシーは、ミッションカトリックなどの安宿の名前を叫んで、客を誘っている。
でも、深夜知らない町でタクシーに乗ってはいけない。
特に、夜にタクシーで、知らないホテルに向かうのは、絶対にやってはいけないことだ。
インドなんかでこれをやると、まず100パーセント、ボッタクリ旅行会社に連れて行かれることになっている。
また、安宿に行くつもりでタクシーに乗ると、が「そこは満室なので」と言われる。
そして、別のメチャ高いホテルへ連れて行かれることも、海外旅行では常識的な話だ。
ボッタクリ旅行代理店に連れ込まれたり、ボッタクリホテルに連れて行かれるだけならまだいい。
それでも、運転手が強盗にならないだけ、まだ幸運ともいえるだろうからね。
駅ホテルの受付には、人だかりがしていた。
そこをかき分けて空き部屋を聞くと、シングルが10385セーファーフラン。
ザビエルと隣同士の部屋をゲットする。
1万500フランを出すと、当然「お釣りはない」と戻ってこない。
シングル一万フランといえば、千7百円。
中南米でも東南アジアでも、かなりちゃんとしたホテルに泊まることもできる金額だが、ここでは最低の部屋だ。
二階のシングルの部屋が鉄道駅の構内に向かって並び、その前にベランダタイプの通路がある。
部屋は広いが、広い部屋にベッドがひとつ、天井に大きな扇風機があるだけ。
シャワーとトイレは通路の突き当たりにある。
が、お湯は出ない水シャワーだし、トイレもお世辞にもきれいとはいえない。
でもまあいいさ。
今夜は、寝るだけなんだから。
でもやっとバマコに着いた、その興奮が抑えきれない。
ザビエルに声をかけ、ビールを飲みに、ホテルの前庭に出る。
ホテルには大きな庭があり、そこにテーブルが置いてある。
二人で座ると、さっとウェイターがやって来る。
僕はここで、この国際列車が深夜バマコに着いた理由が想像できたね。
ホテルに客を泊めるために、時間調節をしているんだろう。
深夜にバマコ駅に到着したら、そりゃ僕のような旅行者は、駅のホテルに泊まるしかないんだから。
マリビールのCASTELの大瓶を頼んで、夜空を見上げる。
「とうとう国際列車でマリに入ったんだ!」と、感動を新たにする。
この鉄道はこれからますます老朽化するだろうから、いずれ廃止されるに決まっている。
廃止されたら、いくら金を積んでも乗ることはできない。
いまこの国際列車に乗ったことは、世界旅行者としてまたポイントを上げたわけだ。
ザビエルとビールを飲んでいると、窓立度さんと雀部くんがやってきた。
彼らも、このホテルに泊まることに決めたようだ。
ただ、僕はビールを一本空けただけで、話を切り上げて、部屋に戻った。
僕には早く寝なければならない理由がある。
というのは今日は月曜日だ。
つまり朝一番で、トンブクトゥへの飛行機の切符を購入するつもりなんだよ。